つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2019年10月)

運用実績

青井ノボルです。

毎月この記事を書きながら、インデックス投資の良さを再確認しています。
力を抜いて無駄に動くことなく、淡々と続けていけるのはメリットですね。

投資行動に割く時間はほぼ無いので、趣味や仕事に精を出す日々です。
それでもしっかりと投資は継続できて、長期投資の旅は続いています。

個別株投資に代表されるアクティブ運用の魅力もあると思います。
ただ投資が趣味でも仕事でもない人にとって、こんな方法もある。

そんなことが伝われば嬉しいですし、何よりも自分自身が継続するため。
投資方針を再確認するルーティンとして、この記事は意味があるのです。

この記事では、つみたてNISAとiDeCoについて2019年10月末時点の運用実績を公開します。

スポンサーリンク

ポートフォリオ

つみたてNISAとiDeCo、2019年10月末時点のポートフォリオはこちらです。

ワタシは、eMAXIS Slim シリーズでポートフォリオを構成しています。
時価総額率の全世界株式に投資をしたいと考え、先進国株式がメインに。

eMAXIS Slim 先進国株式は、純資産総額600億円を突破して好調を維持。
シリーズ全体の懸念であった、SBIバンガードへの対抗引き下げも一段落。

これからは、最低水準の運用コストと最高水準のパフォーマンスを目指す。
先日のブロガーミーティングでは、新たな宣言も飛び出したところです。

インデックスファンドの超低コスト化が進み、コストによる差別化は困難。
つまり、プラスアルファの魅力を発信することが更に重要となるでしょう。

コスト以外の魅力として何を打ち出すのか、各運用会社の動向に注目です。

つみたてNISA

つみたてNISAは、毎月コツコツと積立投資を続けています。
続けているといっても、設定通りに買ってくれているだけ。

つみたてNISA制度は20年間、新規投資枠が付与されるため。
また18年超残っていますが、最後まで有効活用したいです。

現在は3本のファンドを積立中で、合成で全世界株式に投資。
iDeCo口座と合算し、時価総額比率となることを目指します。

本来は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)へ。
1本のファンドを保有するのがシンプルであることは明白です。

ただ何度も書いていますが、iDeCoでの取り扱いが始まりません。
この点は、オール・カントリーが抱える数少ない課題と考えます。

iDeCoでの扱いが始まれば、オール・カントリー1本にできるのに。
この点は証券会社・運用会社に対して、辛抱強く要望し続けます。

iDeCo

iDeCoについて、投資額の476,325円は手数料控除後の金額です。

掛金は23,000円×19+45,147円=482,147円、手数料割合は1.2%。
初回手数料2,777円も含めて、手数料は累計5,822円となります。

iDeCoにおける投資額も、思いのほか積み上がっている印象です。
まだ20年以上も非課税運用が可能ですし、有効活用していきます。

特別法人税が復活する可能性など、不確定要素は確かにあります。
リスクを挙げはじめればキリが無くて、どこかで割り切りも必要。

ワタシは所得のある人なら、iDeCoは利用検討の余地が十分ある。
つみたてNISAよりは優先順位が低いものの、そのように感じます。

アセットアロケーション

つみたてNISAとiDeCo、2019年10月末時点のアセットアロケーションはこちらです。

リスク資産は、国内株式:先進国株式:新興国株式を1:8:1で持つことが目標。
直近では、MSCI ACWIの構成比も参考にしながら目標割合を詳細に見ています。

全世界株式インデックス・ファンドの2019年9月報で確認すると。
全世界株式の割合は、国内:先進国:新興国=7.3:81.2:11.5。

現在のポートフォリオからそう遠くない構成比率となっています。
国内株式の比率がやや高いので、2020年の積立設定で調整予定。

いずれeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)にしたい。
この想いは強くなっていて、いまや自作全世界株式よりも低コスト。

雪だるま全世界株式に対抗したことで、景色が一気に変わりました
iDeCoでの取り扱いを待たずして、投資するかどうか迷っています。

とても贅沢な悩みですが、もう少し悩んでいようかなと思います。

2019年10月を振り返る

2019年10月は、9月と同様に相場環境が良くプラスで推移した模様。
なぜこうなったのかの分析は、経済評論家の皆さんに任せるとして。

個人投資家の特権ともいえる、ほったらかし投資を満喫しています。
投資は放置したまま、クリスマスプレゼントについて悩んでみたり。

家族が喜んでくれるプレゼントは何か、あれこれと考えるわけです。
無駄な時間と言われれば否定できませんが、ワタシには贅沢な時間。

投資から離れたところで、人生を謳歌するという選択肢があって良い。
それを実現するツールとして、インデックス投資は本当に便利ですね。

あえて投資を趣味にする人もいますし、それを否定するつもりもない。
ただ一般的なサラリーマンの個人投資家は、この程度でも良いのです。

肩肘を張ることなく、のんびりと長期投資を続けていきたいと思います。

関連記事紹介

eMAXIS Slim シリーズは、一旦完成形となったようです。
ベーシックなファンドが最低限揃って、程よいと思います。

eMAXIS Slim 国内リート・先進国リート追加で完成形へ
2019/10/31、eMAXIS Slim シリーズは13ファンドに。この記事では、eMAXIS Slim 国内リートと先進国リートが追加されたこと。また、Slim シリーズが一応の完成形となったことについて書いていきます。

バンガードの投資哲学は、長期投資家が学ぶべき点が多いです。
ジョン・ボーグルの作り上げたシステムは、本当に素晴らしい。

バンガード主催の第3回ブロガー交流会に参加しました
相互リンクをいただいている水瀬さんに誘っていただき。今年もバンガード主催のブロガー交流会が参加してきました。バンガードの基本理念に触れて、良い時間を過ごせて幸せです。この記事では、バンガード主催のブロガー交流会に参加して感じたことを書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました