つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2018年9月)

運用実績

青井ノボルです。

つみたてNISAでインデックス投資をスタートしたのが2018年2月末。
あれからようやく7ヵ月が経ちましたが、積立金額はまだまだ少額。

iDeCoとつみたてNISAを両方活用していますが、非課税制度は有難いです。
普通のサラリーマンが投資をするのであれば、積極的に活用したいところ。

また超低コストファンドが揃っているため、コスト負担も極めて低水準。
投資を始めるには、最高の環境が用意されているのだと改めて感じます。

それでは、つみたてNISAとiDeCoについて、2018年9月末時点の運用実績を公開します。

Sponsored Link

ポートフォリオ

つみたてNISAとiDeCo、2018年9月末時点のポートフォリオはこちらです。

つみたてNISA口座では7ヵ月間におよび、毎日積立を続けてきました。
iDeCo口座は開設に時間が掛かったので、ようやく5ヵ月経過です。

非課税制度をフル活用していますが、投資元本はまだまだ少額。
長期投資を続けている先輩を見習い、背中を追いかけていきます。

iDeCo口座は、今でも手数料負担が大きいと感じてしまいます。
投資額は134,349円ですが、これは手数料を引いた後の金額です。

掛金は23,000円×6=138,000円なので、手数料割合は2.6%です。

ちなみに、初月は2ヵ月分の掛金なので「×6」となっています。
手数料は、初回手数料2,777円も含めて累計3,651円です。

いまは基準価額推移が好調で良いですが、まだ手数料割合が大きいです。
積立を続けることで徐々に薄まるものなので、とにかく続けます。

また、iDeCo口座においては拠出時手数料を節約する方法もあります。
もし拠出を半年に1回とすると、10ヵ月分の拠出時手数料がゼロです。

ただし、iDeCoは月々の拠出枠分の金額を先行投資することはできません。
結果として半年に1回の拠出は、拠出枠利用を先延ばしすることになります。

理論的に考えると、期待リターンが見込めるリスク資産があるとして。
リスクに晒す期間が長い方が、大きなリターンを得やすいと考えます。

これについては、あらためて別記事でまとめてみるつもりです。

アセットアロケーション

つみたてNISAとiDeCo、2018年9月末時点のアセットアロケーションはこちらです。

リスク資産は、国内株株式:先進国株式:新興国株式を1:8:1で持つことを目標としています。

目標と比べると先進国株式の割合がやや少ないところです。
9月末は77.9%、前月末から▲0.2ポイントとなりました。

国内株式が大きく上昇したころから、割合が少し増えました。
先進国株式は、引き続き目標の構成比80%を目指すつもりです。

ちなみに、特定口座でもインデックスファンドを買っています。
特定口座分はこの運用実績に含めていませんが、まだ少額です。

そのほか、生活防衛費・教育資金に相当する分は無リスク資産に置いています。

生活防衛費は生活費2年分、教育資金は1人500万円×3人=1,500万円が目標です。
実は生活防衛費分はすでに積み上がっているので、残すは教育資金になります。

教育資金をどんなペースで準備するか、これは生涯CFとも密接に関わるハズ。
あらためて生涯CFを引いてみる作業を、近いうちに行いたいと考えています。

2018年9月を振り返る

2018年9月は、投資イベントと小規模オフ会で充実した日々となりました。

バンガードのブロガー交流会では、投資原則を改めて整理できました。
個人投資家が最も考えるべきは、自分自身がコントロールできること。

そしてバンガードが提唱する4つの基本原則、心に深く刻みたいですね。

成功する投資家になるためのバンガードの4つの基本原則
先日参加したバンガード主催のブロガー交流会で、成功する投資家になるためのバンガードの4つの基本原則を学びました。具体的には「目標」「バランス」「コスト」「規律」という4つの視点があります。この記事では、バンガードの4つの基本原則について書いていきます。

また、ワタシが過去に初参加した投資イベントが、半年振りに帰ってきました。
eMAXIS Slimでお馴染みの、三菱UFJ国際投信第2回ブロガーミーティングです。

三菱UFJ国際投信の第2回ブロガーミーティングに参加
青井ノボルです。 2018/9/28に開催された、三菱UFJ国際投信主催の第2回ブロガーミーティングに参加しました。 前回のブロガーミーティングが2018/3/27開催だったので、ちょうど半年経っての開催ですね。 あの頃よりは...

貯金感覚のつみたて投資、またトラッキングエラーの話は面白かったです。
そのほか、全世界株式新規設定やネット直販といった気になる話題もあり。

eMAXIS Slim シリーズをはじめ、これからも密かに応援していきます。

相場の話題としては、日経平均がバブル崩壊後の高値を更新しました。
米国株式指数のS&P500やNYダウも、過去最高値を更新して話題でした。

新興国から先進国へ、今後もマネーが還流していくのでしょうか。
相場変動は読めないので、全世界株式への投資を続けていきます。

 

関連記事紹介

楽天グループによる怒涛の新サービス発表ラッシュも印象的でしたね。
ネット証券の中において、楽天証券の優位性は高まったと感じています。

楽天カード×楽天証券の積立投資が有利である2つのポイント
青井ノボルです。 2018/10/27より、楽天カード決済で楽天証券の積立投資がスタートします。 カード決済によりポイントが付与される、とてもお得感がある制度です。 先日、つみたてNISAで楽天カード決済活用という観点で記事を...

家系ラーメンを食べた後、某高級イタリアンで交流した第2回ラーメンずずず会。
個人投資家同士のリアルな繋がりは、これからも大切にしたいと思っています。

小規模オフ会の第2回ラーメンずずず会に参加しました
ラーメンずずず会は、ラーメンを楽しんだ後にファミレスで投資トーク。そして、Twitterでラーメンの飯テロをするまでがお約束の集まり。色んな話ができて楽しかったです。この記事では、第2回ラーメンずずず会という名の小規模オフ会に参加した話を書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント

  1. 河童 より:

    1回しかかからない2,777円+毎月拠出時にかかる費用をまとめて計算していますが、それだと何も知らない初心者をミスリードしてしまいます。きちんと内訳を示し、また「積立を続けることで徐々に薄まる」とした理由を説明してあげないと不親切だと思います。

    • 青井ノボル 青井ノボル より:

      コメントありがとうございます。
      手数料の計算についてはご指摘の通りです。
      色んな捉え方ができるというのは確かにその通りなので、何かしら修正します。
      親切にコメントいただき、ありがとうございました。

  2. くまさん より:

    うちはつみたてNISAのみしかやってないですが内訳は
    Slim 8資産型 +1662円
    楽天全世界型 +3380円
    Slim全世界株式 +4933円
    Slim S&P500 +740円 

    となっております。トータルリターンは+3%程度といったところでしょうか・・・。

    積立自体はSlim 全世界型とS&P500に集約してるんで他の2つは積立休止中です。

    積立日は毎週水曜日に5000円毎にしてます。

    • 青井ノボル 青井ノボル より:

      コメントありがとうございます。
      eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本?)とS&P500で積立しているんですね。
      つみたてNISAは本当に良い制度だなと思います。
      39年後まで完走できるように、お互い頑張りましょう!