eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が500億円突破で受益者還元始動

投資信託・ETF

青井ノボルです。

先進国株式に次いで、米国株式も受益者還元の仕組みが始動しました。
eMAXIS Slim 米国株式(SP500)が、純資産総額500億円を突破です。

業界最低水準の運用コストを目指し続けるeMAXIS Slim シリーズ。
2019年は超低コスト化に拍車が掛かり、資金流入も伸びています。

純資産総額が一定以上になると、超過分の信託報酬をダウンする。
規模拡大により、信託報酬負担が軽減される仕組みが存在します。

この仕組みが発動されるのは500億円超で、シリーズで2本目です。
2020/1/20、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は500億円超に。

この記事では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産総額500億円突破と受益者還元開始について書いていきます。

スポンサーリンク

2本目となる受益者還元開始

eMAXIS Slim シリーズは、ブレないコンセプトが支持されています。
「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」です。

実行力を伴うコンセプトもあり、本ファンドはFOY2019で第2位まで躍進
楽天VTIなどのライバルファンドを押しのけ、多くの支持を集めています。

eMAXIS Slim シリーズの中でも販売金額が第1位となり、勢いがスゴい。
高人気な米国株式クラスで、多くの人に選ばれている証左だと思います。

すでに信託報酬年0.1%未満の超低コストとなっているのは周知の事実。
受益者還元型の信託報酬により、更に超低コストとなるということです。

純資産総額500億円突破は、それだけ大きな意味を持つ節目となります。

わずか1年半で500億円に到達

さて、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の歴史を紐解いてみます。

2018/07/03 新規設定
2018/07/13 純資産総額3.15億円、全世界株式(3地域均等型)超えを達成
2018/08/01 純資産総額10億円突破
2018/08/16 純資産総額17.83億円、全世界株式(除く日本)超えを達成
2018/10/17 純資産総額50億円突破
2018/11/01 純資産総額62.09億円、iFree S&P500超えを達成
2019/01/18 純資産総額100億円突破
2019/04/03 純資産総額150億円突破
2019/06/14 純資産総額200億円突破信託報酬引き下げ(年0.16%→0.15%)
2019/08/09 純資産総額250億円突破
2019/09/12 純資産総額300億円突破
2019/11/12 信託報酬引き下げ(年0.15%→年0.088%)
2019/11/13 純資産総額350億円突破
2019/12/13 純資産総額400億円突破
2020/01/08 純資産総額450億円突破
2020/01/20 純資産総額500億円突破、受益者還元型の信託報酬率スタート

純資産総額400億円から500億円突破まで、わずか1ヵ月強です。
圧倒的なスピードで資金流入が加速していることが分かります。

FOY2019で第2位に輝くなど、確固たる地位を築いています。
eMAXIS シリーズの中でも、12月には販売額でトップです。

新規設定から約1年半で500億に到達するとは、正直驚きです。
ここまでの人気ファンドに成長するとは、努力の賜物ですね。

実質引き下げ幅はほんの僅か

eMAXIS Slim シリーズで2本目となる、純資産総額の500億円突破。
受益者還元型の信託報酬率が適用され、更に超低コストとなります。

とはいえ、実質的な引き下げ率は僅かな数字なのが現実。
前回の信託報酬大幅引き下げの際に、圧縮されています。


(引用元:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)約款変更のお知らせ

受益者還元型信託報酬率は、おまけ程度に考えた方が良さそう。
それでも、ファンド規模に応じた運用コスト削減は嬉しいこと。

信託報酬はライバルと同率にして、最低水準を着実に確保しつつ。
受益者還元型の信託報酬率の適用で、単独最低コストに躍り出る。

運用コストが同率のSBI・バンガード・S&P500との競争もあります。
実質的な引き下げ幅はほんの僅かですが、意外と侮れない数字です。

ブームから脱却して定着へ

今回の受益者還元型の信託報酬率ですが、以前からある仕組みです。
eMAXIS シリーズ全体に対して、2016年6月に導入がされています。

ファンドの規模が大きくなれば、更なる超低コストが待っている。
資金流入が更に加速すれば、ファンドの持続可能性が高まります。

運用コストを低く維持しれくれれば、安心して長期投資できます。
資金流入が安定することは、運用会社の収益面にも大きなプラス。

良い循環がまわりはじめれば、まさに三方よしの世界になります。
ここまで持ってくることができれば、運用会社としては安心です。

米国株式への投資は、ブームから脱却して日本に定着するのか。
eMAXIS Slim 米国株式(SP500)にとっても重要な課題です。

相場環境に依らず、長期投資を続ける仲間が増えますように。

関連記事紹介

信託報酬が一気に引き下がった2019年、凄いことになりました。
対抗引き下げ実行により、資金流入が加速したかもしれません。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が信託報酬引き下げで年0.1%未満に
SBIとバンガードが組むという衝撃のニュースから、2ヵ月弱が経過。eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が、ついに信託報酬引き下げです。この記事では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が信託報酬引き下げたことについて書いていきます。

対抗引き下げの裏側では、指数使用料の引き下げ交渉など。
一筋縄ではいかず、苦労があったことを語ってくれました。

S&P500引き下げ直後のブロガーミーティングに参加
対抗引き下げに時間が掛かって、それでも引き下げを断行。その直後である2019/10/18に開催、三菱UFJ国際投信主催のブロガーミーティングに参加しました。この記事では、三菱UFJ国際投信ブロガーミーティングの参加レポートを約1万字でお届けします。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました