投資信託・ETF

投資信託・ETF 投資信託・ETF

投資信託やETFに関する記事はコチラです。

投資信託は、多くの投資家から資金を集め、運用会社の指示により運用される金融商品です。
資金量に乏しい個人投資家であっても、手軽に世界分散投資ができる仕組みとなっています。

5人家族で30代サラーリーマンの青井ノボルは、投資信託を利用してインデックス投資を行っています。
インデックス型ファンドの動向を中心として、読者の皆さんに役立つ情報発信をしていきます。

投資信託・ETF

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)はiFreeより低コスト

米国株投資の勢いは凄まじく、とどまるところを知りません。インデックス投資でも、米国株式の存在感が増しています。この記事では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とiFree S&P500のトータルコストを基準価額推移によって比較します。
投資信託・ETF

eMAXISなんでもランキング(2019年3月)

三菱UFJ国際投信が運用しているeMAXISシリーズは、SlimやNeoに派生しながらラインナップを拡充。50本以上のファンドを抱える、インデックスファンドシリーズです。この記事では、2019年3月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。
投資信託・ETF

たわらノーロードシリーズが純資産総額1,000億円を達成

最近は話題も少ない、たわらノーロードシリーズ。超低コストなOne DC シリーズの一方、放置されて残念な状況なのですが、純資産総額がシリーズ合計1,000億円を突破しました。この記事では、たわらノーロードシリーズのこれまでの軌跡と今後について考察します。
投資信託・ETF

eMAXIS Slim 先進国株式が純資産総額400億円を突破

FOY2018にて第1位に輝いた効果が大きいのか、破竹の勢いです。eMAXIS Slim 先進国株式、コツコツと純資産総額を伸ばしています。この記事では、eMAXIS Slim 先進国株式の歴史を振り返りながら純資産総額400億円突破について書いていきます。
投資信託・ETF

楽天VTが純資産総額200億円を突破

楽天・全世界インデックス・ファンド、通称・楽天VT。1本で先進国や新興国へ分散投資できるのが最大の特徴です。2019/4/2、遂に純資産総額200億円突破となりました。この記事では、楽天VTの概要と純資産総額200億円突破について書いていきます。
2019.04.03
投資信託・ETF

DC専用超低コストファンド「One DC 先進国株式」新規設定へ

アセットマネジメントOneが、2019/4/15にDC専用ファンドを新規設定します。名称は「One DC 先進国株式インデックスファンド」、ここにきて超低コスト競争に参戦です。この記事では、One DC 先進国株式の新規設定について書いていきます。
投資信託・ETF

eMAXIS Neo 遺伝子工学の設定来運用状況が刺激的だった

テーマ型指数のeMAXIS Neo シリーズは、現時点で6つのテーマでファンドを設定済み。まさにいま進化の過程にある、革新的テーマを扱っています。この記事では、eMAXIS Neo 遺伝子工学の設定来運用状況が刺激的だと感じた話を書いていきます。
投資信託・ETF

eMAXISなんでもランキング(2019年2月)

三菱UFJ国際投信は、eMAXISシリーズを展開しています。そのなかでも特にeMAXIS Slim シリーズは人気で、FOY2018で上位に多数ランクインしました。この記事では、2019年2月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。
投資信託・ETF

eMAXIS Slim 先進国株式がeMAXIS超えを達成

三菱UFJ国際投信が手掛ける、インデックスファンドのeMAXISシリーズで世代交代です。つみたてNISAがスタートして、時代が変わりました。この記事では、eMAXIS Slim 先進国株式がeMAXIS 先進国株式超えを達成したことについて書いていきます。
投資信託・ETF

eMAXIS Slim 国内債券が信託報酬引き下げへ

信託報酬引き下げの波が、ついに国内債券にもやって来ました。smart-i 国内債券の信託報酬引き下げに対抗して、eMAXIS Slim 国内債券も引き下げです。この記事では、eMAXIS Slim 国内債券の概要と信託報酬引き下げについて書いていきます。
Sponsored Link