楽天カードを楽天証券つみたてNISA口座で活用すべきか考える

投資方針
Sponsored Link

青井ノボルです。

先日、楽天カード決済で投信積立の買付ができるようになると発表されました。

投信積立で楽天カード決済が可能に!2018年10月27日スタート!:楽天証券
楽天証券では、これまで投資信託の積立の引落方法として、証券口座からの引落と銀行口座からの引落を提供しておりましたが、新たに楽天カードクレジット決済が加わります。

月5万円の上限はありますが、決済金額に対して1%のポイント還元です。
これは凄いと、積立投資界隈が盛り上がったのは言うまでもありません。

ところで、ワタシは楽天証券でつみたてNISA口座を開設しています。
実際のところ、楽天カード決済で積立投資をするべきなのでしょうか。

この記事では、楽天証券つみたてNISA口座において楽天カード決済を活用すべきか考えます。

楽天カード決済のポイント獲得条件と注意点

2018/10/27からスタートする、積立投資で楽天カードポイント還元制度。
楽天カード決済で1%のポイントを獲得するためには、条件があります。

  • 楽天証券の投資信託積立注文で楽天カード決済選択
  • 前月12日までに積立注文を行う(初回以降は自動積立)

条件としてはシンプルですが、積立投資のみが対象となります。
スポットで投資信託を購入する場合、ポイントは付与されません。

対象となる投資信託は、楽天証券で積立可能な全ての投資信託。
超低コストのeMAXIS Slim シリーズも対象となっています。

ただし、残念ながらiDeCo口座での積立投資は対象外となっています。
iDeCoは指定された金融機関からの口座引落のみという縛りがある模様。

そのほかの注意点は、下記の通りです。

  • クレカ払い(=1%ポイント獲得)の投信積立は月額50,000円が上限
  • 1日に買い付け→27日に銀行口座引き落しのスケジュールは固定
  • (スケジュール固定のため)毎月積立のみ対応

スケジュールが固定されるという点は、しっかり押さえておきましょう。

ハッピープログラムと比較

ワタシは現在、つみたてNISA口座で3本の投資信託を毎日積立しています。
マネーブリッジ連携により、楽天銀行口座から自動振替される仕組みです。

つみたてNISAで投資する投資信託と積立設定を公開
つみたてNISAを始めるとき、どの投資信託を選べばよいか、また積立の設定をどうすべきか。 悩んでしまう人も多いかと思います。ワタシも結構悩みました。 この記事では、ワタシが実際につみたてNISAで投資する投資信託と積立設定について公開します。

さて、マネーブリッジ連携は楽天証券×楽天銀行のハッピープログラム適用となります。
これは楽天独自のポイントプログラムで、毎日積立との相性が抜群のポイント制度です。

楽天証券&楽天銀行のハッピープログラムでポイントをザクザク貯める方法
ワタシは、つみたてNISA口座を楽天証券で開設しています。選んだ理由はハッピープログラムというポイントサービスの存在です。この記事では、お得なハッピープログラムの魅力、登録手順やポイントをザクザク貯める具体的な活用方法をお伝えします。

ワタシの場合は、ハッピープログラムと楽天カード決済を天秤にかけて。
どちらのパターンがより多くポイント還元されるのか、比較していきます。

ハッピープログラムであれば、毎日積立で3ポイント/回が付与されます。
楽天カードクレカ決済であれば、毎月積立でポイント還元率1%

各ポイント制度の効力を最大限に発揮されるのは、上記条件のとき。
さて、どちらの方がお得となるのでしょうか。

ワタシの場合はどちらがお得か

まず、現時点におけるつみたてNISA口座の積立設定を確認します。


(引用元:楽天証券積立注文画面より一部抜粋)

毎日積立の金額を増額しているので、少しわかりづらいですね。

さて、毎日積立×ハッピープログラムと毎月積立×楽天カード決済を比較します。

今回のシミュレーションでは、1ヵ月=20日としています。
金額の単位は円、ポイントは1ポイント=1円換算とします。

ワタシの事例に基づくシミュレーション結果は、下図の通り。

ファンド名 毎日積立
金額
毎月積立
金額
ハッピー
プログラム
楽天カード
クレカ決済
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 1,292 25,840 60 258
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 339 6,780 60 68
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 339 6,780 60 68

ハッピープログラムの善戦を期待していましたが、見事全敗ですね。
ワタシの事例では、毎月積立で楽天カード決済にしたほうがお得でした。

ただ、毎日積立のハッピープログラムにも活用の機会があります。
それは、月換算で6,000円に満たない少額積立を行う場合です。

ポイント利用を行う場合は、ポイント控除後の積立金額で計算しましょう。
月換算で6,000円に達するかどうかを、ひとつの判断基準としてください。

影が薄くなったハッピープログラムですが、少額投資では威力を発揮してくれます。
ザクザクっとポイントが貯まっていく制度なので、まだまだ侮れないと考えます。

つみたてNISA以外では楽天カード決済がほぼ有利

つみたてNISAは年間投資額40万円上限があるので、月上限は33,333円となります。
上限全額を1本のファンドで積み立てるなら、楽天カードクレカ決済がお得です。

前述の通り、1本あたり月6,000円未満の少額積立である場合。
毎日積立×ハッピープログラムを選択したほうがお得となります。

ところで、楽天証券で毎日積立をできるのはつみたてNISAだけ
そのため一般NISAや特定口座ではハッピープログラムの魅力が激減します。

つみたてNISA以外で毎日積立を実行するためには、手動しかありません。
もし自動化させるのであれば、毎月積立を選択することになります。

毎月積立×ハッピープログラムだと、月1回しか振替が発生しません。
つまり、1本のファンドで1ヵ月当たり3ポイントが上限となります。

つみたてNISA以外では、月300円未満の少額積立であれば利用価値アリです。
月300円以上であれば、楽天カードクレカ決済の方がポイント還元率が高い。

つまり、つみたてNISA以外では楽天カード決済が大体有利になる。
そう考えてしまって良いでしょう。

ポイント獲得よりも大切なこと

さて、積立投資において楽天カード決済が使えるようになること。
それに伴って1%ポイント還元となること、非常に喜ばしい話です。

ポイント獲得は嬉しいですが、ポイント自体が目的になっては本末転倒

自分で考えて決めた投資スタイルのなかに、ポイント獲得を組み込むべきか。
投資スタイルを再確認したうえで、楽天カード決済すべきか判断しましょう。

「月50,000円まではポイント対象になるから、その範囲でどのファンドを買おうかな」
完全無欠の金融リテラシーを備えていれば別ですが、原則は危険な考え方だと思います。

ポイントを沢山獲得しようとする思考に陥らず、自分自身の投資方針を堅持する。
環境変化に柔軟に対応することも大事ですが、変えてはいけないものもあります。

楽天によるポイント狂騒のなか、個人投資家としてどのような行動を取るのか。
相場暴落時にも冷静でいられるかどうか、という試金石になるかもしれません。

 

関連記事紹介

楽天経済圏で生きているワタシですが、楽天市場とは一定の距離を置くようにしています。
なんでも楽天市場がお得!というワケでは無いので、買い物も冷静にしたいところです。

定価販売の商品は迷うことなく楽天市場で買いましょう
楽天経済圏で生きているワタシは、できるだけ楽天のサービスを利用しています。ただハマってしまうと浪費に走りやすいのが難点。楽天経済圏でお得に生きるには、適度な距離感が必要。この記事では、楽天と上手に付き合うための考え方について、お伝えします。

楽天経済圏で普通に生活していると、嫌でもポイントが貯まってしまいます。
獲得ポイントで投資ができるというのは、無駄が無くて素晴らしい制度です。

楽天スーパーポイントによる投資信託購入総額が20,000円を突破
楽天証券では、楽天スーパーポイントを利用して投資信託を買うことができます。ワタシはポイント投資を始めて3ヵ月で、購入総額20,000円を突破!この記事では、楽天スーパーポイントをどのように貯めたのか、また「ポイント投資のポイント」をお伝えします。

◆よかったらフォローしてください◆

▼応援もらえると嬉しいです▼
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

コメント