つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2020年7月)

運用実績

青井ノボルです。

時が経つのは早いもので、前回の記事から1ヵ月が過ぎました。
最近はTwitterでの呟きも減っていますが、元気に生きてます。

資産形成のための長期投資なので、何度も書いている通り継続。
続けることが最も重要であり、そして難しいことだと思います。

ブログを書かなくても、Twitterで呟かなくても、投資は継続。
何もしなくても継続している、ほったらかし投資スタイルです。

止めるという選択をしたらアクションを起こさないといけない。
継続している限りにおいては、本当に何もしなくて良いのです。

投資を継続している個人の記録として、記事を残すことが大切。
個人投資家の地味すぎる投資実践記として、書き残すとします。

この記事では、つみたてNISAとiDeCoについて2020年7月末時点の運用実績を公開します。

スポンサーリンク

ポートフォリオ

つみたてNISAとiDeCo、2020年7月末時点のポートフォリオはこちらです。

まず先月に引き続いて、素直に懺悔をしなければなりません。
7月末時点と記載していますが、実際には8月6日くらいです。

もはや何日に確認したかも忘れましたが、申し訳ないです。
だいたい月末ということで、ご容赦いただければ幸いです。

さて、注目の損益率ですが8%まで上昇しているようです。
全世界的に、きっと株価は堅調に推移しているのでしょう。

いまはカネ余りで株価が上がっているので、今後に注意を
報道番組を見ていると、そんな言葉を目にすることもある。

ただし、短期的な値動きなんて誰にも分からないのが常で。
投資素人であるサラリーマンには、予想のしようもなくて。

長期的には緩やかに上昇すると考え、バイ&ホールドする。
余計なことは考えないほうが良いと、改めて感じています。

つみたてNISA

楽天証券で年初につみたて設定をして以来、放置していて。
投資額が知らぬ間に、徐々にだけど増えているのが現実で。

こんなに簡単に投資ができ、充実した非課税枠がある制度。
利用しない手は無いと思っていますし、実際に活用中です。

継続のため入口でしっかり腹落ちさせる必要はあるけれど。
庶民が使いやすい少額投資非課税制度は、ありがたいです。

趣味のブログ更新すら怠ってしまうワタシでも続けていて。
2年半の短期間で100万円弱を投資に回すことができている。

これくらいがサラリーマンでも無理なく続けられる水準で。
程よい塩梅だと思っているので、よく考えられた制度です。

iDeCo

iDeCoについて、投資額の681,786円は手数料控除後の金額です。

掛金は23,000円×28+45,147円=689,147円、手数料割合は1.1%
初回手数料2,777円(当時消費税8%)も含め、手数料累計7,361円。

iDeCoも放置できるという点で、非常に優れた制度だと思っています。
私的年金を充実させる制度ですが、投資との相性が素晴らしいですね。

iDeCoも使い倒したいですし、これからの制度拡充を切に願っています。

アセットアロケーション

つみたてNISAとiDeCo、2020年7月末時点のアセットアロケーション。
オール・カントリーを除いた部分で、各資産別の構成比は下図の通り。

目標となるのは、時価総額比率のMSCI ACWIの構成比となります。
リバランスするつもりもないですが、一応差異を確認しています。

全世界株式インデックス・ファンドの2020年7月報で確認すると。
全世界株式の割合は、国内:先進国:新興国=6.6:80.8:12.6。

ほぼ誤差の範囲ということで、概ね目標通りと言えそうです。

2020年7月を振り返る

もう8月末であるにもかかわらず、ここでは先月を振り返ります。
投資を継続できていたということで、何の問題も起きていません。

コロナ対応でリモートワークが増えて、働き方も変わってきました。
日常生活でマスクをしていないことは無いですし、常識も変わった。

大人だけではなく、子供達もコロナ禍で大きな変化がありました。
夏休みは8月の数週間だけ、7月は結果的に長期休みは無しでした。

思い出を作ってあげたいけど、派手に外出することもできません。
7月もある程度は自粛生活を送って、たまに外出する程度でした。

日常生活が大きく変化する中、インデックス投資だけは変わらない。
変える必要が無い、といったほうが正しい表現なのかもしれません。

投資が日常に溶け込んでいる状態は、継続には好ましいことで。
過度に投資を意識することなく、自然体でワタシは継続したい。

ブログですが、気が向いたら更新頻度を上げたいと考えています。
あくまで趣味の域を超えないブログですし、気楽に書くとします。

関連記事紹介

普通のサラリーマンが普通に投資をするとしたら、良い制度。
資産形成としての長期分散積立投資、もっと広がって欲しい。

つみたてNISAが普通のサラリーマン向けである理由と活用ポイント
少額投資で活用できる非課税制度のつみたてNISA。個人投資家が投資をしやすくなる制度であり、特に普通のサラリーマンと相性が良いと思います。この記事では、つみたてNISAが普通のサラリーマン向けである理由とつみたてNISA活用ポイントについて書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました