つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2020年9月)

運用実績

青井ノボルです。

コロナ禍に突入してから、見える世界が変わった気がします。
春先からバタバタして、季節は巡り、もうすっかり秋ですね。

世の中の雰囲気も、少しずつ日常モードに戻ってきています。
感染防止対策は必要不可欠ですが、外食や旅行も自粛解除へ。

経済を適度に回しながら、感染防止に努めるという現実路線。
おそらく、もう少しはこんな感じで日常を過ごすのでしょう。

こうした中でも、投資の世界は上がったり下がったり忙しい。
そんな値動きに一喜一憂する必要が無いのが、積立投資です。

大切なものは人によって違うけど、ワタシは投資以外が大切。
投資そのものが趣味でも仕事でもなく、ほど良い距離感です。

仕組化して継続しているだけでも、しっかり投資はしている。
意識することなく続けるスタイルも十分アリということです。

この記事では、つみたてNISAとiDeCoについて2020年9月末時点の運用実績を公開します。

スポンサーリンク

ポートフォリオ

つみたてNISAとiDeCo、2020年9月末時点のポートフォリオはこちらです。

今回は何日に取得したデータかも覚えていない有様ですが。
ざっくり月末ということでご容赦いただければと思います。

さて、損益率は+8.7%%とプラスをキープしている模様。
理由は分かりませんが、まぁ何とかなっているようです。

ワタシの場合、資産形成としての長期分散積立投資です。
値動きを気にする必要が無いのはありがたいことですね。

もはや興味も薄れているので、本当に気にせず過ごしています。

つみたてNISA

つみたてNISAは、庶民が資産形成ツールとして使うのは最適。
少なくともワタシはそう思っていますし、フル活用しています。

ワタシの累計投資額も、もう少しで100万円に達するようです。
資産形成を後押ししてくれる制度だなと、改めて感じています。

つみたてNISAがこれからどのように進化するかは不明ですが。
少なくとも現時点では様々な制約を課しているのが特徴です。

投資が趣味の人には、あまり使い勝手は良くないかもしれない。
対象商品はグッと絞られていますし、非課税枠も極めて限定的。

だからこそ、資産形成をはじめたい人には合致している制度で。
投資初心者に寄り添う制度であり続けて欲しいと願っています。

投資マニアではなく、投資初心者のためであることが大切です。

iDeCo

iDeCoについて、投資額の727,444円は手数料控除後の金額です。

掛金は23,000円×30+45,147円=735,147円、手数料割合は1.0%
初回手数料2,777円(当時消費税8%)も含め、手数料累計7,703円。

iDeCoも使う人を選びますが、有効なツールのひとつだと思います。
出口の税制が不透明という指摘もありますが所得控除は大きいです。

ただ絶対に得をするという性質ではないのは、言うまでもないこと。
自分事として調べた上で、使うべきか否かをジャッジしたいですね。

アセットアロケーション

つみたてNISAとiDeCo、2020年9月末時点のアセットアロケーション。
オール・カントリーを除いた部分で、各資産別の構成比は下図の通り。

目標となるのは、時価総額比率のMSCI ACWIの構成比となります。
リバランスするつもりもないですが、一応差異を確認しています。

全世界株式インデックス・ファンドの2020年8月報で確認すると。
全世界株式の割合は、国内:先進国:新興国=6.9:80.8:12.3。

誤差の範囲内に収まっているので、概ね目標通りをキープです。

2020年9月を振り返る

9月も大きなイベントがなく、淡々と日常を過ごした印象です。
日常生活を楽しく過ごせているので、良い感じではあります。

投資の方はというと、相変わらずほったらかし投資を継続中。
これはこれで心地よいので、たまにTwitterを覗く程度です。

その時の投資成績がどうであれ、長期投資でやることは一つ。
投資を継続すること、真にやるべきことはこの一つだけです。

シンプルに続けることが実は難しい、そのことを肝に銘じて。
投資を意識しすぎないように、毎日を大切に過ごすとします。

関連記事紹介

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)。
ワタシにとっては、ベストな投資信託なのです。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の1本に絞って良かったこと
ワタシの場合、時価総額比率の全世界株式に投資がしたい。無リスク資産とのバランスを考えつつ、3本のファンドを積立中でしたが、遂に1本化です。この記事では、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の1本に絞って良かったことについて書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました