つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2019年6月)

運用実績

青井ノボルです。

インデックス投資に対して、意識する機会が非常に少なくなっています。
良い傾向なのかどうか分かりませんが、投資関連に使う時間が激減です。

運用実績公開の記事を書くために、月に最低1回は口座を確認しています。
完全ほったらかしも良くないと思うので、個人的にはちょうど良い塩梅に。

運用実績には影響しませんが、投資について学びたい気持ちは今もあります。
ただプライベートが充実しているとき、投資に触れなくて良い選択肢もある。

長期分散積立投資は、投資にかける時間的なコストが低いことが特徴ですね。

この記事では、つみたてNISAとiDeCoについて2019年6月末時点の運用実績を公開します。

Sponsored Link

ポートフォリオ

つみたてNISAとiDeCo、2019年6月末時点のポートフォリオはこちらです。

ポートフォリオを改めて確認すると、eMAXIS Slim 先進国株式がメイン。
先日ブログでもお伝えした通り、圧倒的な超低コストを維持しています。

時価総額比率の全世界株式に投資をしたいワタシにとって。
先進国株式クラスのファンドは、非常に関心の高いところ。

eMAXIS Slim シリーズに決めてから、かれこれ1年半です。
いまのところ、この選択は正しかったなと確信しています。

業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続ける。
このコンセプトを堅持するのは勿論、細かい改善も重ねて。

進化していると実感できるから、持ち続けることができる。
ストレスフリーな投資環境を提供してくれる存在なのです。

ブロガーミーティングでも学びが多く、信頼が増しました。
これからもeMAXIS Slimをバイ&ホールドしたいと考えます。

つみたてNISA

つみたてNISAは、毎月積立に変更してから半年以上が経過しました。
毎日積立をしていた時期は、楽天証券でポイントをザクザク獲得です。

しかしながら先日、ハッピープログラムによる裏技が規制されました。

高還元率なポイント獲得術は、いずれ規制されるのが歴史的事実
クレジットカードの世界でも、ポイント改悪はよくあることです。

楽天証券のつみたてNISA口座で毎日積立をしていた人は。
積立投資について見直す契機だと考えるしかないですね。

ワタシは毎月積立に変更してから、本当にほったらかし状態に。
非課税枠を気にする必要も無くて、自動的に積立投資ができる。

本当にありがたいですし、つみたてNISAには感謝しかありません。

iDeCo

iDeCoについては、投資額の384,993円は手数料控除後の金額です。

掛金は23,000円×15+45,147円=390,147円、手数料割合は1.3%。
初回手数料2,777円も含めて、手数料は累計5,154円です。

なお45,147円は、前職退職時の企業型DCが戻ってきたお金。
長年放置していて、半ば諦めていたお金が復活したのです。

iDeCo口座の投資、気付けば投資額が40万円に迫っています。
普段意識していませんが、投資を継続する意味を実感します。

アセットアロケーション

つみたてNISAとiDeCo、2019年6月末時点のアセットアロケーションはこちらです。

リスク資産は、国内株式:先進国株式:新興国株式を1:8:1で持つことが目標。
直近では、MSCIオール・カントリーの構成比も参考にして目標を捉えています。

全世界株式インデックス・ファンドの2019年5月報で確認すると。
全世界株式の割合は、国内:先進国:新興国=7.2:81.1:11.7。

国内株式の比率がまだ高いですが、MSCI ACWIの比率とほぼ一緒と言えます。
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)へ乗換えも視野に入ります。

ただ最近は、オール・カントリーへの乗換えには消極的になっています。
全世界株式のファンドでは競争が起きていないため、コストが下がらない。

残念なことに、自作オールカントリーの方が信託報酬は低くなります。
この現実とどう向き合うか、三菱UFJ国際投信の真価が問われますね。

2019年6月を振り返る

2019年6月は、経済や相場の動向を全く気にしない1ヵ月でした。
リスク資産の評価額が上がっていましたが、理由は知りません。

振り返ると、週末や夏休みの計画を立てることに忙しかったです。
家族と過ごす予定、趣味を満喫する予定を立てるのは楽しいこと。

つい先日ですが、約5万円のファミリーテントを購入しました。
また、約2万円のハードクーラーボックスも購入に至りました。

外から見れば、これは単なる無駄遣いに見えるかもしれません。
衝動買いは避けるようにしていて、よく考えて購入しています。

家族と一緒に楽しめるレジャーのキャンプは、とても楽しくて。
今シーズンはそれなりの頻度で、キャンプに繰り出す予定です。

格式高い高級ホテルに泊まる旅行よりも、安近短なキャンプを。
家族と過ごす時間の密度を考えれば、コスパが良いと思います。

一応個人投資家ですが、こんなことばかり考えているのが実態。
それでもインデックスファンドのバイ&ホールドなら成り立つ。

良い感じに投資を継続できているのは、しっかり準備したからこそ。
あのとき悩み考えながら、自分の頭でじっくり考えたお陰なのです。

投資準備
インデックス投資を始めるまでの準備に関する記事はコチラです。 ブログ設立当初、インデックス投資の準備段階で考えたことを書いていました。 「これからインデックス投資を始めたい」という方には参考になるかもしれません。

投資準備カテゴリーの記事は、たまに読み返すと原点に立ち返れる。
ワタシにとっては貴重な記事であり、書いてよかったなと思います。

ほったらかし投資ができているのは、考え抜いた経験があったから。
投資とほど良い距離感を保ちながら、人生を楽しみたいと思います。

関連記事紹介

投資といえば国内株式という既成概念から、外国株式へと意識を広げる。
広く分散することの重要性を考えると、良い傾向なのだと感じています。

つみたてNISAの売れ筋が日経平均から外国株式へ変化してきた
つみたてNISAがスタートしてから1年が経過。つみたてNISA対象商品のうち、以前の売れ筋は日経平均連動のファンドでしたが、徐々に変化しているようです。この記事では、つみたてNISAの売れ筋が日経平均から外国株式へ変化してきたことについて書いていきます。

ワタシは時価総額比率の全世界株式に投資をしたいと考え、実践しています。
このアセットアロケーションには強い拘りがあり、深く考えた時の記事です。

世界分散投資の配分比率に拘るのは無駄なのか
[2018/12/29更新]インデックスファンドの世界分散投資で、個人投資家が考えるべきは資産配分です。インデックス投資、特に世界分散投資をしたいと思ったときに、配分比率をどう考えるべきか。また、配分比率を細かく考える必要があるのかどうか。改めて考えます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました