米国株式(S&P500)は9営業日で全世界株式(3地域均等型)超えを達成

投資信託・ETF

青井ノボルです。

先日新規設定されたeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の勢いが止まりません。

設定日である2018/7/3から9営業日目の2018/7/13、純資産総額が3億円を突破しました!

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産総額は、2018/7/13時点で3.15億円です。
新規設定から3ヵ月以上経過している全世界株式(3地域均等型)の純資産総額超えを達成しました!

全世界株式(3地域均等型)が不人気なのか、米国株式(S&P500)が人気なのか。
どちらの要素もあると思いますが、9営業日で超えてしまうとは驚きを隠せません。

この記事では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が全世界株式(3地域均等型)の純資産総額をたった9営業日で超えた理由とライバルファンドとの差について考えていきます。

Sponsored Link

思わぬタイミングで新規設定を発表

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、不意打ちともいえるタイミングで登場しました。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を徹底調査してみた
三菱UFJ国際投信は本日、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を新規設定する旨をリリースしました。この記事では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)について、ワタシなりに調べた結果をできるだけ詳しくお伝えします。

新規設定のニュースを目にしたときに書いた上記の記事でも触れた通り、本当に想定外でした。

タイミングとしては、つみたてNISAがスタートしてから半年という落ち着いた時期です。
つみたてNISAが始めった直後は新規設定ニュースも多かったですが、ひと段落していました。

また、米国株式(S&P500)は、eMAXIS(Fat) シリーズとのマザーファンド共有作戦が使えません。
そのため、新規設定されることの無い資産クラスだと思っていた人は多かったハズです。

サプライズだったこともあり、多くのブロガーがこの件を取り上げました。
投資ブロガーにとっても、意外性のあるニュースだったという証左ですね。

不人気な全世界株式(3地域均等型)

一方で、設定以来パッとしないのがeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)です。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)は不安の残る幕開け
2018/4/3に設定されたeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)が、SBI証券・楽天証券で買い付け可能となりました。今回は、当ファンドの人気動向を予想しながら、設定直後の各種ランキングについて調べた結果を書いていきます。
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型) 設定から1ヵ月経過するも厳しい状況
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)が設定されてから1ヵ月が経ちました。 さて、話題性の高まりが落ち着きを見せている当ファンドですが、純資産総額などの状況はどうなっているのでしょうか。 この記事では、設定から1ヵ月経過したeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)について書いていきます。

設定間もない時期から厳しい状況でしたが、未だに好転せず。

ネットで比較検討して選ぶ層には、好まれない投資信託かもしれません。
少なくともワタシには、あえて3地域均等型を選ぶべき理由が思い浮かばないです。

さて、eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の純資産総額推移を確認してみます。


(引用元:eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等)公式HPより一部抜粋)

基準価額は上下に大きく振れていますが、純資産総額はコツコツ積み上がっています。
とはいえeMAXIS Slim シリーズの別ファンドと比較すると、少し寂しい気はします。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の純資産総額は、2018/4/13時点で3.09億円です。

9営業日で3地域均等型超え

さて、設定間もないeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の純資産総額も確認します。


(引用元:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)公式HPより一部抜粋)

設定から9営業日のグラフなので、ガクガクの折れ線グラフになっていますね。
2018/7/3の新規設定から9営業日目である2018/7/13時点で、純資産総額は3.15億円

冒頭でもお伝えした通り、たった9営業日で全世界株式(3地域均等型)の純資産総額超えを達成です。
これが人気ファンドと不人気ファンドの差なのかと考えると、世の中は残酷ですね。

最大のライバルである楽天VTIの背中はまだまだ遠い

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の勢いは本当に凄いの一言に尽きます。
わずか9営業日で純資産額額3億円を突破したのは、実に素晴らしいです。

しかしながら、これには米国株投資ブームが背景にあります。
米国株式クラスのライバルファンドとの比較こそが大事です。

まずは、iFree S&P500インデックスとの比較です。
2018/7/3→7/13で、純資産総額が3.55億円増でした。

次に、最大のライバルである楽天VTIと比較します。
同じ期間で、純資産総額は11.71億円増となっています。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は3営業日まで純資産総額が増えませんでした。
それを考慮すると、資金流入ペースは現時点でiFree S&P500インデックスとほぼ互角

設定間もないファンドとしては、大健闘の結果ではないでしょうか。

一方で、楽天VTIと資金流入ペースでも大差があることは数字からも明らかです。
もちろん、単純に純資産総額で比べても楽天VTIは150億円を突破して絶好調。

emAXIS Slim 米国株式(S&P500)が目指すべきは、米国株式クラスのNo.1ファンド
楽天VTIの背中はまだまだはるか遠くですが、一歩ずつ近づいて欲しいですね。

eMAXIS Slim シリーズは人気を集めることが重要

業界最低水準のコストを将来にわたってめざし続ける、eMAXIS Slimシリーズ。
このコンセプトを守り抜けるかどうかは、ファンドの人気こそが重要課題です。

米国株式(S&P500)には、このままの勢いで純資産総額を積み上げて欲しい。
そして、全世界株式(3地域均等型)には期待して良いのか正直分かりません。

ただ、どちらのファンドにも頑張って欲しいと思っています。

超低コストファンドの新時代を切り開いてくれたeMAXIS Slim シリーズ。
これからの動向に期待したいですし、今後も見守っていきます。

 

関連記事紹介

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は順調すぎるスタートを切りました。
これからも更に人気を集めていくことを、こっそり期待しています。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は滑り出し絶好調
2018/7/3に設定されたeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が、ネット証券4社で買い付け可能となりました。この記事では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の人気動向を予想しながら、設定直後のランキング結果結果を書いていきます。

同じ全世界株式なら、ワタシは3地域均等ではなく時価総額比で投資したい。
そのように考えに至った経緯について、改めて整理してまとめた記事です。

3地域均等より時価総額比の全世界株式が良いと感じる唯一の理由
先日、ブロガーミーティング内容を活用したeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)のウェブ広告を作成したとの連絡がありました。この記事では、ワタシが3地域均等ではなく時価総額比率の全世界株式に投資したいと考える理由について、改めて書きます。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

コメント