累計100万PVという節目を迎えて思うこと

ブログ運営

青井ノボルです。

インデックス投資を中心としたブログを書き始めて、もう少しで2年。
正確には2018/2/1に開設して、気づけばもう1年10ヵ月になります。

もう2年なのかまだ2年なのかは人次第ですが、あっという間でした。
通勤時間は有効に使えるし、投資の考え方を整理する良い機会です。

自分の考えを好きなように書き、マイペースで更新しているブログ。
まさに自分のために書いているブログでも、読んでくれる人がいて。

読んでもらった累計数が積もり積もって、先日100万に達しました。
その数字に大した意味は無いものの、節目を迎えたということです。

この記事では、累計100万PVという節目を迎えて思うことについて書いていきます。

スポンサーリンク

先輩方の記事を読んで思い出した

以前にブログで書きましたが、ブログのPV数はあまり意識していません。
その理由は、読者のためではなく自分のためにブログを書いているから。

そのため、時々アナリティクスで検索流入や累計PVを確認する程度。
そんなワタシでも、累計PVを確認しようと思った契機となった記事。

ふたつあって、菟道りんたろうさんたぱぞうさんの記事です。

ブログの記事数も経験も大先輩のお二人、PV数は3倍・30倍とはるか遠く。
お二人の共通項は、自分という軸をしっかりと持っていることでしょうか。

そんなお二人が、節目にあたり読者への感謝と過去の振り返りを綴る記事。
素直に良いなと感じて、まだ100万PVですが真似して記事を書きたいなと。

アナリティクスで累計PVを確認したら、あと少しで100万に到達しそうで。
ちょうど数日後に100万PVを突破したので、タイミングにも恵まれました。

読者のみなさんに感謝です

ブログ「インデックス投資で長期縦走へ」は、自分のために書いています。
長期投資を継続するためにも、発信を続けることの意義が大きいからです。

あくまでワタシの考え方ですが、アウトプットは思考の整理に繋がります。
日記帳に書き殴るのも良いですが、検索性にも優れたブログは良いですね。

特定の読者層を想定して、徹底的にPV数を稼ぐブログもあるでしょう。
あるいは、副業としてアフィリエイトに注力するパターンもあります。

ブログは好きに書けばよいと思いますが、ワタシは自分軸を大切にしたい。
ワタシがどういう思考プロセスで、何を考えてどう行動したのかが大切で。

読みやすい文章を心掛けていますが、自分の書きたいように書くのが前提。
検索エンジンに評価されるためでなく、自分のために書くことを徹底する。

自分勝手すぎるブログですが、読んでくれる人がいるのは素直に感謝です。
100万はワタシにとって途方もない数字であり、積み重ねの力を感じます。

変わったことと変わらないこと

ブログを書きはじめる前、インデックス投資を知らなかったワタシ。
インデックス投資を知り、そしてブログを書き始めて今に至ります。

投資額はまだ小さいですが、長期投資の基礎を固めることができた。
リーマンショックの経験も踏まえて、投資スタイルが確立しました。

インデックス投資についてブログを書くことで、頭が整理されて。
投資方法やスタンスはこれです、という名刺代わりになりました。

ブログを書いてTwitterで絡み、良い投資仲間にも恵まれています。
長期投資を志す仲間を増やす、これは成功していると言えそうです。

ブログを書き続けるのは、周りを見ると意外とハードルが高くて。
こうして楽しみながら続けられているのは、幸運かもしれません。

その他では、世の中には多種多様な考え方が存在するということ。
当たり前のことですが、世界が広がったからこそ実感しています。

他人と自分は絶対違うのだから、とことん自分らしくいれば良い。
この考えに行き着いたのは、ブログとSNSのお陰かもしれません。

明後日の方向からコメントを貰うこともありますが、それも経験。
エネルギーを使って発信するからこそ、得るものも大きいのです。

数字との向き合い方

他人と比べても仕方ないという点も、最近想いを強くしています。
特に数字を見たとき、他人と比べたがってしまうのが日本人です。

数字はあくまで自分の行動を変えるための指標であると思います。
他人と比べて自慢するものではなく、また卑下するものでもない。

例えば累計100万PVでも、見る人によって印象は変わるでしょう。
スゴイと思う人もいれば、全然大したことが無いという人もいる。

そうした他人からの評価は関係なくて、自分が受け止めれば良い。
客観的事実としての数字に、一喜一憂する必要は無いと思います。

数字の裏にある定性的なこと、どんなアクションを起こしたか等。
プロセスこそが重要であり、そこにフォーカスするほうが生産的。

投資が趣味でも仕事でもないワタシにとって、数字比較は無意味。
この考えに至ることができたのも、ブログのお陰かもしれません。

ブログは今後も続けていきます

幸いなことに、当ブログは検索エンジンからの流入が限定的です。
それ故に爆発的なアクセスは期待できませんが、安定しています。

PV数の乱高下に飲み込まれるリスクは低く、マイペースで書けます。
自分が本当に書きたいことを、書きたいクオリティでお届けします。

仮に今のアクセス数が減ったとしても、緩く続けてきたいところ。
ブログやSNSでの発信を通じての繋がりは、長期投資の支えです。

甚だ自分勝手なブログですが、こういう投資の考え方もあるのだと。
ひとつのサンプルとして、何か参考になるとしたら嬉しいことです。

最近は仕事が忙しく、毎日のように更新するのは難しいのが現実。
それでも可能な範囲で、通勤中の電車内で書くようにしています。

このスタイルが心地よいので、これからも背伸びすることなく。
自分らしいブログを書き続けれいければ、幸せだなと思います。

関連記事紹介

ブログの価値はアクセス数でもなければ、収益でもないと考えます。
趣味で続けているブログだからこそ、自分を失いたくはないのです。

ブログは数多く読まれないと存在価値が無いのだろうか
ブログを書くのは長期投資のため。つまり、究極的には自分自身のために書いているのが原点です。ただ、それで本当に良いのかと少し悩んでいる部分もあります。この記事では、ブログは数多く読まれないと存在価値が無いのかどうか、考えたことを書いていきます。

ブログを書くのは基本的に隙間時間、通勤電車で書いています。
時間を有効活用するという意味では、結構上手くいっています。

ブログをいつどこで書いているかコッソリ公開
インデックス投資を中心としたブログを書きはじめて、早いもので8ヵ月。ほぼ毎日更新を続けていますが、ブログをいつ書いているかというと、平凡な日常のなかでスキマ時間を活用しているに過ぎません。この記事では、ワタシがブログをいつどこで書いているかをコッソリ公開します。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました