つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2018年12月)

運用実績

青井ノボルです。

2018年がいよいよ終わり、インデックス投資歴は10ヵ月に。
12月は厳しい相場環境で、結果的に大幅下落となりました。

相場変動は仕方ないことであり、個人の力でどうこうできません。
自分でコントロールできることだけに、集中するのが得策です。

つみたてNISAは2056年まで続くうち、1年目が終わっただけ。
長期投資の旅がはじまり、これからが本番なのだと思います。

この記事では、つみたてNISAとiDeCoについて2018年12月末時点の運用実績を公開します。

Sponsored Link

ポートフォリオ

つみたてNISAとiDeCo、2018年12月末時点のポートフォリオはこちらです。

今は教育資金準備と並行して、非課税枠のフル活用で積立中。
特定口座の投資は、ほぼポイント投資だけという感じです。

まずは非課税枠をしっかり使い切ることが当面の目標です。

2018年12月は、つみたてNISAの非課税枠を使い切れるか。
ここがポイントでしたが、無事に40万円分投資できました。

つみたてNISA

つみたてNISA口座は毎日積立でしたが、12月だけは毎月積立を実行。
2018/12/20注文の積立で、非課税枠を使い切ることができました。

一時期はどうなることかと思いましたが、無事に目標達成
2019年は毎月積立で、手間を掛けずにいきたいところです。

iDeCo

iDeCoについては、投資額の247,995円は手数料控除後の金額です。

掛金は23,000円×9+45,147円=252,147円、手数料割合は1.6%
初回手数料2,777円も含めて、手数料は累計4,152円です。

ちなみに45,147円は、前職退職時の企業型DCが戻ってきた金額。
ほぼ諦めていたお金が戻ってきたのは、地味に嬉しかったです。

iDeCoは続けることで、手数料負担が相対的に軽くなります。
所得控除というメリットも享受しながら、継続あるのみです。

アセットアロケーション

つみたてNISAとiDeCo、2018年12月末時点のアセットアロケーションはこちらです。

リスク資産は、国内株株式:先進国株式:新興国株式を1:8:1で持つことが目標。

目標と比べると、国内・新興国株式の割合がやや少なめです。
とはいえ、ほぼ目標通りと言って問題ない水準とも言えます。

12月のつみたてNISA積立で、新興国株式を多めに買いました。
微調整した結果、ほぼ目標通りの割合となったのが実態です。

ちなみに、特定口座でもインデックスファンドを買っています。
特定口座分はこの運用実績に含めていませんが、まだ少額です。

特定口座は、ほぼ楽天スーパーポイントのポイント投資。
楽天市場のSPU適用など、ポイントを有効活用しています。

ポイントの出口戦略として、投資に使えるのは無駄が無くて最高です。
これからも無理のない範囲で、楽天経済圏でお得に過ごしていきます。

2018年12月を振り返る

2018年12月は、相場環境がとても厳しい1ヵ月でした。
特にクリスマスは、日経平均が一気に下落しましたね。

下落相場は辛いし、評価額が下がるのも辛いことです。
ただ、証券口座を見なければ意外と冷静でいられます。

証券口座を確認したところで、決して残高は増えません。
資産形成の長期投資なのに、一喜一憂しても無意味です。

市場平均を受け入れると決めてしまえば、やることは単純。
短期的な相場変動に依らず、シンプルに投資を続けるだけ。

どうすれば続けることができるのか、そこを突き詰める。
継続のための仕組み構築さえすれば、あとは単純なこと。

だからこそ、投資の事前準備はとても大切だと思います。

あっという間に2018年が終了

2018年は、評価損益マイナスで幕を閉じました。
相場変動には逆らえないので、仕方がないです。

インデックス投資への第一歩を踏み出せたこと。
ブログを通じて長期投資の仲間と出会えたこと。

積立初期だからこそ、損益よりも大事なことがあって。
自分の行動次第の部分は、収穫が多かった気がします。

2018年1月から投資準備を進め、2月からブログを書き始め。
2月からつみたてNISA、4月からiDeCoをスタートしました。

2018年は約60万円、新たに投資できたのは良かったこと。
非課税枠をフル活用するという目標も無事に果たせました。

無我夢中で突っ走って、あっという間に過ぎ去った2018年。
やるべきことを、最低限はできたという達成感もあります。

運用実績を振り返りながらも、基本はほったらかし投資です。
継続することを第一目標に、今後も長期投資をしていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

皆さんの応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

関連記事紹介

お世話になっているつみたてNISAですが、100万口座が見えてきました。
普通の日本人が、長期分散積立投資に踏み出す契機となる良い制度です。
もっともっと、世の中で認知され広まっていって欲しいと感じています。

つみたてNISAの100万口座達成が見えてきました
2018年から始まった、少額投資非課税制度のつみたてNISA。徐々に広がり、口座数が順調に伸びています。遂に大台の100万口座達成まで、あと少しという状況です。この記事では、つみたてNISAの100万口座達成が見えてきたことについて書いていきます。

2018年、インデックス投資界隈でもいろいろありました。
印象に残ったニュースを3つ選んで、1年を振り返りました。

大晦日に振り返る2018年の3大ニュース
早いもので、2018年も大晦日となりました。個人的には、インデックス投資とブログを始めた年。記憶に残る1年がいよいよ終わると思うと、感慨深いです。この記事では、2018年の3大ニュースをピックアップして振り返ります。

コメント

  1. くまさん より:

    2018年度は最後にダダ下げだったので12月に一括購入した人以外は結構含み損が出たと思います。うちも真っ赤でした。
    20年という中で見れば1/20の割合なんでダメージはたかが知れてると思います。

    大事なのは20年のスパンで資産運用を行う事。

    そのツールの1つとしてつみたてNISAがある事。

    • 青井ノボル 青井ノボル より:

      コメントありがとうございます。
      インデックスの積立投資だとだいたい10%くらいのマイナスでしょうね。
      期待リターンとリスクの関係を改めて認識すると、想定の範囲内だったなと思います。
      何はともあれ、これから先も続けていくことが大事ですね!

タイトルとURLをコピーしました