楽天カードクレカ決済の投信積立設定は簡単だけど止めました

節約・節税

青井ノボルです。

2018/10/28、楽天カードクレジットカード決済で投資信託積立設定が可能となりました。

クレカ決済により、楽天カード側で積立額の1%分のポイント付与されるのが最大の特徴。
積立投資をしながらポイントを獲得できるという新しさが、大きな話題となっています。

仕組みはやや複雑ですが、積立設定自体はとても簡単に終わります。
実際にクレカ登録まで済ませましたが、ワタシは止めておきました。

ポイント獲得よりも優先させたいことを、確実に行うためです。

この記事では、楽天証券による楽天カードクレカ決済の投資信託積立設定の方法を解説します。
また、ワタシがなぜクレカ決済の積立設定を途中で止めたのかについて書いていきます。

Sponsored Link

楽天カードクレカ決済の2つの利点

楽天証券の楽天カードクレジットカード決済で、投資信託の積立投資ができる。
長期分散積立投資のすそ野を広げる、画期的なサービスになると思います。

楽天カードのクレカ決済には、大きく分けて利点が2つあると考えています。
1点目は、非常に分かりやすいメリットとしてポイント還元が挙げられます。

月50,000円までという上限はありますが、積立投資に対してポイントが付与される。
楽天カードクレカ決済で還元率1%となることは、大きなインパクトがあります。

付与されるポイントは、楽天経済圏で使える楽天スーパーポイントです。
日常的なサービスをカバーする楽天経済圏なので、使いやすさは抜群。

人によって感覚は異なりますが、私にとってはほぼ現金のような印象です。

もちろん消費するだけでなく、楽天証券でポイント投資にも活用できます。
ポイントが付与され、そのポイントが使いやすいことは大きな利点です。

2つ目の利点は、カード決済のため実質的な後払い投資ができること。
一定の割引率で現在価値を試算したところ、若干のメリットがありました。

詳細は、こちらの記事をご参照ください。

楽天カード×楽天証券の積立投資が有利である2つのポイント
青井ノボルです。 2018/10/27より、楽天カード決済で楽天証券の積立投資がスタートします。 カード決済によりポイントが付与される、とてもお得感がある制度です。 先日、つみたてNISAで楽天カード決済活用という観点で記事を...

楽天カードのクレカ決済による積立投資、節約に繋がるのは間違いなさそうです。

投資信託積立設定は簡単です

楽天カードのクレカ決済でポイント獲得するには、投信の積立設定が必要です。
実際に操作をしてみましたが、とても簡単な操作だけで積立設定は終わります。


(引用元:楽天カードクレジット決済で投信積立ができる!10月28日(日)よりスタート|楽天証券

上記の画像でいうと、STEP2が積立設定になります。
積立注文の引落口座で、楽天カードクレカ決済を選択します。


(引用元:楽天証券積立投資設定画面)

楽天カードクレカ決済を選ぶと、楽天カードの登録画面になります。
カード番号や有効期限、セキュリティコードなどを入力しましょう。


(引用元:楽天証券積立投資設定画面)

楽天カード情報を登録すると、上記の表示に変わります。
黒塗りの部分には、カード番号末尾4桁が表示されます。


(引用元:楽天証券積立投資設定画面)

楽天カードクレカ決済の場合、積立日は1日に固定されます。
またつみたてNISA口座では、毎日積立が選択できません。

2018/10/28に解禁された、楽天カードクレカ決済の積立投資設定。
初回申込期限は2018/11/12、初回積立日は2018/12/3となります。

2018/12/1は休業日なので、翌営業日の2018/12/3が積立日です。


(引用元:楽天カードクレジット決済で投信積立ができる!10月28日(日)よりスタート|楽天証券

いま申し込んでも、実際の積立投資は12月開始となる点は注意しましょう。

積立設定を止めた理由

前述の通り、楽天カードクレカ決済の積立設定を進めていたワタシ。
クレジットカード登録を済ませて、あとは金額と口座を決めるだけ。

そこまで手続きを進めてみたものの、途中で止めることにしました。
楽天カード決済の積立設定は、現時点で不要と判断したためです。

ワタシの場合、無リスク資産で生活防衛費と教育費を貯めています。

生活防衛費とリスク許容度を再点検(2018年9月時点)
ブログを書き始めてから半年以上が経過した今、投資方針の基礎部分から再点検するのも悪くないかもしれない。相場環境が悪くないうちに、この作業を行っておく意味がある気がしました。この記事では、ワタシの生活防衛費とリスク許容度について再点検をしていきます。

生活防衛費は大丈夫ですが、教育費が目標の1,500万円に達していません。
そのため現在の投資スタンスは、「非課税枠をフル活用」としています。

非課税枠のつみたてNISAとiDeCoは全力活用して投資をします。
非課税枠外では一切投資をせずに、無リスク資産を積み上げます。

2018年のつみたてNISAは、3本のファンドを毎日積立しています。
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)・先進国株式・新興国株式です。

楽天証券つみたてNISA口座は、毎月積立で12月単月の金額変更が不可能。
余っている非課税枠に対して、12分割した金額しか設定できないのです。

1万円程度の余剰枠を、楽天カードクレカ決済で埋めるつもりでした。
ただ残念なことに、楽天証券のつみたてNISA口座ではできないのです。

つみたてNISAの非課税枠を漏れなく使い切ることが、第一優先です。
次に、特定口座での投資をせずに無リスク資産を貯めることが大事。

つまり、特定口座で楽天カードクレカ決済の積立設定をする必要は無い。
ポイント獲得できないのは惜しいですが、無理をするのは本末転倒です。

2019年分のつみたてNISAから、キチンと計算して設定しようと思います。

楽天カードクレカ決済の潜在的なリスク

楽天カードのクレジットカード決済による積立投資。
多くの人にとって、お得となるのは間違いないです。

一方で、お得さに釣られて予定外の投資行動を取ってしまうリスク。
雰囲気に流されて、冷静な判断ができなくなる懸念があります。

ポイントを獲得できるのはお得です。これは間違いありません。
ただ、ポイント獲得が目的にすり替わってはいないでしょうか。

楽天証券の楽天カードクレカ決済は、投資のツールに過ぎません。

「ポイントが貰えるなら、投資額を月50,000円増やそうかな」
「相対的に変動の小さい国内債券でカード決済を利用しよう」

こうした考え方や投資判断を否定するつもりはありません。

本当に必要な投資なのか、ポイントが目的になっていないか。
一度立ち止まって、冷静に考えた方が良いとは思います。

ワタシは、つみたてNISAの非課税枠を使い切ることが最優先。
また、非課税枠外での投資よりも無リスク資産の貯蓄が大事。

そう考えたからこそ、いまは止めておくという選択をしました。

ポイント付与は素晴らしいですが、投資判断と投資行動は冷静に。
お得な制度に隠れたリスクを踏まえ、上手に使いこなしましょう。

 

関連記事紹介

楽天証券のつみたてNISA口座で、楽天カードのクレカ決済を活用すべきかどうか。
ハッピープログラムとの比較をしながら、ポイント付与のお得度を試算しました。

楽天カードを楽天証券つみたてNISA口座で活用すべきか考える
先日、楽天カード決済で投信積立の買付ができるようになると発表されました。月5万円上限で決済金額に対して1%のポイント還元ですが、どんな場合にお得になるのでしょうか。この記事では、楽天証券つみたてNISA口座において楽天カード決済を活用すべきか考えます。

楽天経済圏はお得に溢れた素敵な世界ですが、妄信はしない方が良いと思います。
お得に使える範囲を冷静に判断し、適度な距離感でお付き合いするのが賢明です。

楽天経済圏との上手な付き合い方
ワタシもよく利用している楽天経済圏のお得なポイントサービスは素晴らしいですが、それに踊らされたら本末転倒。目先のお得さに釣られて、節約のつもりで浪費していたら可笑しな話です。この記事では、楽天経済圏との上手な付き合い方について書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント