たわらノーロード先進国株式が純資産総額300億円突破

投資信託・ETF

青井ノボルです。

たらわノーロードシリーズにおける、代表格とも言える先進国株式。
低コストファンドの筆頭として、業界をリードした存在のファンド。

2019/2/18、純資産総額が300億円を突破しました!
昨年末の大きな相場変動を乗り越え、大台を突破です。

この記事では、たわらノーロード先進国株式の純資産総額300億円突破を契機に、これまでの歴史を振り返ります。

Sponsored Link

設定直後の2016年が人気のピーク

たわらノーロード先進国は、2015/12/18に設定されたファンド。
全世界株式の中核を担う、先進国株式のインデックスファンドです。

低コストと巨大なマザーファンドが特徴で、人気を集めています。
実際、投信ブロガーが選ぶ!fund of the Year 2016では第2位に。

高い人気とはいえ、当時から信託報酬は最低水準ではありません。
それでも実質コストが低いという点が、高い評価を得ていました。

ただ、コストでは実質コストよりも信託報酬が目立つのも事実。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式が、信託報酬最低水準に。
たわらノーロード先進国株式は信託報酬引き下げで後手に回ります。

2017年には人気に陰りが見え始め、FOY2017では第8位にダウン。
FOY2018ではついに、20位以内に入ることすら叶いませんでした。

良くも悪くも、あまり目立たない地味なファンドと言えそうです。

たわらノーロード先進国株式の概要

ここで、たわらノーロード先進国株式の基本情報を整理します。
たわらノーロード先進国株式公式HPを見ながら、確認しましょう。

ベンチマーク

ファンドの名称通り、先進国株式の株価指数への連動を目指す運用です。
具体的には、MSCIコクサイ(円換算)がベンチマークとなっています。

特徴は、配当込み・為替ヘッジなしのMSCIコクサイへの連動という点。
ベンチマークが配当込みとなっているのは、地味な特徴のひとつです。

実際の運用では配当再投資しているため、配当指数との連動が原則。
投資家としては、配当込みの方が分かりやすいという利点があります。

ファンドの仕組み

ファミリーファンド方式で運用を行っています。


(引用元:たわらノーロード先進国株式交付目論見書)

2002年に設定された外国株式マザーファンドは、運用実績も豊富。
ファンド規模も大きく、2018年7月末時点で残高3,167億円です。

仮に大きな資金流入があっても、指数との連動性を保ちやすい。
また、規模の経済によりコスト面でもメリットがあるようです。

マザーファンドの運用実績と規模、大きな強みとなっています。

信託報酬と実質コスト

ファンドのコストと言えば、信託報酬が思い浮かぶでしょう。
信託報酬はもちろん大事ですが、実質コストは更に重要です。

(引用元:選ぶなら、品質で。たわらノーロード先進国株式。

たわらノーロード先進国株式の信託報酬は、年0.200%(税抜)。
第3期運用報告書によれば、その他の運用コストが年0.035%

実質コストは、年0.251%(税込)と推測されます。

ちなみに、eMAXIS Slim 先進国株式は信託報酬が年0.109%(税抜)。
第1期運用報告書によれば、その他の運用コストが年0.080%。

実質コストは、年0.198%(税込)と推測されます。

実質コストで比較すると、やや割高感が気になります。
一方で、その他の運用コストは非常に低い数値です。

これは、マザーファンドの規模による違いなのでしょうか。

eMAXIS Slim 先進国株式のマザーファンド規模は、3,329億円。
たわらノーロード先進国のマザーは2,844億円、差は僅かです。

たわらノーロード先進国株式の実質コストを詳細に見てみると。
売買委託手数料が年0.002%と、驚異的な低さとなっています。

売買委託手数料は、バスケット取引が多いと数字に反映されません。
実質コストには反映されない、隠れコストが多い可能性があります。

真相は闇の中ですが、実質コストは参考程度に見るのが良さそうです。

隠れコストも含めて、純資産総額からはすべてのコストが引かれます。
純資産総額を口数で割った基準価額こそが、最も重要な数字と言えます。

300億円達成までの純資産総額推移

たわらノーロード先進国株式の純資産総額推移を確認してみます。

(引用元:たわらノーロード先進国株式

2017年からは、おおよそ月10億円ペースで資金流入しています。
タイミングとしては、FOY2016で第2位を獲得した頃からです。

つみたてNISAが始まる前から、一定の人気を集めていました。
また、2018年以降も資金流入のペースは変わっていません。

積立投資の設定をしている人が多く、浮気しない人が多い。
超低コスト化が進むなかでも、ファンがいるのは凄いです。

たわらノーロード先進国株式には変化を期待したい

たわらノーロード先進国株式は、純資産総額300億円を達成。
これまで順調なペースで、純資産総額を伸ばしてきました。

これからも選び続けられるためには、どうすべきでしょう。

現在、超低コスト競争からは一歩引いた姿勢としています。
これが吉と出るのか凶と出るか。今のところはでしょう。

超低コスト競争に参加しなくても、資金流入が続いています。
積立投資による資金流入は、なかなか途絶えないようです。

純資産総額を伸ばしながら、据え置きの信託報酬を得る。
超低コストファンドより、口数あたりの収入は多いです。

ただし、この状況がいつまで続くかは誰にも分かりません。

たわらノーロード先進国株式は、相対的に品質が高いのでしょうか。
ワタシは、eMAXIS Slim 先進国株式の方が高品質だと考えています。

人によって見方は違いますが、たわらの優位性は揺らぎつつある。
過去の栄光でどこまで人気を維持できるか、微妙なところです。

何かアクションを起こさないとこの先は厳しいと思います。
他のファンドとの差別化要因を明確に示してほしいですね。

たわらノーロード先進国株式の300億円突破は通過点です。
今後も個人投資家に愛され続けるよう、変化に期待します。

 

青井ノボル
青井ノボル

皆さんの応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

関連記事紹介

先進国株式クラスのライバルファンドと言えば、eMAXIS Slimです。
超低コストが特徴ですが、コスト的に持続可能なのか考えました。

eMAXIS Slim 先進国株式 はコスト的に持続可能なのか
【2019/1/25更新】先進国株式のインデックスファンドで、信託報酬が最低水準のeMAXIS Slim 先進国株式。信託報酬が低いと運用会社の収益率は低下します。eMAXIS Slim 先進国株式が持続可能な投資商品なのか、コスト面から考えてみます。

ニッセイ外国株式はすでに純資産総額1,000億円を超えています。
いまでも資金流入ペースが衰えることなく、人気ファンドですね。

ニッセイ外国株式が純資産総額1,000億円を突破!
低コストファンドの代表格である<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドは、2018/8/29に純資産総額1,000億円を突破しました!この記事では、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式の歴史を振り返りながら今後について書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました