上場企業のあるべき姿を熱く語る「生涯投資家」(村上世彰著)

書籍

青井ノボルです。

コーポレートガバナンス、日本語にすると企業統治。
経営のルールとして捉え、その遵守を求める村上氏。

上場企業であれば、株式の流動性は一気に高まります。
となると、株主と真摯に対峙する必要はあるでしょう。

透明性の高い経営をして、株主の期待に応えていく。
そして株主のため、継続的に利益を上げ続けていく。

旧村上ファンドの代表であった、村上氏が書いた本書。
コーポレートガバナンスに拘る考えが書かれています。

この記事では「生涯投資家」を読んだ感想について書いていきます。

スポンサーリンク

村上ファンドといえば阪神鉄道

村上世彰氏といえば、旧村上ファンドの代表者として超有名。
いまから10年以上前、投資素人のワタシでも知っていました。

阪神鉄道の株式を大量保有し、阪神タイガースの上場を提案。
ワイドショーで報道され、結構賑わっていた記憶があります。

村上ファンドが球団を乗っ取る、といった内容だったと思います。
個人的には、村上氏は利益主義の金に汚い人物という印象でした。

投資素人には悪い印象だけが残っていたのは、間違いないですね。

コーポレートガバナンスへの強い拘り

上場企業であれば、コーポレートガバナンスを遵守すべきである。
村上氏が本書の中で最も訴えたいのは、恐らくこの内容でしょう。

通産省を辞めて、旧村上ファンドを設立したのも日本を変えるため。
株主への意識が低い日本の上場企業に、ガバナンス強化を提言する。

良く言えば軸がしっかりしていて、行動力があるのが村上氏ですね。
ピュアで熱い想いを持ち続け、ストレートに行動する方のようです。

本書を読み進めていくと、村上氏の人物像がよく分かる気がします。

資本効率を上げて、より利益率の高い事業へ積極的に投資していく。
資本主義のルールを考えたとき、村上氏にとってあるべき姿はこれ。

その実行を、株主の立場から経営者に提言することを続けるなかで。
コーポレートガバナンスを日本の上場企業へと浸透させていきたい。

アツい想いを持っていたことは、本書によって初めて知りました。

旧村上ファンド時代の舞台裏

プロキシーファイトを挑んだ東京スタイル。
堀江氏が世間をにぎわせたニッポン放送。
そして、もはや代名詞でもある阪神鉄道。

世間をにぎわせた舞台裏で何が起こっていたのか。
当時の村上氏の想いもしっかりと綴られています。

村上氏が最も大切にしているコーポレートガバナンス。
その視点で考えたときに、各社はどう映っていたのか。

同じ出来事であっても、視点により見え方が大きく異なる。
コーポレートガバナンスという切り口も大切だと感じます。

現在では、コーポレートガバナンスコードが定められ。
その遵守が求められている時代ですから、尚更ですね。

村上氏の視点で捉える日本の問題点

日本人は貯金が好きで、株式市場にお金が回りにくい。
「貯蓄から投資へ」がなかなか進まないと言われます。

個人のお金が貯金にばかり流れると、株価も上がらない。
お金が「必ず増える」とは思えず、ますます投資しない。

本書では、こうして悪循環に陥っていると指摘しています。

アメリカではストックオプションの提供が圧倒的に多くて。
日本よりも時価総額が伸びている理由のひとつだそうです。

それ以外にも、村上氏は以下の様な指摘をしていました。

経営者は、託された資金をいかに効率的に活用して成長していくか、事業のプロフェッショナルとして先を見通した計画を立て、できる限り情報開示をしなければならない。株主との面談を含め、決算説明会など、全ての株主が企業と平等にコミュニケーションが取れる場を、積極的に設けるべきだ。
(引用元:生涯投資家P209)

市場から調達したキャッシュをどのように活用して事業を展開するか。
それによって高い利益を生み出すことが、投資家からは求められます。

株価が低いと判断するなら、手元資金で自己株取得を進めるのも一策。
株主にエグジットの選択肢を提供するほか、資本効率を上げられます。

投資家は、投資先から資金が戻ってきた場合、必ず次の投資先を探す。より多くのリターンを得られる投資先を、常に探している。そこで日本の上場企業のように、何も生み出さないままの状態で資金を寝かせてしまうと、そのまま塩漬けになり、成長のために積極的に資金を必要としている企業へ回っていかない。そうやって市場は停滞し、経済全体が沈滞してしまうのだ。
(引用元:生涯投資家P214)

こういう視点もあるんだな、というのは純粋に学びがありました。

上場企業とは何かを考えさせられた

インデックス投資では、広く分散した株式に投資ができます。
分散によりリスク低減効果が期待できるのは、メリットです。

ただ、投資先の個別企業との関係は希薄にならざるを得ません。
良くも悪くも「委ねる」という要素が大きくなってしまいます。

村上氏のような存在が、株主の立場で経営者と対峙していく。
そして、コーポレートガバナンスが機能している状態となる。

これはインデックス投資家にとっても良いことでしょう。
企業価値を高めていくために、必要なことだと思います。

村上氏が想い描く、上場企業のあるべき姿がはっきりと分かる。
一般的なサラリーマンには無い視点が学べる、面白い本でした。

コーポレートガバナンスの概念は、知っておいて損は無いです。
特に個人投資家にとっては、重要な視点のひとつだと感じます。

一方で、コーポレートガバナンスが絶対的なルールなのか。
上場企業は、企業価値を高めることに存在価値があるのか。

おそらく、道徳経済合一説を貫くような世界は別なのかも。
上手く整理して言葉にできないですが、違和感もあります。

いろんな価値観に触れることで、自分なりの価値観も定まってくる。
村上氏による想いで展開される本書だからこそ、学びがありました。

関連記事紹介

ニッポン放送の件でも世間を大きくにぎわせたホリエモン。
逮捕されて獄中生活を送ったのちに、出版された一冊です。

働くことの意味を考えさせられる「ゼロ(堀江貴文著)」
ホリエモンこと堀江貴文さんといえば、「カネの亡者」のイメージが強いかと思います。本書では、堀江貴文さんの幼少期や獄中の話など、らしくない一面も曝け出しています。この記事では、本書を読んだ感想と働くことの意味について考えたことを書いていきます。

ひふみ投信の藤野氏がTOPIXを腐った幕の内弁当と表現したこと。
コーポレートガバナンスが浸透していないことも一因でしょうか。

ひふみ投信にも「腐った幕の内弁当」となるリスクがある
超有名な独立系アクティブファンドのひふみ投信。藤野英人氏のレオス社が運用しています。さて過去に藤野氏から「日本のTOPIXは半分腐った幕の内弁当」という発言がありました。この記事では、ひふみ投信が腐った幕の内弁当となるリスクについて、書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました