投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018の順位予想

投資イベント

青井ノボルです。

いよいよ今週末、年に一度の楽しみなイベントが開催されます。
そう、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」です。

ブログを書き始めた頃、FOY2017参加記事を読んで憧れていました。
投票はもちろんのこと、表彰式や懇親会も楽しそうなイベントです。

ブロガーとして投票し、表彰式で順位を見届けて、いざ懇親会へ。
FOY2018はフル参加の予定なので、いまから楽しみにしています。

さて、本イベントはブロガーが投資信託を選ぶという趣旨です。
より良い投資環境を作るために、良いと思えるファンドを選ぶ。

FOY2018で、投信ブロガーから選ばれるファンドは何でしょうか。
この記事では、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」の順位を勝手ながら予想します。

Sponsored Link

イベントの趣旨を改めて確認

第12回目となる「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」。
イベントの趣旨は、個人投資家として共感できる内容だと感じます。

FOY2018の公式HPには、下記の通り記載されています。

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?
証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。
(引用元:投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018

投資のプロでも何でもない、個人投資家が書いているブログ。
自分なりに投資と向き合いながら、個人目線で書いています。

心から良いと思えるファンドを選んで広め、良い投資環境とする。
より良い投資環境を作るのは、未来への種まきにもなります。

FOYに限らず、先人の積み重ねによって投資環境が整備されています。
いまの恵まれた投資環境があるのは、諸先輩方の努力の結晶ですね。

2018年時点の環境で、良いと思えるファンドを選んで投票する。
自分なりの視点でしっかり考えて、投票することで未来に繋ぐ。

そういう趣旨のイベントではないかと、勝手に解釈しています。

2018年に良いファンドを選ぶ

2018年の投資環境は、本当に恵まれた状況だった思います。

つみたてNISAやiDeCoといった非課税制度が充実しています。
また、つみたてNISA開始を契機に超低コスト化も進みました。

超低コスト化を推し進めたのは、eMAXIS Slim 先進国株式。
ワタシはそうした考えのもと、FOY2018の投票を行いました。

ワタシの考え方が全てではないし、人によって捉え方は違います。

全員が、2018年に自分が心から良いと思えるファンドに投票する。
様々な視点で考えて、投票して、総合的な結果が順位となります。

FOYは、個人投資家がみんなで決めることに意味がありそうです。

青井ノボルのFOY2018順位予想

独断と偏見で、投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018の順位予想です。

昨年の覇者は楽天VT、それまでは3年連続でニッセイ外国株式がトップでした。
インデックスファンドが上位を占める傾向は、これまでと変わらないでしょう。

きっと、全世界株式・先進国株式・米国株式クラスが人気となりそうです。
信託報酬が低いファンドが好まれる傾向も強いだろうと想像をしています。

こうした点を踏まえて、青井ノボルによるFOY2018の順位予想です。

順位 ファンド名
1位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式
2位 eMAXIS Slim 先進国株式
3位 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
4位 楽天VT
5位 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
6位 楽天VTI
7位 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
8位 eMAXIS Slim 新興国株式
9位 VT
10位 セゾン・バンガード・グローバルバランス

皆さんの予想と比べて、いかがでしょうか。

トップ3はこの3本で自信あり

まず上位陣ですが、トップ3については密かに自信があります。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式は、過去に3年連続第1位。
FOY2017は第2位に転落しましたが、今も高い人気をキープしています。

「チームニッセイ」とも言われるファンの連携は強い気がします。
超低コストファンドとして君臨し続けている、貴重な存在です。

eMAXIS Slim 先進国株式も、素晴らしいファンドだと思います。
ただ、信託報酬引き下げへの評価がまだ低い気もしています。

徹底的な信託報酬の対抗引き下げを支持する人が居る一方。
自主的には引き下げない、という捉え方をする人もいます。

おそらく、第2位に留まってしまうのではと推測します。

第3位は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)。
MSCIジャパンのマザーを新規設定した点が評価されそうです。

eMAXIS Slimで設定された、時価総額全世界株式ファンドです。

楽天VTの実質コストが想定以上に高いニュースも重なりました。
超低コストへの期待も込めて、ランクインすると推測します。

根強い人気のファンドにも期待

トップ10の順位予想をすると、その多くはeMAXIS Slim シリーズ。
超低コストファンドばかりなので、おそらく間違いないでしょう。

そのほかに、どんなファンドがランクインするだろうか。
そう考えると、楽天バンガードの2本も強いと感じます。

バンガードのブランドイメージは、最強クラスです。
実際に高い人気を誇るファンドですし、期待ですね。

あとは、根強い人気を誇るVTも食い込んでくるでしょう。
過去に第1位を取ったこともある、超有名な海外ETFです。

また、中野社長ファンが多いセゾン・グローバル・バランス。
アクティブファンドですが、根強い人気があると思われます。

個人的には、株式:債券を半々とすることを確約していない。
インデックスっぽいのに、そうではない点に疑問が残ります。

注目の順位発表まであと少し

FOY2018の表彰式は、2019/1/13にイベントとして実施されます。
ワタシは当日、表彰式に参加して順位発表を聞いてくる予定です。

どのファンドが上位に入るのか、ワタシの予想は当たっているのか。
また、ワタシが全5票を投じたeMAXIS Slim 先進国株式の行方は。

投信ブロガーが良いと思えるファンドに、何が選ばれるのか。
多くの人が参加したFOY2018の結果、どうなるか楽しみです。

泣いても笑っても、表彰式の会場で結果が全て明らかになります。
当ブログでは、できるだけ早く発表順位を共有したいと思います。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

関連記事紹介

インデックス投資界隈は、有志によるイベントが充実しています。
インデックス投資ナイトも長年続いているイベントのひとつです。

インデックス投資ナイト2018に参加しました
インデックス投資ナイト2018に初参加!時間が経つのはあっという間ですね。ネットでは情報を取捨選択しがちなので、イベントで様々な考え方に触れるのは良いこと。この記事では、インデックス投資ナイト2018の内容、感じたことや考えたことについて書き綴ります。

大規模オフ会は、多くの人と知り合うきっかけとなります。
一方で小規模オフ会も、じっくり話ができるのが良いです。

小規模オフ会の第3回ラーメンずずず会に参加しました
先週の金曜日、第3回ラーメンずずず会に参加してきました。忘年会シーズンに、お馴染みのメンバー4人でずずず会です。今回も、リラックスしたムードのなか楽しいひとときでした。この記事では、小規模オフ会の第3回ラーメンずずず会に参加した話を書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました