投資信託・ETF

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が信託報酬引き下げで年0.1%未満に

SBIとバンガードが組むという衝撃のニュースから、2ヵ月弱が経過。eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が、ついに信託報酬引き下げです。この記事では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が信託報酬引き下げたことについて書いていきます。
投資信託・ETF

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)がeMAXIS超えを達成

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)がやりました。2019/9/18、同じ資産クラスのeMAXIS 全世界株式を超えて世代交代です。この記事では、eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)がeMAXIS超えを達成したことについて書いていきます。
投資方針

平凡な個人投資家には生活防衛費という備えが必要だと思う

人生を通じた資産形成として、長期分散積立投資を継続していく。短期的なリターンを求めなれないため、生活防衛費というバッファを持てることは、個人投資家の特権です。この記事では、平凡な個人投資家には生活防衛費という備えが必要だと考えることについて書いていきます。
投資信託・ETF

eMAXISなんでもランキング(2019年9月)

三菱UFJ国際投信のeMAXISシリーズ、ファンドの数は50本超。純資産総額が少ないファンドもありますが、100億円超が10本以上です。なかなか好調なシリーズだと思います。この記事では、2019年9月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。
投資イベント

1周年記念の第7回ラーメンずずず会に参加しました

ラーメンずずず会が始まってから、早いもので1年経過。ずずずさん、なまずんさん、とさかさんと大切に築き上げて、ここまで続きました。今回は水瀬ケンイチさんをゲストにお招きしての開催。この記事では、1周年記念の第7回ラーメンずずず会に参加した話を書いていきます。
2019.10.10
投資信託・ETF

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の実質コストは超低コスト

国際分散投資の方法は様々ですが、ワタシは時価総額比率の全世界株式。3つの資産区分に分けて投資していて、国内株式部分はTOPIXです。この記事では、eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の実質コストは超低コストであるということについて書いていきます。
運用実績

つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2019年9月)

インデックス投資は本当にやることがないですが、自動的に積立投資を継続してくれています。長期投資を続けていくため、手間がかからないというメリットは大きいです。この記事では、つみたてNISAとiDeCoについて2019年9月末時点の運用実績を公開します。
投資イベント

第1回こってり会でSOSEKIさん達と濃厚ラーメン&トークを堪能

人はなぜ、濃厚なこってりラーメンに魅了されるのか。そこにこってりが存在するからです。こってりといえば、天下一品です。天一を愛するメンバーで、濃厚なオフ会を堪能してきました。この記事では、第1回こってり会で濃厚トーク&ラーメンを堪能した話を書いていきます。
マネー雑記

2019年8月分の残業代を公開します

異動してもう少しで半年。業務の輪郭がぼんやり見えた気がして、少し楽になりました。外部環境変化にうまく対応して、残業を減らしていく理想を忘れないために、毎月の残業代を公開することにしています。この記事では、ワタシの2019年8月分の残業代を公開します。
投資信託・ETF

eMAXIS Slim 新興国株式の実質コストはそれなりに低コスト

eMAXIS Slim 新興国株式は、目立ちませんがそれなりに人気です。第2期の運用報告書が公開され、あくまで参考値ですが最新の実質コストが判明しています。この記事では、eMAXIS Slim 新興国株式における現時点の実質コストを改めて考察します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました