つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2020年8月)

運用実績

青井ノボルです。

あっという間に夏が終わり、秋の足音が聞こえてきています。
投資界隈から姿を消して半年ほど経ちますが、一応元気です。

投資のことを意識する時間は、本当に激減している今日この頃。
意識しないことが幸せなのか否か、人によるのかもしれません。

投資界隈に常駐していた頃、本当に楽しい時間を過ごしました。
いろんなことを考えるキッカケを貰ったし、刺激も受けました。

投資イベントに参加することで、知的好奇心を満たしてくれました。
知れば知るほど奥が深い世界で、単純に知ることが楽しかったです。

ただ、投資の継続に必要な知識だったかと問われると、たぶん違う。
完全に趣味の領域として、無駄な知識を蓄えていたのだと思います。

もちろん人生には無駄が必要で、無駄こそ人生に彩を加えてくれる。
投資というのは面白い世界だなと、離れてみて改めて強く感じます。

この記事では、つみたてNISAとiDeCoについて2020年8月末時点の運用実績を公開します。

スポンサーリンク

ポートフォリオ

つみたてNISAとiDeCo、2020年8月末時点のポートフォリオはこちらです。

まず最初に、毎回恒例となってしまっている懺悔からです。

もはや8月末ではないということは、重々承知しています。
おおよそ月末ということで、ご容赦いただきたく存じます。

さて、損益率は11.4%と上昇傾向が続いていたようです。
理由は分かりませんが、特に気にする必要はありません。

コロナショックも、リーマンショックも、何があっても。
長期的にみれば、全世界の株式はプラスとなると信じて。

直近の値動きに一喜一憂することには、意味が無いのです。
相場から距離を置いているからこそ、本当にそう感じます。

つみたてNISA

つみたてNISAは毎月幾ら積み立てているかを忘れる程度に。
本当に意識の外にあって、ほったらかし投資を実践中です。

つみたてNISA口座の開設は順調に増えているのでしょうか。
特に若者の口座開設が増え、積立投資を継続しているのか。

やはり気になるところですし、調べ方は分かっていますが。
ブログ記事を書く気力が湧かないのが実情だったりします。

じわじわと広がりをみせていることに、期待をしています。

iDeCo

iDeCoについて、投資額の704,615円は手数料控除後の金額です。

掛金は23,000円×29+45,147円=712,147円、手数料割合は1.0%
初回手数料2,777円(当時消費税8%)も含め、手数料累計7,532円。

iDeCoを始めてから、もう少しで2年半が経過しようとしています。
手数料割合が1.0%まで低下したことは、地味に嬉しいことですね。

所得控除などのメリットがあるので、相殺はできているのですが。
つみたてNISAでは管理コストが不要なので、気になるところです。

アセットアロケーション

つみたてNISAとiDeCo、2020年8月末時点のアセットアロケーション。
オール・カントリーを除いた部分で、各資産別の構成比は下図の通り。

目標となるのは、時価総額比率のMSCI ACWIの構成比となります。
リバランスするつもりもないですが、一応差異を確認しています。

全世界株式インデックス・ファンドの2020年8月報で確認すると。
全世界株式の割合は、国内:先進国:新興国=6.7:81.1:12.3。

ほぼ誤差の範囲に収まっているので、概ね目標通りと言えそうです。

2020年8月を振り返る

もう9月末という事実を無視しつつ、8月を振り返っていきます。
こうして元気に生きていて、投資を継続できているので満点です。

夏休みを取得しましたが、大きなイベントもなく終わりました。
子供達には申し訳ない気持ちもありますが、仕方ないことです。

県内キャンプ場へ出かけて、自然を楽しんだくらいでしょうか。
それでも子供達はすくすくと成長していて、頼もしい限りです。

投資については、本当に何もしていない1ヵ月間となりました。
相場の動きも一切把握していないので、末期症状だと思います。

夢中になっていた投資に対して、興味が薄れたのでしょうか。
原因はよくわかりませんが、本当に意識の外に飛んでいます。

それでもたまにTwitterを覗くと、様々な議論をしていたり。
話題はループしている印象ですが、考える契機にはなりそう。

投資について考えるキッカケとして、SNSは有効だと思います。
ただ手段に過ぎなくて、そこに固執したり振り回されるのは×。

資産形成としての長期分散積立投資を続けていくためには。
情報過多なSNSに踏み入れないのも選択肢かもしれません。

関連記事紹介

どのファンドを選ぶかではなくて、どういう考えで投資するか。
基礎となる部分をしっかりと固めることが、重要だと考えます。

インデックス投資にはファンド選びより投資方針が重要だと思う
インデックス投資をはじめるとき、先人の知見をフル活用しながら、考え方の型を学びました。ワタシの置かれた状況などを踏まえて、どうすべきか考えたものです。この記事では、インデックス投資においてファンド選びより投資方針が重要だと考えることについて書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました