投資信託・ETF

投資信託・ETF 投資信託・ETF

投資信託やETFに関する記事はコチラです。

投資信託は、多くの投資家から資金を集め、運用会社の指示により運用される金融商品です。
資金量に乏しい個人投資家であっても、手軽に世界分散投資ができる仕組みとなっています。

5人家族で30代サラーリーマンの青井ノボルは、投資信託を利用してインデックス投資を行っています。
インデックス型ファンドの動向を中心として、読者の皆さんに役立つ情報発信をしていきます。

投資信託・ETF

eMAXISシリーズの純資産総額合計が4,000億円を突破

三菱UFJ国際投信のeMAXISシリーズ、2019/6/19に純資産総額合計4,000億円を突破しました。2009/10/28に設定されてから、9年8ヵ月での達成です。この記事では、eMAXISシリーズの4,000億円突破について書いていきます。
投資信託・ETF

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が200億円突破

設定直後からこれまで、高い人気を維持して勢いのあるeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が、純資産総額200億円突破です。この記事では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産総額200億円突破について書いていきます。
投資信託・ETF

eMAXISなんでもランキング(2019年5月)

三菱UFJ国際投信が手掛けるeMAXISシリーズは、SlimやNeoに派生しながらラインナップを拡充していて。eMAXISシリーズ公式HPで公開されているランキングがあります。この記事では、2019年5月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。
投資信託・ETF

eMAXIS Slim 先進国株式が信託報酬年0.0999%に引き下げへ

2019/6/3、三菱UFJ国際投信はリリース資料を発表。eMAXIS Slim 先進国株式が予想通りニッセイに追随して、信託報酬年率0.0999%(税抜)になります。この記事では、eMAXIS Slim 先進国株式の信託報酬引き下げについて書いていきます。
投資信託・ETF

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が信託報酬引き下げへ

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は本当に凄いファンドですね。楽天VTIへの対抗措置として、信託報酬引き下げを発表しました。この記事では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が信託報酬引き下げを発表したことについて書いていきます。
投資信託・ETF

直販専用ファンド「これぞ、日本株」の資金流入はゼロ!?

三菱UFJ国際投信の直販サービス「mattoco」の開業から3ヵ月弱。現在までに、サービスが広く普及してきたという話は聞きませんし、直販専用ファンドの話題も皆無です。この記事では、三菱UFJ国際投信の直販専用ファンド「これぞ、日本株」について書いていきます。
投資信託・ETF

ニッセイ外国株式が信託報酬を年率0.1%未満にせざるを得ない理由

日経新聞によると、ニッセイアセットマネジメントが信託報酬引き下げへ。2019年6月にもインデックス投信6本を引き下げ、ニッセイ外国株式は年0.1%未満になるとの報道です。この記事では、ニッセイ外国株式が信託報酬を0.1%未満にする理由について推測します。
投資信託・ETF

eMAXISなんでもランキング(2019年4月)

三菱UFJ国際投信が手掛けるノーロードインデックスファンドシリーズ。eMAXISシリーズやネット限定のeMAXIS Slimシリーズを展開しています。この記事では、2019年4月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。
投資信託・ETF

進化を続けるeMAXIS Slimに敬意を表します

eMAXIS Slimは超低コストの維持に加え、ベンチーマーク変更と他社追随範囲拡大を発表しました。これは素晴らしいです。投資家目線の改善を積み重ねる姿勢に、ワタシは敬意を表します。この記事では、進化を続けるeMAXIS Slimについて書いていきます。
投資信託・ETF

楽天VTIが純資産総額400億円を突破

楽天・全米インデックス・ファンド、通称・楽天VTI。米国株式に投資するVTIを買ってくれる投資信託です。2019/4/24付で、ついに純資産総額が400億円を突破しました。この記事では、楽天VTIの純資産総額400億円突破と今後について書いていきます。
2019.04.26
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました