Kyashの月間利用額公開(2020年2月)

節約・節税

青井ノボルです。

Kyashリアルカード、2枚目の発行を済ませてから1ヵ月ほど。
新しいKyashCardの発送開始が延びており、良い判断でした。

現行リアルカードでも、1%還元が4月中まで適用されるようです。
あと1ヵ月ちょっとの間は、ライトブルーなカードが活躍します。

バーコード決済のキャンペーンも落ち着き、やはりKyashです。
1%還元をしっかりと享受できるということの有難みを感じます。

この記事では、2020年2月におけるワタシのKyash月間利用額を公開します。

スポンサーリンク

月間支出額

まずはじめに、2020年2月の月間支出額を確認します。
2020年2月の支出は、合計71,143円となりました。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

何か大きな買い物をしたのかと思いきや、ほぼ半分は保険。
自動車保険の更新時期が迫っていたので、カード決済です。

実際に事故に遭ってしまった際に、どこの会社が良いのか。
この辺りは不明確ですが、いろんな情報があったりします。

ワタシは昨年と同じ、おとなの自動車保険をそのまま更新。
まだ乗り換え予定は無いですが、情報は収集しておきます。

2020年2月は、71,143円に対して697ポイント付与。
実質的な還元率を計算すると、約0.98%となりました。

ポイント1%還元、地味ですが確実に節約に繋がっています。

月間入金額

次に、2020年2月の月間入金額を確認します。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

ポイントチャージも忘れずに、合計71,143円でした。
手動操作のポイントチャージは、要改善だと思います。

ポイントはこまめにチャージしたほうが、ほぼほぼ得に。
ここは利用者の利益を最優先に考えて欲しいところです。

Kyashリアルカードはココでも使える

Kyashリアルカードですが、何かと制約事項が多いのが欠点。
特に、使えるお店や場面には制限があるので注意が必要です。

例えば、暗証番号必須の場合やガソリンスタンドでは使えません。
新しいKyashカードでは緩和されるようですが、まだ未発表です。

使えるお店やシーンを把握することが、Kyash活用の第一歩に。
そこで、今回もKyashリアルカードを使えたお店を紹介します。

楓乃樹

1店舗目は、広島土産の新勢力として勢いのある楓乃樹です。
広島に行く機会があり、広島駅の店舗でお土産を買いました。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

新幹線の改札を入ったところに、幾つかお土産屋があって。
そのうちのひとつが、楓乃樹というお菓子メーカーのお店。

広島土産の定番といえば、やはりもみじ饅頭だと思います。
楓乃樹では、変化球のメープルもみじフィナンシェが主役。

これはお土産に間違いないですし、自宅用にも良いです。
もみじ饅頭ではないですが、絶妙に甘くて美味しい菓子。

広島土産の新定番として、きっと躍進することでしょう。

福ちゃん

続いて2店舗目は、これまた広島のお好み焼き店の福ちゃんです。
広島のグルメいえば、外せないのが広島風お好み焼きですよね。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

お好み焼きと生ビールを一杯、お安く上がったディナーです。
牡蠣も食べたいなと思ったのですが、ここでは我慢しました。

藤子・F・不二雄ミュージアム

続いて3店舗目は、川崎市にある藤子・F・不二雄ミュージアムです。
息子がドラえもんにハマっていることもあり、お出掛けしました。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

出口にあるお土産コーナーで買ったときの決済だと思います。
チケットは予約制で、ローソンの端末で予約購入が必要です。

いまは新型コロナウィルスの感染拡大防止のため臨時休館中。
早く平常時に戻り、子供達が楽しめるようになりますように。

2020年2月の支出を振り返る

Kyashリアルカードは、いまも実質メインカードとして活躍中。
還元率が1%になっても、幅広く使えるのは大きな利点ですね。

2月は自動車保険更新のほか、記念日を祝う支出もありました。
この2つだけで5万円弱となっていて、大型支出となりました。

それ以外には、新型コロナウィルスの影響でお出掛けも無くて。
支出は最低限となり、合計すると約7万円に収まったのでした。

やれることに限りがあるので、どうしても支出は減る傾向です。
家計的には助かるとはいえ、社会全体ではマイナスと言えます。

新型コロナウィルスの騒動が早く鎮静化して欲しいものですね。
そして支出する際には、Kyashをフル活用して節約に努めます。

関連記事紹介

自動車保険には必要性を感じていますが、そうでない保険もある。
自分自身に本当に必要な保障は何なのか、考えておきたいですね。

子ども総合保障制度(こども総合保険)の保障は不要なので加入しません
公立小学校への入学準備書類の中に、加入案内チラシがありました。PTAが窓口の子ども総合保障制度(こども総合保険)です。とりあえず入るという人も多いでしょう。この記事では、子ども総合保障制度(こども総合保険)の中身を確認しながら、本当に加入すべきかを考えます。

効率的に働いて稼ぐという意味では、時給換算の視点も大切。
自分の数字を把握しておくことは、何かと役に立つものです。

サラリーマン給与を時給換算したら約4,600円でした(2019年版)
人手不足は深刻で、働き方改革という言葉も定着しました。そして、労働を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。従来の感覚でいると社会から取り残されます。この記事では、サラリーマンとしてのワタシの2019年給与を時給換算したうえで、働き方について考察します。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました