SPUに楽天証券追加!楽天経済圏の快進撃が止まらない

マネー雑記
Sponsored Link

青井ノボルです。

ここ数日、楽天経済圏の快進撃が止まりません。

本日付で、楽天市場のポイント制度SPUに楽天証券が追加されました。
楽天グループは、庶民による投資を後押しする姿勢を鮮明にしましたね。

丸井グループが手掛けるtsumiki証券の設立が契機となったのでしょうか。
楽天経済圏が、個人向け投資市場の頂点を本気で獲りにきたと言えそうです。

この記事では、楽天証券に関するSPUの適用条件、SPUの設定方法、今後の個人向け投資市場の行方について書いていきます。

楽天経済圏による怒涛のポイント施策

楽天経済圏とは、楽天グループによる各種サービスの囲い込み戦略のこと。


(引用元:1分でわかる楽天の強み

楽天グループでは生活に密接するサービスを複数展開しています。
楽天スーパーポイントという共通ポイントで各サービスが連携。

ポイントを軸に、楽天グループ内の各種サービスを利用促進しています。

ところで楽天による積立投資関連の話題、怒涛のラッシュが止まりません。

矢継ぎ早に施策が発表され、理解が追い付かない人も多いでしょう。
ワタシも必死に情報をキャッチアップしているとことです。

投信積立でポイント利用が可能に!2018年9月30日スタート!:楽天証券
これまで投資信託の通常買付でしか利用することができなかったポイントを、投資信託の積立注文にもお使いいただけるようになります!
投信積立で楽天カード決済が可能に!2018年10月27日スタート!:楽天証券
楽天証券では、これまで投資信託の積立の引落方法として、証券口座からの引落と銀行口座からの引落を提供しておりましたが、新たに楽天カードクレジット決済が加わります。
SPU(スーパーポイントアッププログラム) |楽天証券のポイント投資でポイント+1倍
SPUは、Super Point Up Program(スーパーポイントアッププログラム)は、楽天市場のお買い物がいつでもポイント最大15倍になるプログラムです。通常ポイント1倍に加えて、楽天市場アプリからお買い物すると、楽天市場の商品がいつでもポイント+1倍になります。つまり、ポイント2倍。その他にも、楽天カードもし...

毎週のように、積立投資に関連した新サービスを矢継ぎ早に発表。
あえて分散して発表することで、上手に話題をさらっています。

SPUのニュースは、一連のニュースのなかでは第三の矢ですね。

SPUに楽天証券が追加されました

SPUという楽天市場のポイント施策に今回、楽天証券が追加されました。

楽天市場は、1億弱とも言われる楽天会員が利用するネットモール。
SPUは楽天市場のポイント施策における一丁目一番地でもあります。

注目度の高いSPUだからこそ、楽天証券の宣伝効果は抜群でしょう。
しかも、ポイント投資が条件なので心理的な敷居も低いと思います。

未だに、投資はギャンブルというイメージを持つ人が多いのが現実。
そうした人達を取り込むための施策として、良く出来た制度ですね。


(引用元:SPUスーパーポイントアップ|楽天証券より一部抜粋)

適用条件は、公式HPをしっかりと確認することをおススメします。

ちなみに、楽天市場で買い物する月にSPU適用になれば良い話です。
ワタシのように楽天市場を時々使う程度の場合、都度適用させましょう。

買い物する月に余剰ポイント(期間限定ポイントは対象外)で追加投資をする。
楽天市場ヘビーユーザーでもない限り、この方法がベターであると考えます。

積立投資設定は条件ではありませんので、この点は注意しましょう。
ただし、常にSPU適用させたい・自動的に適用させたい場合は積立投資がおススメです。

SPUの設定手順と注意点

さて、SPU適用にはポイントコースの設定が必要です。
設定していないと適用外なので、しっかり確認しましょう。


(引用元:SPUスーパーポイントアップ|楽天証券より一部抜粋)

新規口座開設の方、また現時点で楽天証券ポイントコースを設定している方。
いずれかの場合は「楽天スーパーポイントコース」を選択しましょう。

すでに楽天スーパーポイントコースを選択している方は、SPU利用設定が必要です。

楽天証券のSPU利用設定

ワタシの場合は楽天証券ユーザーであり、楽天スーパーポイントコースで設定済み。
そのため、SPU利用設定を行う必要がありました。

まず、楽天証券のHPにログインをします。

「お客様情報の設定・変更」で「ポイント・楽天銀行連携・友達紹介」を選択。
SPUの「利用設定をする」のボタンをクリックすると、設定を開始できます。

あるいは、投資信託の買い付け画面からも設定することが可能です。


(引用元:楽天証券HP操作画面より一部抜粋)

次に、楽天IDでログインをします。
楽天市場で使っているID・パスワードを入力します。


(引用元:楽天証券HP操作画面より一部抜粋)

注意事項を確認したうえで、会員情報連携の同意をします。
問題が無ければ「同意する」をクリックします。


(引用元:楽天証券HP操作画面より一部抜粋)

ここまでの作業を終えると、無事に設定終了です。


(引用元:楽天証券HP操作画面より一部抜粋)

SPU適用に必要な楽天スーパーポイントコース設定について、公式HPではこのように書かれています。

Q.楽天スーパーポイントコース設定※とは何ですか?
A.楽天スーパーポイントを投資にご利用いただくために必要にな設定です。
※2018年8月31日以前に、楽天証券ですでに「楽天スーパーポイントコース」を選択されている方も、会員情報連携の同意が必要なため、再度設定いただく必要があります。
(引用元:SPUスーパーポイントアップ|楽天証券より一部抜粋)

ここで説明したSPU利用設定は、会員情報連携の同意をするための作業。
楽天証券ですでに「楽天スーパーポイントコース」を選択している場合は必須になります。

楽天経済圏の快進撃によるtsumiki証券への影響

楽天経済圏による一連の快進撃ですが、何故このタイミングなのでしょうか。
おそらく、キッカケとなったのは丸井グループによるtsumiki証券設立です。

tsumiki証券は、丸井グループが設立した積立専用の証券会社。

tsumiki証券|エポスカードでつみたてNISA・ポイントもたまる
つみたてNISA対象の投資信託をエポスカードでつみたて・ポイントもたまる。口座開設手数料0円。販売手数料も0円。マルイ店頭でのサポートで安心。つみたてをはじめるならtsumiki(つみき)証券

若者世代の資産形成を後押しするのが、tsumiki証券のコンセプト。
エポスカードによる積立投資を可能として、注目を集めました。

ただ蓋を開けてみると、ポイント還元率は0.1%~0.5%とのこと。
0.5%となるのは早くても5年後で、さほどお得感はありません。

楽天によるSPU施策は、ポイント投資をアピールする絶好の機会となりました。
関連して、積立投資やクレカ買付による1%還元施策もPR効果が期待できます。

tsumiki証券にとって、楽天による怒涛の施策ラッシュは大きな痛手となります。
少なくともネットユーザーは、丸井ではなく楽天経済圏に流れ込むことでしょう。

一方で、マルイ実店舗やエポスカード既存会員への営業には効果が期待できます。
逆に言えば、リアルチャネルのセミナーや説明で地道に集客するほかありません。

既存客の囲い込み戦略と割り切って、考えていくしかないでしょう。

楽天経済圏による積立投資普及に期待

SPUのポイント制度では、積立投資は必須要件ではありませんでした。
ただ、SPUを常に適用させるにはポイント利用の積立投資が便利です。

楽天カード利用による積立投資も、使い方によってはお得感があります。

楽天経済圏に飛び込んだ方が、トータルでお得に過ごすことができる。
と同時に、積立投資の裾野を広げてくれる大きな可能性を秘めている。

そう感じさせる施策が次々と発表されたのは、評価されるべきです。

楽天経済圏という楽天グループの戦略に、上手く乗り続けていく。
決意を新たにしつつ、楽天グループの今後の展開にも期待しています。

 

関連記事紹介

楽天経済圏でお得に生きていく方法の一つに、楽天証券×楽天銀行の連携があります。
つみたてNISAで積立投資を続けると、面白いほどにポイントがザクザク貯まります。

楽天証券&楽天銀行のハッピープログラムでポイントをザクザク貯める方法
ワタシは、つみたてNISA口座を楽天証券で開設しています。選んだ理由はハッピープログラムというポイントサービスの存在です。この記事では、お得なハッピープログラムの魅力、登録手順やポイントをザクザク貯める具体的な活用方法をお伝えします。

ポイント投資という制度は、楽天証券ならではのサービスです。
楽天通常ポイントの出口として、ワタシは以前から活用しています。

楽天スーパーポイントによる投資信託購入総額が20,000円を突破
楽天証券では、楽天スーパーポイントを利用して投資信託を買うことができます。ワタシはポイント投資を始めて3ヵ月で、購入総額20,000円を突破!この記事では、楽天スーパーポイントをどのように貯めたのか、また「ポイント投資のポイント」をお伝えします。

◆よかったらフォローしてください◆

▼応援もらえると嬉しいです▼
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

コメント

  1. くまさん より:

    SPU手続き完了出来ました。楽天ユーザーは最近なのでよく分からんでしたが・・・。つみたてNISAはマネックスで行ってますが、来年度は楽天へ引っ越し確定です。銀行と一体だし、投信のラインナップ豊富だし、現物手数料も安いし。

    • 青井ノボル 青井ノボル より:

      コメントありがとうございます。
      手続きが無事に完了ということで何よりです。
      ワタシはiDeCoをマネックスにしてます。本当は楽天したいところですが、商品ラインナップ以外にさほど差別化要因もなくて。本当は楽天で統一できたら嬉しかったです(^_^;)