マネー雑記

投資・個人マネー関連など雑多な記事はコチラです。

インデックス投資の話題が中心ですが、それ以外にも個人マネー関連記事があります。
例えば、「保険」「奨学金」「サラリーマン給与」といった記事です。

投資以外の話題も記事にすることで、読者の皆さんと一緒にマネーリテラシーを高めていきたいと考えています。

マネー雑記

2019年8月分の残業代を公開します

異動してもう少しで半年。業務の輪郭がぼんやり見えた気がして、少し楽になりました。外部環境変化にうまく対応して、残業を減らしていく理想を忘れないために、毎月の残業代を公開することにしています。この記事では、ワタシの2019年8月分の残業代を公開します。
マネー雑記

金融庁が強く要望するNISAの恒久化・期限延長を支持します

先日、金融庁が「令和2年度税制改正要望項目」を公表しました。NISA制度は、投資を始める第一歩を後押しすることが政策の目的です。恒久化の実現には意義があると思います。この記事では、金融庁が強く要望するNISAの恒久化・期限延長について書いていきます。
マネー雑記

投資信託の営業現場で期末の押し売り・乗換取引は減っていない

金融庁は先日、投資信託の販売会社にといて顧客本位の業務運営に向けた取組み状況を調査した結果を公表しました。データから察するに、まだ道半ばのようです。この記事では、投資信託の営業現場でいまでも期末の押し売り・乗換取引が減っていないことについて書いていきます。
マネー雑記

2019年7月分の残業代を公開します

残業しないと仕事が回らない一方で、有給取得の義務化もあって。何とか休暇を取りながらも、目の前の仕事を追いかけている毎日。いろいろと模索をしながらも、与えられた役割を頑張っています。この記事では、ワタシの2019年7月分の残業代を公開します。
マネー雑記

個人投資家のコスト意識は着実に高まっている

2018年1月にスタートしたつみたてNISAが起爆剤となって、外部環境が変化するとともに。個人投資家の意識も変わってきている様が、統計から伺えます。この記事では、個人投資家のコスト意識が高まってることについて、統計データを基に考察します。
マネー雑記

2019年6月分の残業代を公開します

超ホワイトな部署から多忙な部署へと異動して、約3ヵ月が経過。突発的な仕事が多くバタバタな日々ですが、何とかやっています。残業時間をできるだけ減らして、プライベートも本気で楽しみたいです。この記事では、ワタシの2019年6月分の残業代を公開します。
マネー雑記

某地方銀行でフラット35からフラット35への住宅ローン借換に成功

以前、楽天銀行のフラット35での住宅ローン借換に失敗。戦術を組み直して、妻にも許可を得たうえで別の作戦で行動して。2019年5月、借換に成功しました。この記事では、失敗経験を生かしてフラット35からフラット35への住宅ローン借換に成功した話を書いていきます。
マネー雑記

長期投資に必要な不動心は日常生活でも鍛えられる

いわゆる長期投資を実践しているなかで、最大の課題は継続。続けることに意味があって、続けられないと意味が薄れます。相場変動に対してブレない不動心が必要です。この記事では、長期投資に必要な不動心は日常生活でも鍛えられるという考え方について書いていきます。
マネー雑記

2019年5月分の残業代を公開します

多忙な部署へ異動して2ヵ月、ようやく仕事にも慣れてきました。働き方改革が進むいま、できるだけ効率を上げて業務を遂行する。サラリーマンとしての市場価値を維持するためにも、大切なことでしょう。この記事では、ワタシの2019年5月分の残業代を公開します。
マネー雑記

今年も大台に乗った夏ボーナスを何に使うべきか考える

夏ボーナスは6月支給というケースが多く、いまは夏ボーナスシーズン。ワタシもご多分に漏れず、夏ボーナスが6月に支給されるサラリーマン。ボーナスをどう使うか、これという正解は無い十人十色の世界です。この記事では、ワタシが夏ボーナスを何に使うべきか考えてみます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました