eMAXISなんでもランキング(2019年1月)

投資信託・ETF

青井ノボルです。

ノーロードインデックスファンドでトップシェアの三菱UFJ国際投信。
eMAXISシリーズやネット限定のeMAXIS Slimシリーズを展開中です。

特にeMAXIS Slim シリーズの人気は高く、FOY2018で複数が上位に。
業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける、流石です。

eMAXISシリーズ公式HPのなかで、密かに公開されているコンテンツ。
人気や売れ筋が一目でパッと分かる、eMAXISなんでもランキングです。

この記事では、2019年1月のeMAXISなんでもランキングについて考察します。

Sponsored Link

月次販売額ランキング

まずは、2019年1月の月次販売額ランキングです。
このランキングでは、いま売れ筋のファンドが分かります。

計算期間は、2019年1月1日~31日です。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信

2019年1月のランキングは、波乱の多い結果となりました。

eMAXIS 日経225が、定番の第1位からついに陥落しました。
最近は資金流入出が激しい印象があり、ある意味納得です。

新しく第1位に輝いたのは、eMAXIS Slim 先進国株式です
FOY2018で第1位に輝いた、個人投資家から人気のファンド。

eMAXIS Slim シリーズの代表として大活躍しています。
超低コストファンドの筆頭として、今後も期待ですね。

新たな第2位は、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。

高い人気を博しているファンドが、ここまで登り詰めるとは。
純資産総額も大台の100億円を突破し、好調を維持しています。

この勢いを止めずに、純資産総額を積み上げて欲しいと思います。

また、注目すべきはeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)。
月次販売額ランキングで、はじめてトップ10にランクインしたのです。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、徐々に注目されています。
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018では第3位に入るなど好調です。

個人投資家のなかで、期待が集まっているファンドであると感じます。
iDeCoではまだ取り扱いが無いので、良いニュースに期待しましょう。

月次純資産残高ランキング

続いて、2019年1月の月次純資産残高ランキングです。
運用と資金流入で積み上がった純資産残高の順位が分かります。

対象は、2019/1/31時点の純資産残高です。


(引用元:eMAXISなんでもランキング|三菱UFJ国際投信

このランキングは、運用歴の長いeMAXISシリーズが有利です。
eMAXIS 先進国株式が、再び1位に返り咲く結果となりました。

また、何と言ってもeMAXIS Slim 先進国株式が遂に第3位へ。
第5位から一気に2ランクアップしたインパクトは大きいですね。

相場環境が冴えないなかで、純資産総額300億円も達成しました。

eMAXIS Slim 先進国株式が、eMAXIS 先進国株式を超える日も近い。
本当の意味でファンドの世代交代となる、歴史的瞬間が楽しみです。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)も、健闘を続けています。
資金流入がコンスタントに続いているのが最大の特徴でしょうか。

積立投資の選択肢として、多くの個人投資家に選ばれています。
安定した資金流入は、積立投資で選ばれているという証左です。

eMAXIS Slim 新興国株式も、根強い人気を誇っています。
資金流入が続いていて、今後の伸びも期待できそうです。

eMAXIS Slim シリーズのコンセプトは強い

eMAXIS Slimは、業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続けるファンドシリーズ。
ネットに販路を絞って超低コストを実現、資産形成のツールとして徐々に定着してきました。

FOY2018で上位に複数ファンドがランクインしたのは、象徴的な出来事でした。
eMAXIS Slim シリーズのコンセプトが浸透し、信頼を獲得したのだと感じます。

1月にも、他ファンドへの信託報酬対抗引き下げをしっかりと実行しました。

今回は、TOPIX連動のファンドに対する信託報酬対抗引き下げだったのですが。
eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)の信託報酬引き下げも実施するとのこと。

ベンチマークが違っても、同じ資産クラスであれば徹底対抗する方針です。
また、実際の信託報酬引き下げのタイミングはeMAXIS Slimのほうが先。

コンセプトを愚直に体現しながら、対抗引き下げにベストを尽くす。
この姿勢こそが、個人投資家から支持を集める理由なのだと思います。

ここまで徹底していると、安心して積立投資ができますね。
eMAXIS Slim シリーズは、信頼を勝ち取りつつあります。

掲げているコンセプトは力強いものですから、あとは実行力。
今後も有言実行で、純資産総額を伸ばしてほしいと思います。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

関連記事紹介

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は、地味ですが人気があります。
いぶし銀な活躍で、今後もeMAXIS Slim シリーズを牽引するでしょう。

いぶし銀なeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)が200億円突破
いぶし銀の活躍を見せる、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)。目立ちはしませんが、確かな人気を誇る地味に凄いファンドです。この記事では、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)が200億円を突破したことについて書いていきます。

海外ETFよりも、今の環境であれば投資信託を選択するのがベター。
投資環境が整備されたいま、eMAXIS Slimは良い選択だと思います。

海外ETFではなく投資信託(eMAXIS Slim)を選ぶ理由
インデックス投資をするには、インデックス型投資信託か上場投資信託(ETF)を買うのが一般的だと思います。両者とも運用の目的は一緒なのですが、相違点もあります。この記事では、ワタシが海外ETFではなく投資信託を選んでいる理由について書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました