消費増税前に通勤定期券を継続購入すると少しだけお得です

節約・節税

青井ノボルです。

2019/10/1、消費税率が8%から10%に引き上げとなります。
と同時に、日本では初めて軽減税率制度が導入されることに。

前回の消費増税と比較すると、駆け込み需要は限定的な模様。
ただ、消費増税の前後で損得がハッキリすることもあります。

サラリーマンが通勤で利用している、鉄道などの通勤定期券。
途中で経路が変わらない前提で、消費税率引き上げ前に買う。

下半期に異動がない場合は、継続購入するのが良さそうです。
ワタシも通勤定期券を9月中に購入し、少しだけ得しました。

この記事では、消費増税前に通勤定期券を継続購入すると少しだけ得になることについて書いていきます。

スポンサーリンク

消費税率が10%に引き上げ

2019年10月より、消費税率が8%から10%に引き上げられます。
2014年4月に消費税8%となって以来、5年ぶりの引き上げです。

消費税率を引き上げる理由は、社会保障制度を持続可能にするため。
勤労世代が負担する社会保険料だけでは、手が回らないのが実態です。

社会保険料は労使折半が基本ですから、勤労者個人と企業が負担。
全世代的な社会保障を担うのに、偏りがあるというのも事実です。

社会保険料は上がっているものの、税金や国債に頼っている現実。
そのため、国民全体で広く負担する消費税を財源としていきます。

国としては上記の考え方のもと、消費税率の引き上げを行います。

消費者の立場で、消費税率の引き上げを喜ぶ人はいないでしょう。
ただ、こうした前提があった上での消費増税だと知っておきたい。

社会保障の問題は難しいですが、一歩ずつ進めるしかないのです。

消費増税前に購入すべきは通勤定期券

さて、残念ながら2019/10/1には消費税率が引き上げられます。

これは決まっていることなので、この状況で何をすべきか考える。
投資も一緒で、自分でコントロールできることに集中すべきです。

消費増税前の駆け込み需要、よくあるパターンは高額商品の購入。
ただ、今回はキャッシュレス・消費者還元制度が控えています。

また本来は必要の無いものを、急いで購入するのは本末転倒です。
じっくり考えてから、必要に応じて購入するのが良いと思います。

さて、都市部のサラリーマンにとって欠かせない支出といえば。
自宅から職場まで、電車などで通勤するための通勤定期券購入。

職場によってルールは違いますが、ワタシの場合は半年毎に購入。
9月末で定期券の有効期限が切れるため、継続購入の時期なのです。

これも人によると思いますが、ワタシの場合は6ヵ月で約10万円。
消費税率10%に引き上げとなれば、約2,000円もの差が生じます。

この差は意外と馬鹿にできないので、9月中に継続購入することに。

通勤定期券は経過措置が適用されます

通勤定期券購入の場合、消費税率等に関する経過措置の対象となります。

具体的には、2019/10/1以降を対象期間に含む通勤定期券を買う場合。
2019/9/30以前に購入をしていれば、消費税は旧税率の8%となります。

その他の品目についても、経過措置の対象となるケースがあります。
ただ無駄遣いの可能性が低いのは、通勤定期券くらいだと思います。

経過措置の詳細が気になる方は、国税庁の資料をご参照ください。

通勤定期券は、9月中に継続購入すれば旧税率の8%負担で大丈夫。
2019/10/1以降であれば、新税率の10%負担となるので支出増に。

資金繰りに問題が無ければ、9月中に継続購入するのがなのです。

早めに継続購入しましょう

通勤定期券の継続購入ですが、いつから買うことができるのか。

鉄道各社によってルールが異なりますが、大体は2週間前から。
1週間前であれば、継続購入可能というケースが大半でしょう。

2週間前から購入できるのであれば、できるだけ早く買いましょう。
というのも、直前になればなるほど購入窓口が混むと思われます。

最近では券売機で定期券購入できることも多いですが、油断禁物
トラブルがあったときは窓口対応ですから、早めに動きましょう。

ワタシは早めに継続購入しました

ワタシは消費増税13日前の2019/9/18、定期券を継続購入しました。
いつも通り券売機で購入して、待ち時間も無くスムーズに終了です。

窓口をチラっと見ましましたが、まだ混雑していないようでした。
これから混雑すると思うので、早めに動くことをオススメします。

ちなみに、通勤定期券の購入については面白い発想もあります。

都心部でしか有効ではありませんが、考えてみると面白いかも。
細やかな節約ネタではありますが、小さいことからコツコツと

節約や節税というものに、正解は無いですし近道もありません。
無理のない範囲で実行し、自由に使えるお金を増やしましょう。

関連記事紹介

楽天経済圏でポイントを獲得しながら生きていくのも一つの方法。
生活必需品である紙オムツ、楽天市場でお得に買い続けています。

楽天市場でパンパース(紙おむつ)がポイント還元率45%に!?
乳幼児がいる子育て世帯に欠かせないモノ、それは紙おむつです。我が家は1人目からパンパースを愛用していて、生まれたばかりの3人目もパンパースです。この記事では、楽天市場にて紙おむつのパンパースをポイント還元率45%で購入できたカラクリをお伝えします。

ネット通販といえば、Amazonや楽天市場を思い浮かべるでしょう。
ただ、ヨドバシドットコムという選択肢も地味に魅力的なのです。

ネット通販ならヨドバシ・ドット・コムが地味にオススメです
総合ネット通販といえば、Amazonと楽天市場が二強です。たしかに有名だし、安いし、便利だし、ユーザーも多いです。ただ、ヨドバシ・ドット・コムのことも是非知っていて欲しい。この記事では、地味にオススメなヨドバシ・ドット・コムについて書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました