令和初の第6回ラーメンずずず会に参加しました

投資イベント

青井ノボルです。

ラーメンずずず会をスタートしてから、もう少しで1年が経ちます。
緩い繋がりですが、継続できているのはずずずさんの人徳でしょう。

さて、元号が令和に変わってから初めてのラーメンずずず会を開催。
第6回目にして、ついにあの伝説的なお店に挑むこととなりました。

ラーメンを食べてから、某高級イタリアンで投資について語り合う。
いつも通りのスタイルですが、初の女性ゲストを招いての開催です。

この記事では、第6回ラーメンずずず会に参加した感想を書いていきます。

Sponsored Link

いつものメンバーにゲストを加えた5名が参加

ラーメンずずず会といえば、小規模な人数でまったりと喋るスタイル。
今回はいつものメンバーに加えて、ゲストを1名迎えて5名での開催に。

いつものメンバーは、もはや説明不要なのかもしれませんが。
ずずずさんなまずんさんとさかさん、そしてワタシ。

そして今回ゲスト参加となったのが、持ち家さちこさんです。
なまずんさんと同じく、薬剤師の資格を持つ女性投資家さん。

とても明るい方で、楽しい雰囲気にしてくれるムードメーカー。
ラーメンずずず会を振り返ると、初の女性参加者となりました。

ゲストのご要望で伝説的なあの店へ

たしか、持ち家さちこさんがラーメン二郎に興味を持っていて。
Twitterでそんな話をした記憶があったような無かったような。

二郎系投資家を一人でも増やすべく、ワタシが二郎行きを発案して。
ラーメン二郎三田本店に行くことが決まり、持ち家さんがゲストに。

三田本店は、ラーメン二郎発祥の地であり聖地でもある。
二郎系投資家なら、一度は足を運びたい伝説的な店です。

二郎とは何かを知ってもらうには、間違いないチョイス。
ワタシ自身も3回目の訪問でしたが、とても楽しみでした。

ちなみに、ずずず会メンバーもほぼ全員が初二郎ということで。
二郎系投資家を増やすというミッションは、見事に達成ですね。

これぞラーメン二郎

慶應義塾大学の三田キャンパスのすぐ近くにあるラーメン二郎三田本店。
慶大生はもちろん、日本全国のジロリアンに愛されている名店なのです。

ラーメン二郎を愛する人、誰もが一度は訪れたいと願う二郎の聖地。
プレミアムフライデーの2019/6/28、我々は聖地に向かったのです。

都営地下鉄の三田駅から歩いて、だいたい7~8分くらいでしょうか。
慶應義塾大学のキャンパス沿いを歩くと、黄色い看板が目に入ります。


(ラーメン二郎三田本店の看板)

19時15分くらいに着いて、この時点で20人以上は並んでいました。
夜に訪れるのは初めてだったのですが、この人気振りはスゴイです。

かれこれ40分~50分は待ちましたが、まったりとトークを続けて。
待ち時間は意外とあっという間に過ぎていったように感じました。

食券を見せるときに「麺半分で」と伝え、カウンターで着丼待ち。
コールは「ニンニクカラメ」で、待ちに待った二郎とご対面です。

閉店直前で最後のロットとなりましたが、味わいながら完食です。
麺半分とは思えない麺量でしたが、これも三田本店らしいご愛嬌

600円でこれだけ満足できるラーメンは、他には無いと思います。

某高級イタリアンでトーク


(某高級イタリアンのイメージ画像)

ラーメンをずずずっと食べたのち、某高級イタリアンへ。
この流れは、ラーメンずずず会の必勝パターンなのです。

三田にも某高級イタリアンがあることは、事前にリサーチ済み。
お約束の地下店舗で電波状況が心配でしたが、問題無しでした。

イタリアワインを片手に、投資について語り合う個人投資家たち。
言葉で表現すると高貴な雰囲気が漂いますが、実際はテキトーに。

ワインをガブガブ飲みながら、庶民的なお金の話をしてきました。


(ずずず会といえばマグナム白)

ずずず会では、象徴的存在であるずずずさんがレジュメを紙配布。
これがいつものパターンなのですが、今回はPDF資料に進化です。

環境にも優しいずずず会、まったりとお金の話をしてきました。
会話の内容は、ずずず会総督のずずずさんの記事が詳しいです。

ずずずさんが自宅を購入されたので、その話がホットでした。

もう少しでずずず会も1周年

ラーメンずずず会、早いもので今回で6回目となりました。
小規模オフ会ですが、周囲の認知度も高まっているようで。

ずずずさんと言えば、ラーメンずずず会というイメージが定着へ。
ラーメンずずず会の事務局担当メンバーとして、嬉しい限りです。

第1回を開催したのが2018年7月なので、もう少しで1年となります。
次回開催があるとしたら、そのときは1周年記念の開催でしょうか。

ラーメンを食べる、そしてお金についてまったりとお話をする。
投資に限らず、お金の話ができるというのは貴重なことですね。

年金2,000万円問題レベルだと、日常でも話題になることが少々。
それでも職場の人とは突っ込んだ話ができないのが現実だったり。

緩いながらも大切に紡いできたラーメンずずず会という繋がり。
令和の時代となっても、細く長く続けていきたいなと感じます。

関連記事紹介

前回のラーメンずずず会は、関西組をゲストに迎えての開催でした。
遠方からゲストを迎え入れるのは初でしたが、楽しいひと時でした。

平成最後!?第5回ラーメンずずず会に参加しました
時が経つのは早いもので、平成も終わりを迎えようとしています。平成最後となったラーメンずずず会は、関西からゲストを迎えて。いつも通りのスタイルで、関西組と交流を図れる会となりました。この記事では、第5回ラーメンずずず会に参加した感想を書いていきます。

個人的には辛味投資家の繋がりも、大切にしているところです。
辛味と投資の共通点は数多く、長期投資には欠かせないですね。

小規模オフ会の第3回辛味投資家の集いを開催しました
今Twitterで話題の辛味投資。「#辛味投資家」は、連日盛り上がりを見せています。辛味投資家たちがプレミアムカライデーに集結。辛味投資トークに花を咲かせ、記憶に残る夜となりました。この記事では、小規模オフ会の第3回辛味投資家の集いについて書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました