「お金と心」岡本和久さん講師の勉強会に参加しました

投資イベント

青井ノボルです。

岡本和久さんの講演を初めて聞いたのは、つみフェス2018のこと。
20~30分の限られた時間でしたが、非常に印象に残るお話でした。

できることならば、いつかじっくりお話を聞いてみたい。
目から鱗だったので、改めて学びたいと思っていました。

こうしたなか、Twitterで運良くお声掛けをいただいて。
岡本和久さん講師の勉強会に、参加させて貰えることに。

この記事では、岡本和久さん講師の勉強会「お金と心 200%のしあわせ持ちへのロードマップ」に参加したことについて書いていきます。

Sponsored Link

約20年の歴史ある異業種勉強会

今回は、Twitterで繋がっていたTakuさんからお声掛けをいただいて。
岡本和久さんを講師に招いての勉強会があるとのことで、参加しました。

Takuさんは、職場内で長期投資の勉強会をされていて。
それとは別に、異業種勉強会の主幹事もされています。

異業種勉強会は、約20年の歴史がある集まりのようでした。
月1で集まり、持ち回り講師で勉強会をしているそうです。

ワタシと同じく、つみフェスで岡本和久さんのお話を聞いて。
Takuさんが名刺交換をしたところ、今回に繋がったとのこと。

特別にワタシも混ぜてもらって、みっちり勉強してきました。

お金とどう向き合うか

勉強会のテーマは「お金と心、200パーセントのしあわせ持ちへのロードマップ」。
ご厚意により、岡本和久さんが代表を務める会社の事務所をお借りして開催です。

主な内容は長期投資に関することですが、人生においてどうお金と向き合うか。
単なる投資の話というよりも、より本質的なテーマでお話をいただきました。

話の骨格は、まさにつみたてNISAフェスティバルでお聞きした内容でした。
ひとつひとつの要素を、丁寧に説明いただけたことが主な違いでしょうか。

つみフェスでは時間制約が厳しかったですが、今回はじっくり聞けました。

時間軸と空間軸

人生の目的はお金持ちではなくて、しあわせ持ち
物品両面の幸福感、そして時間軸・空間軸の広がりが大事です。

自分だけでなく、職場・日本・世界へと空間軸を広げていくこと。
時間軸は5年・10年後を意識すると、長期投資にもプラスになる。

世界分散の長期投資は、時間軸と空間軸を広く持つ行為そのもの
意識が広がっていくと、自ずと長期投資も上手くいきそうですね。

自分という箱に閉じこもっていると、自分のことしか考えられない。
時間軸の意識が無いと、とにかく今のことしか考えられなくなる。

最後は価値観次第ですが、時間軸と空間軸は大事だなと感じました。

お金は感謝のしるし

「お金は感謝のしるし」という考え方にも触れました。
子供へお金を教えるときにも重要な概念だと思います。

価値交換により、自分の幸福感が増えるからこそ。
感謝とともにお金が世の中を巡っていくのです。

また、お金は世界と繋がることもできます。

チョコの原料であるカカオは、ガーナなどで獲れます。
ガーナで収穫したカカオは、船便で日本へ運ばれます。
日本に着いたら、工場まで陸運されてチョコとなって。
工場から小売店まで運ばれ、消費者が買っていきます。

アフリカのカカオ農場から日本の消費者まで。
世界中の人達と、お金で繋がっているのです。

チョコという一つの商品だけでも、多くの人が関わっている。
感謝のしるしとしてのお金を介して、繋がることができる。

まさに、自分の子供に教えたい内容だなと感じました。

投資の本質

投資とは何なのかということ、普段はあまり考えません。
ワタシもお金を増やすための手段というイメージでした。

手元に、今すぐには使う予定の無いお金があるとして。
今すぐにお金を必要とする人にお金を使わせてあげる。

これこそが「投資」ということなのだと教わりました。

お金を必要とする会社は、事業のためにお金を使います。
お金を活用して事業を展開し、世の中をより良くする。

事業を通じて、世の中から感謝のしるしを受け取ります。
だからお金を増やして返してくれる、つまりリターンです。

これは、株価が騰がる下がるよりも大切なことでしょう。
リターンが得られる大元、投資の本質を捉えるべきです。

表面的な知識ではなく、物事の本質を理解すること。
その大切さを、教えていただいたような気がします。

今回は、勉強会の中で心に残った内容をピックアップしました。
その他の内容については、今後のブログ記事で触れていきます。

懇親会でも色んな話が聞けました

2時間以上の勉強会が終わり、その後は懇親会へ。
ここでも岡本和久さんの貴重なお話が聞けました。

アクティブファンドや最新の投資信託についてなど。
ざっくばらんにお話ができて、幸せなひと時でした。

突っ込んだ内容の質問にも、丁寧にお答えいただいて。
岡本和久さんの生き様は、本当にカッコいいですね。

そのほか、勉強会メンバーの皆さんともお話をして。
投資に対するスタンスなど、面白い話ができました。

投資界隈だと、どうしても偏ってしまう面もあります。
バイ&ホールドをし続けようとする、すごい人達です。

一般的な社会人が、お金や投資についてどう考えるか。
「普通の感覚」に触れる機会は、ある意味貴重でした。

また、勉強会メンバーの皆さんがとにかく優しかった
空間軸をしっかり広げることができている人達でした。

こういったところは、自分もまだまだだと痛感して。
世界分散の長期投資を通じて、鍛えてきたいですね。

岡本和久さんの新書が発売

今回お話いただいた内容は、書籍にもまとめられていて。
2年振りに書かれた書籍が、先日から販売されています。

人生においてお金とどう向きあい、資産を形成するのか。
きっと、そのヒントが詰まっている書籍だと思います。

勉強会で書籍のことを知り、すぐにでも読みたくて。
ワタシは早速、大手書店で購入させてもらいました。

岡本和久さんのお話は、非常に共感できる内容が多くて。
ひとつひとつの言葉が身に染みますし、学びがあります。

年末年始を利用して、じっくり読み進めたいと思います。

 

青井ノボル
青井ノボル

皆さんの応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

関連記事紹介

人生の目的はしあわせ持ちになること、とても素敵な考え方です。
「いまできることをできる範囲でやる」という点が目から鱗でした。

人生の目的はお金持ちではなく「しあわせ持ち」
先日、つみたてNISAフェスティバル2018で岡本和久氏の講演を聞く機会がありました。テーマは「100年人生のお金との付き合い方」。とても共感でき、また目から鱗とも言える内容でした。この記事では、感銘を受けた講演内容にワタシの感想も添えてお伝えします。

資産形成のための投資には、具体的な目標額は不要だと思います。
内側の富と外側の富の考え方は、大切にしていきたいところです。

インデックス投資による資産形成に具体的な目標額は必要無い
インデックス投資家の多くは長期的な資産形成を目的としています。いわゆる老後資金として資産形成を行うケースが多いです。ところで、インデックス投資による資産形成に具体的な目標額は必要ないと考えます。この記事では、このように考える理由を書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました