eMAXIS Slim 国内リート・先進国リート追加で完成形へ

投資信託・ETF

青井ノボルです。

2019/10/31、eMAXIS Slim シリーズに新たなファンドが追加です。
国内リートおよび先進国リートが加わり、13ファンドとなりました。

新しい資産クラスを追加し、eMAXIS Slim シリーズは一応の完成形。
ファンドラインナップを更に増やす予定は、今のところ無いようです。

資産形成に資するインデックスファンドは、これで十分。
この判断について、ワタシは好意的に受け止めています。

この記事では、eMAXIS Slim 国内リートと先進国リートが追加されたこと。
また、Slim シリーズが一応の完成形となったことについて書いていきます。

スポンサーリンク

Slim シリーズに国内リートと先進国リートが追加

eMAXIS Slim シリーズでのファンドの新規設定は久し振りのこと。
1年前に全世界株式(オール・カントリー)が設定されて以来です。

今回追加されたリートは、不動産投資信託証券に投資をするファンド。
ざっくり言えば不動産に投資をしてリターンを得るという仕組みです。

多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品です。不動産に投資を行いますが、法律上、投資信託の仲間です。
もともとは、REITという仕組みはアメリカで生まれ、「Real Estate Investment Trust」の略でREITと呼ばれています。
(引用元:そもそもJ-REITとは?|投資信託協会)

国内リートは、東証上場REITで構成された指数へ連動を目指します。
ファンドを通じて国内の実物不動産を購入し、リターンを狙います。

不動産の売買益というよりは、賃料収入を主な収益源としていて。
経費差引後の収益に基づいて分配金を得るという資産クラスです。

先進国リートは、S&P先進国REIT(除く日本)への連動を目指し。
日本を除く先進国の実物不動産に投資をするイメージとなります。

旧eMAXISでも同様のファンドあり

eMAXIS Slim シリーズで新規設定された、国内リートと先進国リート。
三菱UFJ国際投信で初運用されるのではなく、既存ファンドがあります。

以前から運用されていた、eMAXIS 国内リートとeMAXIS 先進国リート。
どちらにもマザーファンドがあって、長らく運用がされているようです。

2009/10/28に設定されているので、10年超ということでしょうか。
東証REIT指数、S&P先進国REIT(除く日本)への連動を目指します。

国内リートのマザーが約238億円、先進国リートが約197億円です。
ゼロからのスタートではない、というのは安心材料かなと思います。

そのほか、当該マザーファンドには8資産均等型からも流入があり。
旧eMAXISおよびeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)ですね。

人気のバランスファンドですし、安定的な資金流入が見込めます。
マザーファンドの規模や資金動向に、大きな問題は無さそうです。

分配金を抑制する可能性が高そう

前述の通り、REITといえば定期的に分配金を得るのが一般的です。
本ファンドの分配金はどうなるのかも、ちょっと気になるところ。

これについては、おそらく抑制するのではないかと考えています。
理由は2つあって、ひとつは旧eMAXISシリーズの分配金実績です。

論より証拠ということで、eMAXIS 国内リートの実績は下記の通り。

決算日 基準価額 分配金実績
(税引前)
2019年1月28日 28,831円 0円
2018年1月26日 26,466円 0円
2017年1月26日 26,824円 0円
2016年1月26日 23,701円 0円
2015年1月26日 26,426円 0円
2014年1月27日 19,491円 0円
2013年1月28日 15,077円 0円
2012年1月26日 10,263円 0円
2011年1月26日 12,864円 0円
2010年1月26日 10,033円 0円
設定来累計 0円

(引用元:eMAXIS 国内リート|三菱UFJ国際投信)

なお、先進国リートも同様に分配金実績はこれまでゼロ

分配金を抑制して再投資、基準価額を底上げしています。
数十年スパンの長期投資で考えれば、ありがたい話です。

旧eMAXIS シリーズで実践してきた運用方針を踏襲する。
同じ運用会社の商品ですから、可能性は高いと考えます。

2つ目の理由は、先日のブロガーミーティングでの発言です。
分配金の方針を変えることはないというニュアンスでした。

長期保有を前提としたSlimでは、基準価額を上げていくことが一番大事。
基本的には分配金を抑制していきたいと考えている。
ブロガーミーティング質疑応答にて代田常務発言)
一般論として、長期であれば無分配型のほうが有利ではないかと思われる。
今後は分配金を出していく、オススメするというメッセージではない。
ブロガーミーティング外税控除制度改正の補足説明にて代田常務発言)

以上のことから、ワタシは分配金を抑制していくものと考えています。

eMAXIS Slim シリーズは完成形へ

eMAXIS Slim シリーズは、リートが2本追加され全13本のラインナップに。
新ファンドの追加は原則としてこれで終わり、一応の完成形となりました。

ベーシックな資産クラスといえば、残りは新興国債券くらいでしょうか。
それでも組み入れる優先順位は低い気がしていて、個人的には納得です。

選択肢が多すぎると、何を選んでよいのか分からなくなってしまう。
自信をもって選び、そして選択に満足する可能性が高まるのは5~9。

これは「選択の科学」という本にも登場する、ジャムの法則です。

13本というラインアップはやや多いですが、多過ぎないという印象。
全世界株式(3地域均等型)は、結果的に余計な設定だったのかも。

eMAXIS Slim シリーズは、資産形成に資するファンドという趣旨。
これ以上ラインナップを増やすのは、得策ではないと考えています。

完成形となった全13本のファンドを、1本ずつ大切に育んで欲しい。
そんなことを期待しつつ、国内リート・先進国リートを見守ります。

関連記事紹介

細かい部分であっても、丁寧に改善を続けてきたという歴史がある。
そのことが、ファンドシリーズへの信頼に繋がっていると思います。

進化を続けるeMAXIS Slimに敬意を表します
eMAXIS Slimは超低コストの維持に加え、ベンチーマーク変更と他社追随範囲拡大を発表しました。これは素晴らしいです。投資家目線の改善を積み重ねる姿勢に、ワタシは敬意を表します。この記事では、進化を続けるeMAXIS Slimについて書いていきます。

個人投資家にとって、優良な選択肢が増えているのはとても良いこと。
様々な選択肢の中、ワタシはeMAXIS Slim シリーズを選択しています。

海外ETFではなく投資信託(eMAXIS Slim)を選ぶ理由
インデックス投資をするには、インデックス型投資信託か上場投資信託(ETF)を買うのが一般的だと思います。両者とも運用の目的は一緒なのですが、相違点もあります。この記事では、ワタシが海外ETFではなく投資信託を選んでいる理由について書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました