楽天VTIが純資産総額500億円を突破

投資信託・ETF

青井ノボルです。

楽天・全米インデックス・ファンド、通称・楽天VTI。
米国株式に広く投資ができるVTIを買う投資信託です。

VTIは、世界最大級の運用会社であるバンガード社のETF。
超低コストなETFとして有名な存在で、人気があります。

楽天VTIは投資信託として手軽にVTIへ投資できる点が特徴。
2019/7/25付で、遂に純資産総額が500億円を突破しました。

米国株投資が人気を集め、そしてつみたてNISAが徐々に広まる環境下。
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とともに、業界を牽引しています。

この記事では、楽天VTIの純資産総額500億円突破と今後について書いていきます。

スポンサーリンク

楽天VTIは低コストが特徴

楽天VTIは、2017/9/29に設定された楽天投信投資顧問のファンド。
米国株式に広く分散投資ができる海外ETFのVTIへ投資をします。

米国株の指数としてはS&P500も有名ですが、VTIは銘柄数が多め。
中小株式まで含んでいる点が、S&P500との相違点となっています。

楽天VTIは、FOY2018でも上位に食い込む人気ファンド。
大きな特徴として、コストである点も見逃せません。

信託報酬は年率0.12%(税抜)、VTI経費率は年率0.03%程度。
合算をした実質的な信託報酬は、年率0.1596%程度(税込)。

また、実質コストも相対的に低い水準だと思われます。
現時点で公開されている運用報告書に基づく推察です。

最新情報は、2019年7月決算分の運用報告書の公開待ち。
おそらく驚くような高コストにはなっていないでしょう。

超低コストはバンガードのお陰

バンガードは、インデックスファンドを生んだ世界最大級の米国運用会社。
楽天VTIは、バンガードが手掛けるETF(上場投資信託)のVTIに投資します。

米国バンガードのETFは経費率が桁違いの超低コストとなっています。
さらに規模拡大に応じて経費率をこまめに見直し、引き下げています。

2019年5月にも、VTIをはじめとして経費率の引き下げを断行しました。
詳細は、ラーメンずずず会メンバーなまずんさんのブログをご参照。

バンガードは、ファンドが同社の株主となる特殊な構造となっていて。
ファンドを保有する投資家目線で運用している点が、素晴らしいです。

経費率を継続的に引き下げる姿勢も、流石バンガードだなと感じます。

楽天VTIがつみたてNISA対象となった裏話

2017/9/29に設定された楽天VTIが、大きく躍進した理由のひとつ。
つみたてNISA対象ファンドとなったのは、確実に影響しています。

2018年1月にスタートしたつみたてNISAですが、制限が多いです。
対象となるファンドも限られて、信託報酬などの要件があります。

例えば公募株式投資信託の場合、以下の要件を満たす必要があります。

  • 販売手数料はゼロ(ノーロード)
  • 信託報酬は一定水準以下(例:国内株インデックス投信0.5%以下)に限定
  • 顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
  • 信託契約期間が無期限または20年以上であること
  • 分配頻度が毎月でないこと
  • ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと
    (引用元:つみたてNISAの概要|金融庁

これ以外にも、インデックス投信の場合は指定指数である必要があります。
金融庁が指定したインデックス(指数)への連動商品のみが対象なのです。

つみたてNISAの対象となっている指数は、下記の通りです。


(引用元:つみたてNISAについて|金融庁

つみたてNISAの対象となる指数が公表されたのは、2017年6月のこと。
楽天VTIの連動指数CRSP U.S. Total Market Indexも含まれています。

2017年9月になってから、楽天VTIの新規設定が発表されています。
つまり、つみたてNISAの対象指数が決まったのは楽天VTIの登場前。

実はここに、裏話ともいえるエピソードがあるのです。
インデクス投資ナイト2019で今井さんが語った話です。

FTSE Global All Capと、CRSP U.S. Total Market。
上記2つ、実は当初の対象指数リストには無かった。

つみたてNISAは、もともとボーグルの精神からスタートした制度。
彼が作ったファンドが入らないのはおかしいと、こっそり忍ばせた。

直前で上司にバレたが、アメリカで有名な指数だから入れて欲しいと言い押し通した。
結果的に上記2つの指数連動ファンドは、つみたてNISAの代表的存在となっている。

金融庁の今井さんが第1部で語ってくれた、貴重なエピソード。
インデックス投資ナイト2019のレポート記事から抜粋しました。

楽天VTIは様々な偶然が重なって、ここまで辿り着いたのです。
奇跡とも言える軌跡を辿って、今日があるということですね。

楽天VTIの純資産総額推移

さて、純資産総額500億円を達成した楽天VTI。
驚異的な速さで純資産総額を伸ばしてきました。

楽天VTIの純資産総額推移を、時系列で確認してみます。

2017/09/29 新規設定
2018/01/18 純資産総額50億円突破
2018/04/24 純資産総額100億円突破
2018/07/13 純資産総額150億円突破
2018/09/10 純資産総額200億円突破
2018/11/01 純資産総額250億円突破
2019/01/17 純資産総額300億円突破
2019/02/19 純資産総額350億円突破
2019/04/24 純資産総額400億円突破
2019/06/21 純資産総額450億円突破
2019/07/25 純資産総額500億円突破

ここまで、資金流入ペースは着実に加速しています。
相場変動に関わらず、安定した資金流入ペースです。

100億円ごとで区切って、達成までの期間を見てみます。

0→100億円  7ヵ月弱
100→200億円 4ヵ月半
200→300億円 4ヵ月強
300→400億円 3ヵ月強
400→500億円 3ヵ月

こう見ても、流入ペースは確実に加速しています。
インデックスファンドの中ではトップクラスです。

更なるギアチェンジに期待

楽天VTIの快進撃は、どこまで続くのでしょうか。
純資産総額の増加ペースは、異次元とも言えます。

2019年9月に公表されると思われる、最新の運用報告書。
ここで大きな躓きえなければ、恐らく大丈夫でしょうね。

ただひとつ、どうしても残念だと感じる部分があります。

eMAXIS Slimと違い、500億円突破でも信託報酬は据え置き。
実質的な信託報酬が、楽天の努力で下がることはありません。

信託報酬の引き下げがバンガード頼み、これが切ないところ。
eMAXIS Slim 全米株式(S&P500)のほうが、夢があります。

楽天VTIが快進撃を続けるために、この点の工夫が必要でしょう。
楽天投信投資顧問による、コスト引き下げが待ち遠しいですね。

関連記事紹介

ライバルであるeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)も非常に好調。
切磋琢磨しながら、米国株投資を盛り上げていくのが良いと思います。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が200億円突破
設定直後からこれまで、高い人気を維持して勢いのあるeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が、純資産総額200億円突破です。この記事では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産総額200億円突破について書いていきます。

「日本のバンガードを目指す!」と意気込んでいる三菱UFJ国際投信。
楽天投信投資顧問も、現状維持では足元をすくわれるかもしれません。

三菱UFJ国際投信の運用現場見学付きブロガーミーティングに参加
2019/6/27に開催された、三菱UFJ国際投信主催のブロガーミーティングに参加しました。今回の目玉は、何と言っても運用現場見学です。とても素晴らしい機会となりました。この記事では、運用現場見学付きブロガーミーティングの参加レポートをお伝えします。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました