運用実績

つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2019年3月)

インデックス投資を始めて2年目に突入しましたが、まだ序の口です。非課税投資制度をフル活用しながら。バイ&ホールドの長期投資を続けていく、ただそれだけなのです。この記事では、つみたてNISAとiDeCoについて2019年3月末時点の運用実績を公開します。
2019.05.06
投資信託・ETF

eMAXISなんでもランキング(2019年3月)

三菱UFJ国際投信が運用しているeMAXISシリーズは、SlimやNeoに派生しながらラインナップを拡充。50本以上のファンドを抱える、インデックスファンドシリーズです。この記事では、2019年3月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。
マネー雑記

金融機関目線による年金運用にベターな運用商品の条件

個人型確定拠出年金のiDeCoでは、運用商品を選択するのが原則です。ただ、金融機関は指定運用方法というデフォルト商品を選定しています。この記事では、各金融機関による指定運用方法の選定理由から「金融機関目線の年金運用にベターな運用商品の条件」を考察します。
運用実績

インデックス投資1年目の投資実績公開

投資準備を進めて、2018年2月末につみたてNISA口座を開設。実質的に2018年3月からスタートしたインデックス投資、1年が経過しました。非課税口座以外も含め、投資結果はどうなっているのか。この記事では、インデックス投資1年目の投資実績を公開します。
2019.04.18
投資信託・ETF

たわらノーロードシリーズが純資産総額1,000億円を達成

最近は話題も少ない、たわらノーロードシリーズ。超低コストなOne DC シリーズの一方、放置されて残念な状況なのですが、純資産総額がシリーズ合計1,000億円を突破しました。この記事では、たわらノーロードシリーズのこれまでの軌跡と今後について考察します。
投資信託・ETF

eMAXIS Slim 先進国株式が純資産総額400億円を突破

FOY2018にて第1位に輝いた効果が大きいのか、破竹の勢いです。eMAXIS Slim 先進国株式、コツコツと純資産総額を伸ばしています。この記事では、eMAXIS Slim 先進国株式の歴史を振り返りながら純資産総額400億円突破について書いていきます。
投資信託・ETF

楽天VTが純資産総額200億円を突破

楽天・全世界インデックス・ファンド、通称・楽天VT。1本で先進国や新興国へ分散投資できるのが最大の特徴です。2019/4/2、遂に純資産総額200億円突破となりました。この記事では、楽天VTの概要と純資産総額200億円突破について書いていきます。
2019.04.03
ブログ運営

自分なりに考えたことを書き続けて400記事を達成しました

ブログを開設して1年以上が経ちました。開設からの日数は本日付で424日目。2018/2/5の初投稿から始まり、ついに400記事達成です。自分らしく書くことを大切に書いてきたし、今後もそうしたい。この記事は、400記事達成までの経緯や今後の抱負を書き綴ります。
投資信託・ETF

DC専用超低コストファンド「One DC 先進国株式」新規設定へ

アセットマネジメントOneが、2019/4/15にDC専用ファンドを新規設定します。名称は「One DC 先進国株式インデックスファンド」、ここにきて超低コスト競争に参戦です。この記事では、One DC 先進国株式の新規設定について書いていきます。
マネー雑記

若手サラリーマンは投資よりも年収成長率を高めたほうが効率的

r>gの不等式は、ピケティが膨大な統計データに基づいて導いた法則について。ワタシの年収成長率と投資の期待リターンから、昨年に引き続き考察してみます。この記事では、若手サラリーマンは投資よりも年収成長率を高めたほうが効率的だと思うことについて書いていきます。
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました