楽天経済圏との上手な付き合い方

節約・節税

青井ノボルです。

楽天経済圏という言葉をご存知でしょうか。

楽天グループの様々なサービスを楽天IDで利用できる。
そして楽天スーパーポイントを貯めたり使ったりできる。

幅広いサービスを展開しながら共通ポイントで囲い込む。
各サービスの複数・回遊・継続的な利用を促進しています。

ワタシも長らく楽天経済圏で過ごしていますが、適度な距離感を意識しています。

お得なポイントサービスは素晴らしいですが、それに踊らされたら本末転倒
目先のお得さに釣られて、節約のつもりで浪費していたら可笑しな話です。

この記事では、楽天経済圏との上手な付き合い方について書いていきます。

Sponsored Link

ポイントという名の甘い誘惑

楽天経済圏で過ごす最大の理由は、楽天スーパーポイントの存在です。

日本人は、ポイントを貯めるという行為が好きな人種なのでしょう。
ポイントカードで財布がパンパン状態、という人も珍しくありません。

楽天のサービスを利用していると、自然とポイントが加算されます。
楽天の幅広いサービスで使用できるため、現金感覚とも言えます。

楽天スーパーポイントは利便性が高く、その分だけお得感も強いです。
そのため、楽天スーパーポイントに潜む中毒性には注意しましょう。

ポイント獲得目的の消費になっていないか、楽天サービスが本当に良いのかどうか。
節約という意味では、衝動的な消費ではなく冷静に考えることが大事だと思います。

リアル店舗の方が安いことも多い

インターネットが発達したいま、ネットショッピングは常識となりました。
日用品から娯楽用品まで、ネットで買えないモノはほとんどありません。

当然ですが、ネットショップはリアル店舗を構える必要がありません。
固定費がかからず、値段が安いというイメージも大きいと思います。

それでも、実際にはネットよりリアル店舗が安いことも多いです。

例えば食品分野では、スーパーの方が安いという傾向が顕著だと思います。
肉のハナマサ・業務スーパー・オーケーストアなどは、圧倒的な安さです。

ほかにも、ホームセンターはネットよりも安く売っていることが多いです。
以前に木工用ニスを買ったときは、ネットの方がはるかに高い値段でした。

ネットの方が安くてお得だと思っていると、実はそうとも限りません。
生活圏にある身近なお店で、ネットより安く買えることもあるのです。

楽天市場に限った話ではありませんが、リアル店舗も侮れないですね。

SPUも冷静に判断しましょう

楽天市場のSPUは、楽天経済圏における代表的なポイント施策のひとつ。
楽天グループのサービスを使っていると、楽天市場でお得になる制度です。


(引用元:SPU(スーパーポイントアッププログラム)|楽天市場

例えば、楽天モバイル(通話SIM)を利用しているとポイント+2倍です。
確かにお得ですが、条件により楽天モバイルより安いMVNOもあります。

通信速度においても、楽天モバイルが最適と言い切るのは難しいでしょう。
楽天市場でお得になるとしても、楽天モバイル以外も検討したいところです。

また、楽天ゴールドカードもSPUでポイント+2倍となる対象となります。
年会費が2,160円(税込)掛かりますが、楽天市場の買い物で元が取れます。

確かに元は取れますが、そのために楽天市場で買い物するのは本末転倒。

楽天市場で年間10万円(税抜)以上の買い物をする必要があるのかどうか。
楽天市場をヘビーに使い続けるのか、冷静に考えて判断すべきでしょう。

ワタシの場合、SPUは楽天カード(+2倍)と楽天アプリ(+1倍)と楽天証券(+1倍)。
無理をしないでSPU適用させることを考えると、この3つしか当てはまらないです。

我が家の通信回線は、DoCoMo(通話)とiijmio(通信、ファミリーシェア)。
キャリアメールを維持しながら安くするには、これが最適解だと思っています。

クレジットカードは、年会費無料の楽天カードで十分に満足しています。
ゴールドカードのステータスは不要なので、年会費はパスしたいところ。

ポイント制度はお得ですが、楽天サービスを無理に選ぶ必要はありません。

程よい距離感でお付き合いするのが大事

楽天経済圏は凄いシステムですし、楽天スーパーポイントは優秀です。
上手く利用すればとてもお得ですし、節約にも繋がるのだと思います。

それでも、楽天グループのサービスだけに目を向けてしまうのは危険です。
ポイントを貯めたり使うことに拘り過ぎると、節約の本質を見失います。

楽天経済圏で、経済的にもサービスの質的にも優れたモノがあれば選択する。
そうでなければ、無理に楽天経済圏のサービスを選択する必要はありません。

楽天経済圏でお得に生きていくためには、楽天に肩入れしすぎないこと。
一歩引いて、程よい距離感でお付き合いすることが大事だと思います。

これからもワタシは、楽しみながらお得に楽天経済圏で過ごしていきます。

 

関連記事紹介

SPUにまさか楽天証券が追加されるとは、夢にも思っていませんでした。
ポイント投資をキッカケに、投資の裾野が広がることを期待しています。

SPUに楽天証券追加!楽天経済圏の快進撃が止まらない
本日付で、楽天市場のポイント制度SPUに楽天証券が追加されました。楽天経済圏が、積立投資市場のトップを本気で獲りにきたと言えそうです。この記事では、楽天証券に関するSPUの適用条件、SPUの設定方法、これからの積立投資市場の行方について書いていきます。

楽天証券×楽天銀行のハッピープログラムは破壊力抜群のポイント制度です。
金融関連サービスは楽天が得意とする分野であり、存在感が大きいですね。

楽天証券&楽天銀行のハッピープログラムでポイントをザクザク貯める方法
ワタシは、つみたてNISA口座を楽天証券で開設しています。選んだ理由はハッピープログラムというポイントサービスの存在です。この記事では、お得なハッピープログラムの魅力、登録手順やポイントをザクザク貯める具体的な活用方法をお伝えします。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント