電気代節約のため新電力の「あしたでんき」に乗り換えます

節約・節税

青井ノボルです。

日常生活を送るうえで欠かせないインフラと言えば、電気ガス水道。
水道光熱費は、家計の中でも固定費として扱われることが多いです。

若干の季節変動はあるにせよ、大体同じような金額だと思います。
健康で文化的な生活を送るうえで、欠かせない存在でもあります。

少し前ですが2016年4月、電力小売全面自由化が始まりました。
これにより、家庭等の低圧でも電力会社を自由に選べるように。

ワタシも新電力に乗り換えることで、電気代が節約できそう。
遂に電気代にメスを入れ、節約の可能性を模索してみました。

家庭向けの新電力も充実してきたいま、選択肢は数多くあります。
検討の結果、東電子会社が運営する「あしたでんき」に決定です。

この記事では、電気代節約のため新電力の「あしたでんき」に乗り換えることについて書いていきます。

Sponsored Link

電力自由化とは

電力の小売り全面自由化が始まったのは、2016年4月。
従来は各地域の電力会社が独占して販売していました。

小口需要家である家庭や商店は、電力会社を選べない。
大手電力会社による地域独占が続いている世界でした。


(引用元:電力の小売全面自由化って何?|資源エネルギー庁)

2000年3月に電力小売自由化が特別高圧区分でスタート。
それから徐々に解禁され、遂に全面自由化となりました。

その結果、多くの企業が電気の小売事業に参入することに。
いわゆる新電力の参入で、企業間競争が活性化したのです。

消費者は、様々な料金メニューやサービスを選択できます。
地域独占時代に比べて、密かに選択肢が増えているのです。

新電力への乗り換えはお手軽

既存の電力会社から、新電力に乗り換える手続きは簡単です。
新電力に申し込み、およそ4日程度で切り替えが完了します。

スマートメーター未設置の場合は、交換作業が必要となります。
原則費用はかからず、通常は2週間程度で切り替え完了とのこと。

手続きは想像以上に簡単で、切り替えまでの期間も短いです。
それでも、切り替えには不安があるという人も多いでしょう。

「新たに電線を敷く必要がある?」「停電が増えるのでは?」
ワタシも疑問に思ったので、エネ庁HPをしっかり読みました。

例えば上記の疑問に対しては、以下の説明がされています。

A.今ある送配電網を使うので新たに電線を引くことにはなりません。
また、電気そのものの品質や信頼性(停電の可能性など)は、どの会社から電気を買っても同じです。
さらに、契約した電力会社が電気を調達できなかった場合でも、送配電網を管理する会社がその分を補給するので、ただちに電気の供給が止まることはありません。
(引用元:今さら聞けない電力自由化5つの質問|資源エネルギー庁)

電力会社の契約変更に伴い、安定供給が止まることもありません。
リスクについて、必要以上に構えることも無いのではと感じます。

新電力の料金シミュレーション

家庭向けの新電力ですが、現時点で200社以上存在するようです。
ただ1社ごとに料金シミュレーションするのは、非現実的なこと。

そこで便利なのが、新電力の比較ができるウェブサイトです。
ワタシは249社掲載(2019/3/11時点)のココを使いました。

2019年1月分の検針票を手元に用意して、シミュレーションへ。
ワタシが試した結果、節約金額の上位4社は下記の通りでした。

第1位:ピタでん

最も節約額が大きかったのは、F-Powerのピタでんです。


(引用元:新電力比較サイト

1年以内の解約には違約金が発生しますが、最安値でした。
ただ高圧・超高圧向けで、業務改善勧告を受けています。

新電力で首位の電気販売量を誇りますが、急拡大は裏目に。
卸電力取引所から高値での電力調達を余儀なくされ大赤字

東電や大ガスが出資を検討しているという報道もあります。
企業としての安定性には、若干の疑問符が付くところです。

第2位:あしたでんき

第2位は、東電HD子会社であるTRENDYのあしたでんきです。


(引用元:新電力比較サイト

大手電力の東京電力が、まさかの新電力にも参戦しています。
「他社にやられるまえに自社でやる」ということのようです。

シンプルな料金設定が特徴で、コスト削減により低料金を実現。
2019/3/31まで、Amazonギフト券のキャンペーン実施中です。

電力供給に慣れた東電グループというのは安心材料になります。

第3位:東急でんき

第3位は、東急電鉄グループである東急パワーサプライの東急でんき。


(引用元:新電力比較サイト

ケーブルテレビの契約とセットだと、割引額が大きくなります。
とはいえ、イッツコムなどのケーブル契約がある世帯は限定的。

また原則として、セット割引を選ぶのは得策とは言えません。
より良いサービスに乗り換える時、足枷となり得るからです。

第4位:楽天でんき

第4位は、楽天グループである楽天エナジーの楽天でんき


(引用元:新電力比較サイト

皆さん大好きな楽天経済圏でお馴染み、楽天グループの新電力。
楽天スーパーポイントの付与や、楽天ポイント払いが特徴です。

申込2,000ポイント付与も魅力的ですが、節約額はやや劣ります。
楽天経済圏が大好きなワタシですが、ここは冷静に判断します。

あしたでんきを選んだ理由

新電力への乗換えにあたり、ワタシが重要視したのは節約額
つまり電気代が安くなることを、最大の目的としていました。

すると「ピタでん」が最有力候補なのですが、不安が残ります。
仮に倒産しても影響は限定的ですが、トラブルは避けたいです。

「東急でんき」はセット割引が前提となるため、ここでは回避。
「楽天でんき」は魅力的ですが、節約額では少しだけ劣ります。

料金的の割安感に加えて、東電子会社という安心感もあります。
総合的に判断して、ワタシは「あしたでんき」を選択しました。

申込みは10分程度で完了

あしたでんきのネット申込ですが、10分程度で完了します。
ワタシも実際にやりましたが、本当にサクッと終わります。

申込にあたり、事前に準備しておくものは下記の通り。

  • (現在契約中電力会社発行の)検針票
  • 支払いをするクレジットカード

実際に契約手続きに入る前に、念のため再度試算をします。
あしたでんき公式HPのシミュレーション結果は下記の通り。


(引用元:あしたでんき料金シミュレーション画面)

単月の検針票から推測しているため、誤差はありますね。
それでも大体同じような金額だったので、良しとします。

申込みの手順は実にシンプルで、6ステップで完了します。


(引用元:あしたでんき申込画面)

じっくり確認しながら、操作をしても10分程度で済みました。
ワタシはパソコンから申し込みましたが、スマホでもOKです。

あしたでんきは、こちらからも申し込みが可能です。

年間5,000円の節約に

申込みが完了したので、あとは切り替えを待つだけに。
これで年間5,000円の削減は、費用対効果が高いです。

若干の検討と僅かな申込作業だけで、節約になります。
コンセントの抜き差しで、消耗することもありません。

電力の小売り完全自由化がスタートしてから3年です。
新電力の数も増えており、健全な競争が起きています。

家族構成や電気消費量によって、最適解は異なります。
若干の手間は掛かりますが、節約効果が期待できます。

お手軽な節約術として、ぜひ検討してみてください。

関連記事紹介

楽天経済圏はポイントサービスを軸に、お得に生活できるので便利です。
一方で、盲目的に楽天サービスを使うという選択にはリスクもあります。

楽天経済圏との上手な付き合い方
ワタシもよく利用している楽天経済圏のお得なポイントサービスは素晴らしいですが、それに踊らされたら本末転倒。目先のお得さに釣られて、節約のつもりで浪費していたら可笑しな話です。この記事では、楽天経済圏との上手な付き合い方について書いていきます。

モノで溢れているいま、100均などでは安いものが手に入ります。
ただ、長く使えるものを選ぶことが真の節約に繋がる気がします。

長く使い続けられるモノを選ぶことが本当の節約だと思う
投資にまわせるお金を増やすには、収入を増やすか支出を減らすか、選択肢は2つあります。簡単に改善できる余地があるのは節約に努めることです。この記事では、長く使い続けられるモノを選ぶことこそ真の節約であると考える理由を書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

皆さんの応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログへ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました