eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の実質コストを推測

投資信託・ETF

青井ノボルです。

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)ですが、2018/4/25に初回決算を迎えました。

通常、決算の約2ヵ月後には運用報告書が公開されます。
これは予想ですが、6月下旬には公開されるものと思われます。

eMAXIS Slim シリーズの運用報告書公開は6月下旬か
eMAXSI Slim シリーズの多くは2018/4/25に初回の決算日を迎えました。投資信託では決算後、実質コストなどが記載された運用報告書が公開されます。この記事では、公開間近のeMAXSI Slim シリーズの運用報告書公開時期を予想します。

ところで、運用報告書をみれば信託報酬を含めた実質コストが判明します。

この記事では、eMAXIS TOPIXの実質コスト(2018/1/26決算)を参考に、eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の実質コストを推測していきます。

Sponsored Link

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の概要

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)は、国内株式インデックスを対象としたファンドです。
TOPIX(東証株価指数)をベンチマークとして、連動した値動きを目指しています。

TOPIXは、東証一部上場の国内株式全銘柄を対象として、浮動株調整時価総額加重平均により算出される指数です。

「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」を掲げるeMAXIS Slim シリーズのひとつです。
当ファンドも、ライバルへの対抗措置として2017/11/10に信託報酬年0.17%→0.159%の引き下げを実施しています。

超低コストへの意気込み、そして有言実行の姿勢が評価され、国内株式(TOPIX)のなかでも人気のファンドとなっています。

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) | eMAXIS
「eMAXIS Slim 国内株式(TOP&#6532...

さきほども触れた通り、現時点における信託報酬は年率0.159%(税抜)となっています。

ファンドの基本構造はeMAXIS TOPIXと一緒

eMAXIS Slim シリーズが設定される以前から、元祖ともいうべきeMAXISシリーズがあります。

eMAXIS Slim シリーズは販路をネット系に絞り込むことで、超低コストを実現しました。
一方のeMAXISシリーズは、実店舗を有する金融機関でも広く扱われているのが特徴です。

前述の違いはあれど、eMAXIS TOPIXとeMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の基本構造、実は一緒だったりします。
というのも、どちらの運用もファミリーファンド方式であり、マザーファンドが共通しています。

まず、eMAXIS TOPIXの仕組みを図式化した資料がこちら。


(引用元:eMAXIS TOPIX交付目論見書より一部抜粋)

三菱UFJ国際投信が運用しているTOPIX連動のマザーファンドへ投資するシンプルな構造です。

次に、eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の仕組みはこちら。


(引用元:eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)交付目論見書より一部抜粋)

当ファンドの名称が書かれたベビーファンドの部分以外は、eMAXIS TOPIXと一緒であることが分かります。

そのため、実質コストのうち信託報酬を除いた部分はほぼ一緒のコスト構造である可能性が高いです。
更に、決算日についても3ヵ月ズレているだけなので、大きな差は出ないと推測されます。

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の実質コストを推測してみる

当ファンドの実質コストについて、信託報酬以外はeMAXIS TOPIX(2018/1/26決算)と同一であると仮定します。
信託報酬は、当ファンドの交付目論見書にて公表されている数字を用います。

この場合、eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の実質コストは下記の通り推測されます。

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の実質コスト(推測値)は、年率0.165%(税抜)です。

もともと信託報酬が超低コストですが、その他のコストはほとんど掛かっていません。

信託報酬≒実質コストなので、正式な実質コストとの乖離は限定的と推測されます。

国内株式(TOPIX)の資産クラス内でファンドを比較する場合は、信託報酬を比べるだけで十分かもしれません。

ちなみに、ETFのTOPIX連動型上場投資信託(1306)の場合、信託報酬は年率0.11%です。
マーケットメイク制度が機能して流動性が高くなれば、こちらも選択肢のひとつになりそうです。

全世界株式のポートフォリオを構成する重要なファンド

時価総額比率の全世界株式に投資したい場合、どのような選択肢があるでしょうか。

バンガード・トータル・ワールド・ストック(VT)は、超有名な米国籍ETFのです。
FTSE グローバル・オールキャップ・インデックスをベンチマークとしています。

また、投資信託では楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)もあります。
VTにひたすら投資する投資信託なので、いわゆるファンド・オブ・ファンズですね。

こうした選択肢であれば、1本のファンドで全世界株式に投資することができます。

ただ、米国籍ETFのVTにはドル転や確定申告の手間がかかります。
楽天VTは決算前ですが、実質コストが割高である可能性が否定できません。

また、時価総額比率以外で全世界株式に投資したいというニーズも根強くあります。

こうした事情もあって、eMAXIS Slim シリーズで全世界株式に投資する人も多いと思います。

eMAXIS Slim シリーズで全世界株式に投資する場合、国内株式の選択肢はTOPIXと日経平均の2つ
正確にはeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)を活用する方法もありますが、ここでは割愛します。

時価総額比率で投資したい場合、あるいは数多くの銘柄に分散したい場合には、TOPIXがおススメです。
このとき、emAXIS Slim 国内株式(TOPIX)は個人投資家にとって重要な役割を担うファンドなのです。

コスト面での更なる差別化に期待

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の場合、他の資産クラスよりもコスト競争が緩いイメージがあります。
以前から競争が激しかったのでコスト引き下げの余地が少ない、という実態があるのかもしれません。

それでも、他社ファンドと比較してコスト優位性に乏しいのは寂しいところです。

eMAXIS Slim 先進国株式のような、他を圧倒する信託報酬の引き下げは難しいかもしれません。
それでも、eMAXIS Slim シリーズなら何かやってくれるのではという淡い期待も抱いています。

当ファンドにも投資している個人投資家としては、コスト面での更なる差別化を勝手に期待しています。
そして、今後も当ファンドの動向に注目していきたいと思います。

 

■関連記事紹介■
eMAXIS Slimシリーズが何故コスト競争力を維持できるのか。
信託報酬引き下げの秘訣について、ある側面から考えてみました。

eMAXIS Slim シリーズ 信託報酬引き下げの秘訣
eMAXIS Slim シリーズは「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」を掲げるファンドシリーズです。今回は、eMAXIS Slim シリーズの肝ともいえる信託報酬を引き下げることができる秘訣を探っていきます。

eMAXIS Slim シリーズには、現時点で9本のファンドが設定されています。
三菱UFJ国際投信公式HPのランキングを確認すると、面白い傾向がありました。

eMAXIS Slim シリーズの売れ筋ランキングが面白い
青井ノボルです。 三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slim シリーズは、ネット専売の超低コストファンドシリーズです。 「業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続ける」が当シリーズのコンセプト。 他社のファンドに徹底対抗して信託報酬の引き下げを実施することで、人気を集めています。 今回は、eMAXIS Slim シリーズの売れ筋ランキングについてお伝えするとともに、人気ファンドの傾向について考察します。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

コメント