つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2018年10月)

運用実績

青井ノボルです。

つみたてNISAでインデックス投資をスタートしたのは2018年2月末。
ようやく8ヵ月が経ったものの、積立金額はまだ少額に過ぎません。

いまは超低コストファンドが揃っていて、運用コストも超低水準です。
諸先輩方のお陰で、恵まれた環境のいまがあるのだと痛感しています。

また2018年10月は相場急落もありましたが、やるべきことは変わりません。

この記事では、つみたてNISAとiDeCoについて2018年10月末時点の運用実績を公開します。

Sponsored Link

ポートフォリオ

つみたてNISAとiDeCo、2018年10月末時点のポートフォリオはこちらです。

つみたてNISA口座ではこれまで8ヵ月間、毎日積立を続けてきました。
iDeCo口座は開設に時間が掛かったので、ようやく半年になります。

非課税制度をフル活用しているだけで、投資元本はまだまだ少額。
2018年10月は相場急落もあり、軒並み評価額が下落しています。

リスク資産にお金を投じる以上、相場の変動は仕方がありません。
相場変動に臆することなく、長期分散積立投資を愚直に続けます。

さてiDeCo口座では、思いがけず嬉しい出来事が起きました。

退職後に企業型確定拠出年金を放置し続けた結果
社会人十数年目のワタシですが、一度だけ転職した経験があります。前職では企業型確定拠出年金があったものの転職先には残念ながら企業型DC制度が無く、そのまま放置状態に。この記事では、退職後に企業型確定拠出年金を放置し続けた結果をお伝えします。

8年間も放置した企業型確定拠出年金が、iDeCoに戻ってきたのです。

戻ってきた45,147円は、自動的にeMAXIS Slim 先進国株式を注文。
iDeCo口座の投資額が、予定外に底上げされる結果となりました。

ところでiDeCoの投資額は202,329円、手数料控除後の金額です。

掛金は23,000円×7+45,147円=206,147円、手数料割合は1.8%

ちなみに、初月は2ヵ月分の掛金なので「×7」となっています。
初回手数料2,777円も含めて、手数料は累計3,818円です。

企業型DCのお金が戻ってきたため、手数料割合は大きく減少しました。
今後も積立を続けることで徐々に薄まるので、期待しながら続けます。

アセットアロケーション

つみたてNISAとiDeCo、2018年10月末時点のアセットアロケーションはこちらです。

リスク資産は、国内株株式:先進国株式:新興国株式を1:8:1で持つことが目標。

目標と比べると、新興国株式の割合が少なめとなっています。
9月末は10.1%、前月末から▲1.0ポイントとなりました。

新興国経済を不安視する声が強まり、株価も大きく下落しました。
新興国株式は時価総額比率で約13%なので、今後積み増します。

ちなみに、特定口座でもインデックスファンドを買っています。
特定口座分はこの運用実績に含めていませんが、まだ少額です。

特定口座での購入は、主に楽天スーパーポイントのポイント投資。

楽天証券のポイント投資でSPUを初適用させました
先日より、楽天市場のポイント制度SPUに楽天証券が追加されました。条件達成でポイントが+1倍になります。今回は楽天市場で買い物をする用事があり、初適用に挑戦します。この記事では、楽天証券のポイント投資でSPUを初適用させたことについて書いていきます。

楽天市場のSPU適用や、ポイントを有効活用するための投資です。

無理にポイントを貯めることなく、楽天経済圏で自然体に過ごす。
ポイント還元に釣られ、本来の目的を見失わないように注意です。

2018年10月を振り返る

2018年10月は、相場がマイナス方向へと大きく動いた1ヵ月間でした。
下落幅はそれぞれですが、株式相場は軒並み下がったという印象です。

この要因と言われているのは、米国長期金利上昇と米中貿易摩擦です。

米国をはじめ、先進国では金融正常化に向かうのでしょうか。
米中貿易摩擦は着地点が見えず、更に長期化するのかどうか。

新興国株式を中心に、暫くは厳しい相場環境が続くかもしれません。

相場環境がどうなるか、実際どうなるかワタシには分かりません。
短期的な相場変動に依らず、やるべきはシンプルに続けること。

NYダウと日経平均が急落してもシンプルに積立投資を続けるだけ
青井ノボルです。 今朝の投資界隈は、NYダウ急落のニュースで大きく賑わいました。 これまで堅調に推移してきましたが、1日で3%超の下落です。 NYダウに連動する形で、日経平均株価も大きく下落しました。 2018/10/11の...

相場変動で感情を揺さぶられていると、長期投資は続けられません。
バイ&ホールドのインデックス投資を継続することに、専念します。

忘れてはならない全世界株式(オール・カントリー)

2018年10月といえば、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の設定。
投信ブロガーが待ち望んていたニュースについて、触れないわけにはいきません。

三菱UFJ国際投信のブロガーミーティングでは、以前より話題があったファンド。
設定までもう少し時間が掛かると思っていたら、まさかの2018/10/31設定です。

新規設定が公表された2018/10/15、嬉しさのあまり長文記事をアップしました。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を徹底調査
三菱UFJ国際投信は本日、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を新規設定する旨をリリースしました。この記事では、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)について、ワタシなりに調べた結果をできるだけ詳しくお伝えします。

設定日当日には、つみたてNISA対象商品であると判明しました。

つみたてNISA対象!今日はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)設定記念日
2018/10/31、投信ブロガーが期待していたeMAXIS Slimの全世界株式版が遂に実現しました。つみたてNISA対象商品にもなっています。この記事では、本日設定となったeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)について書いていきます。

設定直後には、マザーファンドの情報提供資料が公表されました。

【異例の公表】eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)のポートフォリオ構成公開
先日設定されたeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)。国内株式のマザーに関連して情報提供資料が公表されました。この記事では、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)ポートフォリオ構築のお知らせ」について書きます。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、1本で全世界株式に投資が可能。
現物主体のマザーファンドで運用される、超低コストなインデックスファンドです。

時価総額比率で全世界株式に投資をしたい、ワタシの投資方針にもバッチリ。
つみたてNISA対象商品にも指定され、正直なところ舞台は整いつつあります

マネックス証券のiDeCoで対象商品となるのか、運用はすぐに安定するのか。
気になるところもありますが、情報収集しながら準備を進めたいと思います。

 

関連記事紹介

楽天証券の楽天カードクレカ決済について、投信積立設定がついに解禁です。
手続きを途中まで進めましたが、クレカ決済の設定は止めることにしました。

楽天カードクレカ決済の投信積立設定は簡単だけど止めました
2018/10/28、楽天カードクレジットカード決済で投資信託積立設定が可能となり、大きな話題に。この記事では、楽天証券による楽天カードクレカ決済の投資信託積立設定の方法を解説。またワタシがなぜクレカ決済の積立設定を途中で止めたのか書いていきます。

辛味をこよなく愛する投資家が集った、小規模オフ会の第1回辛味投資家の集い。
真面目な投資の話はもちろんのこと、辛味投資について熱く語り合った夜でした。

小規模オフ会の第1回辛味投資家の集いに参加しました
つい先日、小規模オフ会「第1回辛味投資家の集い」に参加しました。Twitterではお馴染みの辛味投資。今回は、辛味をこよなく愛する投資家4人で集まり、投資話に花を咲かせました。この記事では、第1回辛味投資家の集いについて書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント