楽天カード×楽天証券の積立投資が有利である2つのポイント

節約・節税

青井ノボルです。

2018/10/27より、楽天カード決済で楽天証券の積立投資がスタートします。
カード決済によりポイントが付与される、とてもお得感がある制度です。

先日、つみたてNISAで楽天カード決済活用という観点で記事を書きました。

楽天カードを楽天証券つみたてNISA口座で活用すべきか考える
先日、楽天カード決済で投信積立の買付ができるようになると発表されました。月5万円上限で決済金額に対して1%のポイント還元ですが、どんな場合にお得になるのでしょうか。この記事では、楽天証券つみたてNISA口座において楽天カード決済を活用すべきか考えます。

たしかに楽天カード決済は、ポイント付与を加味すると非常に有利な制度です。
それだけでなく更にもう1点、資金の流れを考えたときに有利な点があります。

この記事では、楽天証券における楽天カード決済の積立投資が有利である2つのポイントを書いていきます。

Sponsored Link

楽天カード決済の積立投資にポイントが付く

楽天カード決済が有利となるポイント、まずはポイントが付与される点です。


(引用元:楽天証券HPより一部抜粋)

毎月1日の積立投資が対象となり、月上限金額は5万円という制約があります。
つまり、最大で50,000円×0.01(1%)=500ポイント付与が月上限となります。

上限こそありますが、投資するときにポイントが付与されるとは驚きです。
さらに付与される楽天スーパーポイントは、現金並みに使いやすさ抜群です。

楽天経済圏は幅広いサービスをカバーしているので、使い道には困りません。
ポイントで投資するサービスもあり、最近では積立投資にも対応しました。

投信積立でポイント利用が可能に!2018年9月30日スタート!:楽天証券
これまで投資信託の通常買付でしか利用することができなかったポイントを、投資信託の積立注文にもお使いいただけるようになります!

楽天カード決済でポイントを貯め、ポイントは投資で使い切ってしまう。
ポイントを投資に充てると、単発1%が複利で増えていく可能性があります。

たった1%ではありますが、リスク資産とは違って確実に得られる1%です。
確実に得られる1%を使っても良いですし、投資するという選択肢もある。

楽天カード×楽天証券は、選択肢豊富なポイント制度が非常に有利です。

楽天カード決済だと実質的な後払い投資

ポイントの2つ目は、カード決済特有のキャッシュの動きです。
カード決済時期よりも、現金引落し時期が後倒しになります。

楽天カード決済による積立投資のスケジュールを確認します。


(引用元:楽天証券HPより一部抜粋)

こちらを見ると、1日が積立日となっています。
つまり、毎月1日にカード決済するというワケです。

一方で、カード引落日は毎月27日です。
積立日より約1ヵ月後となります。

これは、実質的な後払い投資ということができると思います。
後払い投資だと、どんな点が有利と考えられるのでしょうか。

現金の現在価値という考え方

現金は、同じ額面でも時系列により価値が変わる
この考え方が、現在価値(将来価値)という概念になります。

中小企業診断士1次試験の財務・会計にも出てくるお話です。

例えば年利5%を想定すると、理論的には今日の100万円は1年後に105万円です。
現金が手元にあれば、年利5%運用で5万円分の価値が上がる計算となります。

同じ額面の現金を受け取る場合、できるだけ早いほうが有利となります。
逆に、同じ額面の現金を支払う場合はできるだけ遅い方が有利です。

そのため、時間軸が違う現金比較は、時間の価値を調整する必要があるのです。

さきほどの事例に当てはめて、実際に計算してみましょう。

1年後の105万円を期待リターン年率+5%(105%)で割算すると、現在価値100万円です。
1年後の現金105万円を割引率5%で現在価値に割り引いたのです。

将来価値を現在価値に割戻すときに使う利率を割引率と言います。

時価総額比率全世界株式の期待リターンで試算

さて、さきほどの割引率は期待リターンを置いて計算することが多いです。
ワタシの場合は、時価総額比率の全世界株式に投資をしています。

リスク資産と無リスク資産の配分を再点検(2018年9月時点)
これまで生活防衛費とリスク許容度、アセットアロケーションについて再点検しました。今回のテーマは、リスク資産と無リスク資産の配分について。リスク許容度に合わせ、リスク資産のリスクを調整します。この記事では、リスク資産と無リスク資産の配分を再点検します。

この記事では、期待リターンが年5.41%と計算しています。
この数字を使って、楽天カード決済における時間価値を試算してみましょう。

積立日(カード決済日)は1日、引落日は27日とします。
すると、その間には26日間の日数があることになります。

割引率は、時価総額比率全世界株式の期待リターン年5.41%を採用します。
楽天カード決済の積立額は、制度の月上限である50,000円とします。

50,000/(1+0.0541*26/365)≒49,808

理論上は49,808円の現在価値で、50,000円の投資ができることになります。
時間価値としての差額192円分だけ、お得に投資ができるとも考えられます。

当然ですが、期待リターンは想定数値ですし現在価値は理論上の数字です。
実際の相場変動は読めないので、その点は十分にご留意ください。

 

関連記事紹介

楽天証券×楽天銀行のハッピープログラムは、非常に有利なポイント制度。
楽天経済圏に生きるうえで、個人投資家なら押さえておきたいところです。

楽天証券&楽天銀行のハッピープログラムでポイントをザクザク貯める方法
ワタシは、つみたてNISA口座を楽天証券で開設しています。選んだ理由はハッピープログラムというポイントサービスの存在です。この記事では、お得なハッピープログラムの魅力、登録手順やポイントをザクザク貯める具体的な活用方法をお伝えします。

楽天スーパーポイントは漏れなく投資するという好循環が生まれています。
ポイントを無駄にしないポイント投資は、ポイント活用の観点からも重要です。

楽天スーパーポイントによる投資信託購入総額が20,000円を突破
楽天証券では、楽天スーパーポイントを利用して投資信託を買うことができます。ワタシはポイント投資を始めて3ヵ月で、購入総額20,000円を突破!この記事では、楽天スーパーポイントをどのように貯めたのか、また「ポイント投資のポイント」をお伝えします。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント