書籍

投資関連などの書籍に関する記事はコチラです。

体系的に知識を習得するためには、書籍はとても有効なツールです。
投資関連本を中心として、興味があって読んだ本を紹介していきます。

書籍

「人生100年時代の年金戦略」(田村正之著)

先日、「年金2,000万円問題」が世間を大きく賑わせました。大切なのは知識を正しく身につけておくこと、そして自分の意志で選択することです。この記事では、日経新聞の田村さんが書かれた「人生100年時代の年金戦略」を読んだ感想を書いていきます。
書籍

「投資の大原則」(バートン・マルキール、チャールズ・エリス著)

インデックス投資には、古典と言われる有名な書籍があります。「ウォール街のランダムウォーカー」「敗者のゲーム」です。この2冊の著者であるのマルキールとエリスによる共著が「投資の大原則」です。この記事では、「投資の大原則(第2版)」を読んだ感想を書いていきます。
書籍

上場企業のあるべき姿を熱く語る「生涯投資家」(村上世彰著)

コーポレートガバナンス、日本語にすると企業統治。経営のルールとして捉え、その遵守を求める村上氏が書いた本書。コーポレートガバナンスに拘る考えが書かれていて、なかなか面白かったです。この記事では「生涯投資家」を読んだ感想について書いていきます。
書籍

「さらば、GG資本主義」(藤野英人著)

ひふみ投信の運用会社である、レオス社長の藤野英人氏。ファンドマネージャーとして、多くの経営者と対話してきた人物。多角的な視野を養ってきた藤野氏の主張は、一見の価値ありです。この記事では「さらば、GG資本主義」を読んだ感想を書いていきます。
書籍

普遍的な人生哲学が学べる「私の財産告白」(本多静六著)

最近は、長期投資仲間がオススメする本を読む機会も多くて。「私の財産告白」は、非常に多くの人がオススメする本でした。お金に困らず幸せに生きるためのヒントが詰まった一冊です。この記事では、普遍的な人生哲学が学べる「私の財産告白」を読んだ感想を書いていきます。
書籍

投資未経験者に読んでもらいたい「インデックス投資完全ガイド」

インデックス投資を始める第一歩を踏み出すのは、意外と大変。投資未経験者でもインデックス投資を手軽に学べるムック本は、とても良いですね。この記事では、投資未経験者に読んでもらいたいムック本「インデックス投資完全ガイド」について書いていきます。
書籍

生き方を考えさせられた「お金と心」(岡本和久著)

インデックス投資に限らず、興味を持った書籍は読むようにしています。この本は、つみフェス2018で講演された岡本和久さんの著書。投資への考え方はもちろん、人生について考えさせられます。この記事では、岡本和久さんの著書「お金と心」を読んだ感想を書いていきます。
書籍

今日は「お金は寝かせて増やしなさい」発売1周年記念日

今日は、水瀬ケンイチさんの「お金は寝かせて増やしなさい」発売から1周年。ワタシはこの本に出会って、インデックス投資を始めることができました。本当に感謝しかありません。この記事では、「お金は寝かせて増やしなさい」の1周年を記念して本書の魅力をお伝えします。
書籍

「ちょっと気になる社会保障 増補版」(権丈善一著)

健康保険や公的年金といった社会保障制度は、知っているようで知らない世界。どういった仕組みで、どんな思想で設計されているのでしょう。この記事では、社会保障の基礎知識を学べる「ちょっと気になる社会保障 増補版」を読んだ感想を書いていきます。
書籍

「投資家が「お金」よりも大切にしていること」(藤野英人著)

つみフェス2018で、投資初心者向けおススメ本ランキングという企画がありました。そこで、第4位に入っていたのが本書です。お金とは、会社とは、経済とは、投資とは何なのか。この記事では、「投資家が「お金」よりも大切にしていること」を読んだ感想を書いていきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました