今日は「お金は寝かせて増やしなさい」発売1周年記念日

書籍

青井ノボルです。

今日は、水瀬ケンイチさんの「お金は寝かせて増やしなさい」発売から1周年。
フォレスト出版から2017/12/8に発売され、今日でちょうど1周年となります。

インデックス投資には、名著といわれる本が幾つかあります。
「ウォール街のランダム・ウォーカー」「敗者のゲーム」。

名著はもちろん素晴らしいのですが、原則としてアメリカの話。
インデックス投資の原則は一緒でも、投資環境は全く異なります。

日本人による、日本人のためのインデックス投資の実践本。
それが「お金は寝かせて増やしなさい」なのだと考えます。

ワタシはこの本に出会って、インデックス投資を始めることができました。
本書には本当に感謝しているので、勝手ながら1周年をお祝いしたいのです。

この記事では、「お金は寝かせて増やしなさい」の1周年を記念して本書の魅力をお伝えします。

Sponsored Link

水瀬ケンイチさんによる15年間の実践記

皆さんご存知の通り、水瀬ケンイチさんは著名インデックス投資ブロガー。
ブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」を長年書かれています。

「インデックス投資のバイブル的ブログ」というのは本当の話で。

インデックス投資の始め方から、出口戦略まで多岐にわたる記事。
3,500を超える圧倒的な記事数で、内容も充実していて凄いです。

インデックス投資に出会ったもの、水瀬さんのブログがあってこそ。
ワタシは2018年1月に偶然ブログを拝見して、一気にハマりしました。

著書の出版直後でもあり、書評ピックアップ記事が上がっていて。
インデックス投資本を書かれている事を知り、チャリで即本屋へ。

「お金は寝かせて増やしなさい」、一晩で読み終えたと思います。

様々な苦労を乗り越えて、15年間インデックス投資を継続してきて。
そのノウハウや考え方を、余すところなく凝縮した実践記なのです。

理論だけではなく、日本でインデックス投資を実践してきた人が書いた本。
金融機関やプロの投資家ではなく、徹底した個人投資家目線で書かれた本。

だからこそ、サラリーマンなどの普通の人でも読める本なのだと思います。
インデックス投資初心者のワタシでも、内容をすんなりと理解できました。

投資初心者に最適な一冊です

「お金は寝かせて増やしなさい」は、インデックス投資のバイブル本。
インデックス投資のイロハを学ぶのに、最適な一冊と言われています。

金融庁主催のイベント、つみたてNISAフェスティバル2018のなかでも。
「初めての投資!おススメの一冊ベスト10」で見事、1を獲得しました。


(引用元:初めての投資!おススメの一冊ベスト10(つみフェス2018資料)|金融庁

個人投資家による投票で、投資初心者向けに最適という評価なのです。
実はワタシも、「お金は寝かせて増やしなさい」に投票していました。

初心者でも読めるように、平易な言葉とかみ砕いた表現で書かれています。
水瀬さんによる長年の実体験に基づく、徹底した個人目線の文章なのです。

ガリガリ君が2回連続で当たったエピソードなど、その最たる例でしょう。
投資初心者でも興味を持ちながら読み進められるよう、工夫されています。

いまだに売れ続けている名著です

発売3日で重版決定、発売10日で2万部突破といった勢いのある本書。
その後も頻繁にランキング上位に躍り出るベストセラー本なのです。

発売から1年間が経過したいまでも、根強い人気で読まれています。


(引用元:楽天ブックス)

発売から1年が経過したいま、新書を抑えて堂々のカテゴリ1
流行り廃りとは無縁、インデックス投資の定番本である証左です。

日本国内の投資環境という特殊事情を加味しつつも、普遍的な内容です。
筆者の経験に基づく実践的なアドバイスであり、確かな学びがあります。

インデックス投資のバイブル本として、今後も売れ続けるのでしょう。

本屋で必ず確認する程度に大好きです

ワタシは、水瀬ケンイチさんのお陰でインデックス投資を始めて。
インデックス投資を腹に落とすことの重要性を、本書で学びました。

そのお陰で、ブログを書きながら投資と向き合っている日々です。
お金は寝かせて増やしなさいを読んで、人生が大きく変わりました。

インデックス投資を始めるキッカケの本書には、とにかく感謝です。
個人的に思い入れの強い書籍なので、本屋で必ず確認してしまいます。

フォレスト出版さんのキャッチコピーは素敵なフレーズです。
流石、プロの仕事という雰囲気で素直にスゴイと思います。

こちらの本屋さんは、相当気合を入れて入荷したようでした
山積み具合が凄すぎて、驚いたことを鮮明に覚えています。


このように、好きすぎて本屋でついチェックしてしまう。
習慣となってしまっていて、今更止めることができません。

著者本人もハマってしまう一冊

お金は寝かせて増やしなさいは、筆者でもハマってしまう。
言葉では表現しきれない、不思議な魅力が潜んでいます。

アホでも何でもなくて、良いものは良いというのが真理です。
筆者も自ら認めざるを得ない魅力があるのが、本書なのです。


筆者が深夜にうっかり読みふけってしまう本。
本人が絶賛してしまう本、最高じゃないですか!

インデックス投資の新定番本

インデックス投資本として、本書は定番の本となるでしょう。
というよりは、本書こそ定番本になるべきだと考えています。

本書の魅力は、この記事だけでは到底書ききれません。
具体的な内容や特徴については、こちらに書いています。

おそらく、多くの人にとって本書は特別な存在だと思います。
それだけ影響力があって、人の心に響く書籍ということです。

著者の水瀬ケンイチさんは、どんな想いで本を執筆したのでしょう。
真相は不明ですが、少なからず影響を受けた人は多いと思います。

少なくともワタシにとっては、人生を変えた唯一無二の書籍です。

誰が何と言おうと、ワタシにとっては特別な存在であり続ける本書。
お金は寝かせて増やしなさいは、発売から1年経っても色褪せません。

そして、著者の水瀬ケンイチさんは今もブログを書き続けています。
経験のある方が発信を続けてくれることは、本当に有難い限りです。

今後も多くのことを水瀬さんから学び、インデックス投資を続けていきたい。
ワタシの原点とも言える本書、発売1周年記念日に触れて改めて感じました。

発売1周年記念日、改めまして本当におめでとうございます!

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

関連記事紹介

インデックス投資の実践者による書籍といえば、こちらも欠かせない存在です。
NightWalkerさんの綴る言葉は、金言ばかりで何度となく頷いてしまいます。

優しさ溢れる「世界一ラクなお金の増やし方」(NightWalker著)
インデックス投資界隈で「仙人さま」と呼ばれ親しまれている、NightWalkerさん。物腰の柔らかい紳士的な方です。この記事では「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」を読んだ感想と、本書を通じて考えたことを書いていきます。

バイ&ホールドのインデックス投資の継続するには、仲間は重要な存在。
長期投資を志す個人投資家同士の繋がりは、本当に貴重なのだと思います。

個人投資家同士の繋がりを大切にしたいと思う
バイ&ホールドを基本とするインデックス投資は、長期間継続することが重要です。そのうえで大事なのは、個人投資家同士の繋がりを大切にすることでは、と思うようになりました。この記事では、そう考えるに至った経緯について書いていきます。
書籍
Sponsored Link
青井ノボルをフォローする
インデックス投資で長期縦走へ

コメント

  1. くまさん より:

    うちが影響を受けた著書は2冊ありまして・・・

    山崎元さんの「オトナのマネー運用塾」です。2002年発刊と古いですが投資を始めていろんな

    本を読みましたが、辛口の人もいるんだな!と驚きました。

    「売り手の得は、買い手の損」、証券アナリストが実は占い師レベルで大した事ない、など

    今読んでも納得する事が多い(時代を経てるのでもちろん今にそぐわないのもあります)。

    うちはこの本を読んで回転売買は「売り手の得で、買い手の損」になってるんだと感じて、

    当時は個別株売買でしたが、薄利の回転売買は止めました(結果的に長期投資に向かい

    ました)。※2001年より今まで長期で持ってる銘柄もありますw

    2冊目は水瀬さんの「お金は寝かして・・・」ですね。

    ツッター始めて来年1月でちょうど1年目。株式のブログをツイッター始めるまで知らないと

    いう!極めて稀な?人種でした。水瀬さんが本の紹介してたので、何の予備知識もなく

    購入して読みました。

    読んでる内容がスラスラ入って良くわかる自分に妙に納得した1冊でした。専門的な知識や

    難しそうな公式もどきが無く、初心者が読んでも悩まないような感じですね。

    内容は概ねうちも既知でしたが期待リターン、リスク、リスク許容度は考えた事もなかった

    ので新鮮でした。暇な時はリスク許容度を算出して自問してます。

    • 青井ノボル 青井ノボル より:

      コメントありがとうございます。
      ヤマゲンさんの著書、実はまだ一冊も読んだことだありません。
      ネット記事は度々拝見していて、イベントでのトークなども聞いています。
      こんなに辛口の人が・・・というのは、ワタシも同じ感想を持ちました。
      ただ、駄目なものは駄目とスパッと言い切ってくれるのは有難いですね。
      そして水瀬さんの本書、投資歴の長い方でも新鮮な内容だったとは。
      内容がスラスラ入ってきて、よく分かるというのは完全に同意です。
      本書を通じて、インデックス投資が更に広まることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました