つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2018年7月)

運用実績

青井ノボルです。

つみたてNISAでインデックス投資を開始して、ようやく5ヵ月が過ぎました。
iDeCo口座も含めて、非課税口座をフル活用させてもらっています。

このブログも2018年2月に書き始め、気付けば7ヵ月目に突入です。
投資への興味は尽きないですし、長期投資仲間の輪も徐々に広がっています。

半年間という節目を超えて、ブログを書くことも習慣となってきました。
暗中模索で書き始めたブログですが、やってみて正解だったと思います。

ブログを書き綴ることで得られたものについては、別記事でも何度か触れています。
投資もブログも、続けることではじめて見えてくる世界があるのかもしれないですね。

それでは、つみたてNISAとiDeCoについて、2018年7月末時点の運用実績を公開します。

Sponsored Link

ポートフォリオ

つみたてNISAとiDeCo、2018年7月末時点のポートフォリオはこちらです。

つみたてNISA口座ではこれまで約5ヵ月間、毎日積立を続けています。
そして5月からiDeCo口座での積立投資をはじめて、3ヵ月経過です。

非課税制度をフル活用していますが、まだまだ序盤だなと改めて感じます。

特にiDeCo口座は、手数料負けしているという感覚が強いです。
投資額が88,683円となっていますが、これは手数料を引いた後の金額です。

実際には23,000円×4=92,000円を掛けているので、掛金に対する手数料割合は3.6%
ちなみに、初月は2ヵ月分の掛金なので「×4」となっています。

初回手数料の2,777円はもちろん、月次手数料も馬鹿にできないですね。

iDeCoで初回に引かれた手数料2,983円の内訳を探る
iDeCoで初回に引かれた手数料2,983円とは何なのか。その内訳を知るまでには意外と苦労しました。この記事では、iDeCoにかかる初回手数料の内訳についてお伝えします。また、手数料の内訳を調べていく過程で感じたことも、あわせて書いていきます。

iDeCoも長く続けていくことで、税の繰り延べ効果が出てくるはずです。
目先の手数料に囚われることなく、コツコツ続けていきたいところです。

ところで、ワタシが積み立てているのはeMAXIS Slimシリーズのインデックスファンドです。

ニッセイAM<購入・換金手数料なし>シリーズへの対抗措置として、信託報酬の引き下げを発表。
「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」を体現し続けています。

こうした取り組み姿勢が奏功し、先日ついにシリーズ合計純資産総額が500億円を突破しました。

eMAXIS Slim シリーズの純資産総額が500億円突破
eMAXIS Slim シリーズファンドが新規設定されたのは、2017/2/27。あれから17ヵ月が経過した本日、純資産総額のシリーズ合計が500億円を突破しました。この記事では、eMAXIS Slim シリーズのこれまでの軌跡と今後について書いていきます。

このままの勢いで、ノーロードインデックスファンド業界を牽引して欲しいところです。

アセットアロケーション

つみたてNISAとiDeCo、2018年7月末時点のアセットアロケーションはこちらです。

リスク資産は、国内株株式:先進国株式:新興国株式を1:8:1で持つことを目標としています。

目標と比べると先進国株式の割合が少ないですが、少しずつ増えています。
6月末は77.5%、前月末から+0.4ポイントとなりました。

先進国株式の割合が、徐々にではありますが、着実に増えています。
時間を掛けながら、目標の構成比80%を目指していきたいと思います。

なお、つみたてNISA口座とiDeCo口座のほか、特定口座でインデックスファンドを買っています。
特定口座分はこの運用実績に含めていませんが、まだまだ少額です。

そのほか、生活防衛費および教育資金に相当する分は、無リスク資産に置いています。

先日より、個人向け国債変動10年および住信SBIネット銀行の定期預金の活用を開始。
楽天銀行のマネーブリッジや住信SBIネット銀行のハイブリット預金も使っています。

2018年7月を振り返る

2018年7月は、多くの長期投資仲間と実際に会って交流する機会に恵まれました。

インデックス投資ナイト2018は、本当に参加して良かったイベントです。
準備編でブログ記事3本、参加レポートで3本も記事を書いてしまいました。

まだ参加したことのない方は、ぜひ参加レポートを読んでみてください。
インデックス投資を続けていく上で、刺激になるイベントだと思います。

インデックス投資ナイト2018に参加しました
インデックス投資ナイト2018に初参加!時間が経つのはあっという間ですね。ネットでは情報を取捨選択しがちなので、イベントで様々な考え方に触れるのは良いこと。この記事では、インデックス投資ナイト2018の内容、感じたことや考えたことについて書き綴ります。
インデックス投資ナイト2018に参加しました(続編)
先日開催されたインデックス投資ナイト2018の参加レポート、続編記事です。前回の記事では第3部の詳細までは書ききれませんでした。この記事では、インデックス投資ナイト2018における第3部の内容、感じたことや考えたことについて書いていきます。
インデックス投資ナイト2018で長期投資仲間の輪が広がった
2018/7/7、インデックス投資ナイトに参加しました。実は全プログラムが終了後、有志参加による懇親会が併せて開催されていたのです。今回は、懇親会に参加した感想、投資仲間の広がりを感じたことについて書きます。

インデックス投資ナイトの直後には、小規模オフ会もありました。

小規模オフ会で個人投資家兼ブロガーのお二人に会ってきました
昨日の2018/7/12、小規模な投資オフ会に参加してきました。今回お会いしたのは、なまずんさんとずずずさんのお二人です。率直な感想ですが、とても充実した楽しい時間を過ごせました。この記事では、小規模オフ会に参加して感じたことについて書いていきます。

「ラーメンずずず会」という怪しい集まりですが、少人数でゆっくり話すのも楽しいですね。
とても楽しかったので、近いうちに第2回目も開催される見込みとなっています。

また、金融庁主催のつみップにも初めて参加することができました。

つみたてNISA Meetup(つみップ)に初めて参加しました
金融庁主催のつみたてNISA Meetup、略して「つみっプ」。ようやく行ける機会に恵まれて、初めて参加しました。懇親会まで参加しましたが、とても面白いイベントでした。この記事では、つみップの内容と初参加して感じたことを書いてきます。

金融庁が個人投資家向けに開催しているつみたてNISAの啓蒙イベントです。
運用会社の方が集まり、各社プレゼンや質疑応答という面白い内容でした。

懇親会ではニッセイAMさんにあれこれ質問できて、個人的には大満足です。

いろんな方の過去からの積み重ねによって、こうした交流の場が存在している。
本当に有難いことだし、インデックス投資を始めるには申し分のない環境です。

こうした恵まれた環境があるのであれば、活用しない手はありません。
長期投資を志す仲間の輪を、これからも広げていきたいです。

忘れられないあの出来事

2018年7月といえば、忘れられない出来事がひとつありました。
それは、ブログ開設当時から書きたかった記事を書き上げたこと。

人生を変えた「お金は寝かせて増やしなさい」(水瀬ケンイチ著)
「お金は寝かせて増やしなさい」の記事は、絶対に書きたい記事のひとつでした。この書籍はワタシの人生を大きく変えた一冊でもあります。この記事では、「お金は寝かせて増やしなさい」を読むことになった経緯、読んだ感想や感じたことについて、書き綴ります。

インデックス投資を始めるキッカケを作ってくれた、水瀬ケンイチさんの書籍。
絶対に書きたいテーマでしたが、思い入れが強すぎて書けませんでした。

というのも、中途半端な内容では自分が満足しないだろうと思っていて。
とても大切な書籍ですから、適当な文章で紹介するワケにはいきません。

でも絶対に書きたいブログ記事だったので、思い切って一気に書き上げました。
これまで積み上げてきた想いを乗せて、自分らしく書けた渾身の記事です。

こういう記事が年に何回か書けると、ブロガーとしての楽しさが広がりますね。

結果的に、この記事は著者である水瀬ケンイチさんのもとまで届きました。
インデックス投資ナイト2018では直接、お礼を伝えることができました。

ブログを書いていて本当に良かったなと思えた瞬間だったかもしれません。

あとがき

これから何十年も投資を続けていくと考えると、ゴールは果てしなく遠い気がします。
それでも、ゴールがあるとするならば、地味な一歩一歩を積み重ねるしかありません。

ゆっくり歩きながら考えて、投資の実体験を通じて金融リテラシーを高めていく。
色んなことに興味を持ち、いろんな角度から考えてみて、自分なりの答えを出す。

洗練されたブログを書くのは難しいですが、ワタシはワタシなりに。
等身大でブログを書き綴りながら、インデックス投資を続けていきます。

 

関連記事紹介

地味な1歩を踏み出し続けることで、やがて大きな成果となり見える景色も変わる。
自分自身の力で辿り着く場所にこそ、真に素晴らしい景色が広がっているハズです。

1歩の積み重ねがいずれ大きな成果となる【投資と登山の共通点】
インデックス投資はコツコツ積立投資が基本で、地味な投資法です。登山も非常に地味なスポーツです。山道を一歩ずつ自分の足で歩き、目的地を目指します。この記事では、投資と登山の共通点「1歩1歩の積み重ねがいずれ大きな成果となる」について書いていきます。

不確実な未来なんて予測不能です。だからこそ、今できることをできる範囲でやり切る。
そして、将来何が起きてもブレないように金融リテラシーを養うことが重要だと思います。

インデックス投資による資産形成に具体的な目標額は必要無い
インデックス投資家の多くは長期的な資産形成を目的としています。いわゆる老後資金として資産形成を行うケースが多いです。ところで、インデックス投資による資産形成に具体的な目標額は必要ないと考えます。この記事では、このように考える理由を書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント