給与振込口座は住信SBIネット銀行が良いと思う理由

マネー雑記

青井ノボルです。

先日、読者の方より問い合わせをいただきました。
金融口座をシンプルにしたい、といった内容です。

銀行口座と証券口座をシンプルにしたいという想い。
管理の手間も省けますし、合理的であると考えます。

銀行口座であれば、原則はネット銀行とリアル店舗の銀行。
2口座で事足りますが、意外と増えてしまう現実もあります。

サラリーマンであれば、給与振込口座の選択がとても重要。
ワタシは、10年ほど住信SBIネット銀行を利用しています。

この記事では、給与振込口座は住信SBIネット銀行が良いと思う理由を書いていきます。

Sponsored Link

住信SBIネット銀行はメイン口座向き

住信SBIネット銀行は、SBI証券と密接に繋がっているネット銀行。
SBI証券をメイン利用している人なら、口座開設済みだと思います。

ハイブリッド預金など、SBI証券との連携は特徴的な部分です。
ただ、SBI証券抜きでも住信SBIネット銀行は十分魅力的です。

ネット銀行に求められる、コストの低さはもちろんのこと。
ATMは、大手コンビニ・ゆうちょ銀行・イオン等に広く対応。

ステージ制で回数制限ありですが、振込手数料も無料です。
もちろん、ATM手数料も月数回無料にすることができます。

日常的にお金が出入りする口座、つまりメイン口座を考えたとき。
重要なのはATMの利便性と、ATM・振込に係る手数料の負担です。

住信SBIネット銀行は、バランスよく優秀なネット銀行です。
普通のサラリーマンにも、メイン利用しやすいと思います。

ATMや振込の手数料はゼロにする

銀行口座の開設を考えたとき、ネット銀行は欠かせないと思います。
ATMの利便性と各種コストが、リアル店舗銀行より有利だからです。

特にコストは重要で、ATMや振込に手数料を払うのは勿体無い。
超低金利であるいま、手数料を回収するのはほぼ不可能です。

ワタシは、住信ネット銀行と新生銀行を昔から使っています。
約10年間でATM利用や振込で手数料を払った記憶がありません。


(引用元:住信SBIネット銀行HP)

もちろん、手数料をゼロにするために特別な努力はゼロです。
ネット銀行をしっかりリサーチして、口座を開設しましょう。

ATM手数料

住信ネット銀行のATM手数料は、預入だと無料です。
「3万円以上であれば」といった条件もありません。

引き出しは、ランクに応じて月数回無料となります。

ATMは前述の通り、大手コンビニやゆうちょ銀行に対応。
生活圏内はもちろん、外出時もATMに困ることは無いです。


(引用元:ATM|住信SBIネット銀行

手数料について、引出し無料回数に影響するのがランク。
後述しますが、サラリーマンならランク3を十分狙えます。

10年くらい前は、ATMをよく利用していた気がします。
今はキャッシュレス決済も多く、月7回無料で十分です。

振込手数料

振込手数料も、できるだけ削減したいところです。
住信ネット銀行は、振込手数料も無料にできます。


(引用元:振込の特徴|住信SBIネット銀行

普通に生活している分には、振込の機会は限定的。
ワタシの場合、自分の口座間で資金移動する程度。

たまに振込が必要なこともありますが、月数回です。
現実的に対応可能なランク3で月7回無料となります。

スマートプログラムでランク3になる方法

ATM利用料や振込手数料を節約するために、ランクを上げる。
住信SBIネット銀行では、スマートプログラムが重要です。

ランクは4まであるのですが、目指すべきはランク3
サラリーマンであれば、結構簡単にクリアできます。


(引用元:住信SBIネット銀行HP)

ランク2および3の適用には、上記の条件クリアが現実的。
2つ利用でランク2、3つ利用でランク3が適用となります。

赤い四角で囲った部分、この3つの適用が現実的でしょう。

外貨預金

外貨預金は、金利が高くても為替リスクに注意が必要です。
ただし、少額なら影響は少ないので割り切って活用します。


(引用元:住信SBIネット銀行HP)

ワタシの場合は、南アフリカランドを8円分だけ預金しています。
外貨預金の条件は、たったこれだけでクリアできてしまいます。

月末に残高があれば良いだけなので、金額の大小は無関係です。

SBIハイブリッド預金

SBI証券の口座を開設し、銀行口座と連携するだけでOKです。
投資をする人であれば、SBI証券は開設して損はありません。

金利も高めに設定されており、現時点で0.01%です。
なお、ハイブリッド預金はペイオフ対象となります。

月末残高があれば良いので、数円でも対象となります。

給与・賞与・年金の入金

サラリーマンであれば、この条件を満たすのは簡単です。
職場に依頼し、振込口座を住信SBIネット銀行にします。

後述しますが、住信SBIネット銀行は給与振込口座に適しています。
ランクアップ条件を満たすこともできるので、まさに一石二鳥です。

定期自動振込サービスが地味に便利

住信SBIネット銀行が給与振込口座に適している理由。
それは、定期自動振込サービスが存在するからです。

指定の振込先に、毎月または毎週、振込金額を指定して。
繰返し振込みができるサービスですが、非常に便利です。

ワタシは、銀行口座を複数使わざるを得ない状況でして。
主に稼働している銀行口座だけで、3口座もあるのです。

  • 某都市銀行=奨学金返還および都民共済掛金引落
  • 某地方銀行=住宅ローン返済および管理費等引落
  • 新生銀行=生活費

奨学金返還は、残念ながらネット銀行には対応していません。
某地方銀行に寄せることはできますが、面倒なのでパスです。

都民共済の掛金振替指定口座は、一部の金融機関に限定。
都市銀行、一部信用金庫、ゆうちょ銀行意外は駄目です。

住宅ローンを某地方銀行で組んだので、変えられません。

新生銀行は、ATM手数料が月何回でも無料なので使っています。
少し前に改悪されましたが、条件さえ満たせば無料のままです。

とはいえ、口座整理のため住信SBIネット銀行へ移行を検討中。
これについては準備が整い次第、実行したいと思っています。

話が少し逸れましたが、様々な制約条件により銀行口座は増えがち。
できるだけシンプルにしたいですが、現実は難しいこともあります。

住信SBIネット銀行であれば、ハブ口座として有効活用できます。
もちろんメイン利用にも耐えられますし、手数料も抑えられます。

住信SBIネット銀行は、給与振込口座として利用すると良い感じです。

楽天銀行と住信SBIネット銀行なら後者がオススメ

ネット証券の大手といえば、SBI証券と楽天証券です。
ネット銀行でも、楽天銀行は良い選択だと思います。

ただ、住信SBIネット銀行と比べると見劣りします。

楽天銀行にも毎月おまかせ振込予約というサービスがあります。
定期自動振込サービスとほぼ一緒で、遜色ないサービス内容です。

ただ、楽天銀行は振込手数料が最大3回までしか無料にならないのがネック。
またATM利用では3万円未満の入金に手数料が掛かるのも残念ポイントです。

楽天証券を使う人であれば、ハッピープログラム適用で良い感じに。
楽天銀行も口座開設すべきですが、メイン利用には微妙と言えます。

どちらかを選択するなら、住信SBIネット銀行に軍配が上がります。
価値観は人それぞれですが、ワタシなら住信SBIネット銀行ですね。

定額自動入金という方法も

メイン利用はもちろん給与振込口座として、住信SBIネット銀行はオススメです。
ネット銀行の中ではサービス内容が充実していて、定期自動振込がとても便利。

ただ、ネット銀行なので給与振込口座に指定できないケースも考えられます。
その場合は、住信SBIネット銀行の定額自動入金サービスが便利でしょう。

毎月5日or27日限定ですが、本人名義の別口座から資金移動ができます。
サービスの手数料は無料ですし、一度設定してしまえば手間いらずです。

振込口座にできない場合でも、便利な活用方法があるのは有難いですね。

銀行口座をどこで開設すべきかは、なかなか悩ましい問題です。
正解は無いですが、何を重視するかによって選択は変わります。

サービスが充実していて、利便性が高く、手数料が掛からない。
住信SBIネット銀行は、非常にバランスの取れたネット銀行です。

ネット銀行を選択するうえで、この記事が参考となれば幸いです。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

●twitterもやってます●

関連記事紹介

銀行口座は、用途別に開設し始めるとあっという間に増殖します。
本当に必要な口座だけにして、シンプルに管理するのが理想です。

銀行口座を解約して断捨離を進めました
先日のこと、有給休暇を使って銀行口座の解約手続きを行いました。今回は、諸事情により開設していた銀行口座を解約。口座数が増えてしまったので、断捨離を進めるのが主目的です。この記事では、銀行口座が増えた理由と断捨離する理由について書いていきます。

銀行口座に置いておく預金は、いわゆる無リスク資産のひとつ。
投資にも大切な無リスク資産、どこに置くべきかを考えました。

無リスク資産の置き場所を考える
インデックス投資を長く続けていくためには、生活防衛費を確保した上で、リスク許容度の範囲内で実践することが大事です。 生活防衛費として、またリスク許容度の範囲に収めるうえで、重要となる無リスク資産。 今回は、無リスク資産の置き場所について考えてみました。

コメント

  1. くまさん より:

    うちも以前はSBIネット銀行を主用してましたが、現在はイオン銀行にしています。
    サービス内容もSBIネット銀行とほぼ同様です。キャッシュカードでのATM引き出しが終日無料などありますが、給与振り込みにしておらず、買い物専用口座なので使い勝手は特に問題ないですね。イオン銀行は証券会社とも提携してるんで即時入金サービスもあるんで証券口座に入金する際はこちらから入金していて重宝しています。

     イオン圏内のうちは欠かせない銀行になりました。

    • 青井ノボル 青井ノボル より:

      コメントありがとうございます。
      イオンが近所にあって頻繁にいく方にとったは、イオン銀行ももちろん良い選択肢ですよね。
      住信SBIネット銀行の場合は、大手コンビニとゆうちょ銀行という、全国的にATM数の多いところを抑えてるのがポイントだと思っています。
      旅先でもATMに困ることがないのは、地味にありがたいことです。
      住信SBIネット銀行は平均点が高い優秀生、という感じでしょうか。
      とはいえ、自分のなかで一番使いやすい銀行口座を選ぶのが大切ですね!

  2. ぽん吉 より:

    住信SBIネット銀行開設した所なので為になる記事ありがとうございます。

    メインバンクは、別にあり投資資金用に当銀行の口座を持っていて、
    今ランク2で3にしたいのですが、自営業の為、
    「給与・賞与・年金の入金」がクリア出来ません、、
    もう一つ簡単に出来る項目があるとすると何ですかね。

    • 青井ノボル 青井ノボル より:

      コメントありがとうございます。
      他の要件は、必要以上にリスクを背負うことになるので気が引けます。
      ワタシだったら、素直に総預金残高300万円を目指します。

      • ぽん吉 より:

        確かにリスクを考えるとその方が良さそうですね。
        ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました