Kyashの月間利用額公開(2018年10月)

節約・節税

青井ノボルです。

2018年7月からKyashリアルカードの利用を始めて、4ヵ月が経過。
プリペイド式のVISAカードで、ほぼクレカ感覚で使っていました。

使い道は限定的ですが、2%のキャッシュバックが最大の魅力。
高還元率カードが次々と改悪されるなかで、貴重な存在です。

ところが2018/11/3、Kyash決済で大規模な障害が発生しました。
自動チャージ機能が停止され、前払いでないと使えない状況です。

ワタシは障害発生後、自動チャージ機能の復活を待っている状態。
いまは利用を控えていますが、もう少しで復活する予定のようです。

この記事では、2018年10月におけるワタシのKyash月間利用額を公開します。

Sponsored Link

月間支出額

まずはじめに、2018年10月の月間支出額を確認します。

2018年10月はKyash生活4ヵ月目となり、だいぶ慣れてきました。
とはいえ、世の中的にはまだまだマイナーな存在だと思います。

コンビニでは「珍しいカードですね」と言われたこともあります。
たしかに、ICチップ無しの磁気カードは今となってはレアですね。

2018年10月の支出は、合計19,418円となりました。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

先月とほぼ同額となり、高額決済が無かったのが特徴です。
履歴を見ても、数百円~千円台の少額決済ばかりでした。

来月のキャッシュバック額は、400円前後と推測します。

月間入金額

次に、2018年10月の月間入金額を確認します。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

自動チャージと受取があり、合計14,607円となっています。
不思議なことに、月間支出額と大きな誤差が生じています。

明細をじっくり確認すると、不思議な現象が起きていました。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

ワタシの場合、事前チャージを一切しないようにしています。
Kyash残高が4,000円弱もある状態は、絶対にあり得ません

そのため、Kyash残高で決済ができるはずがありません。

自動チャージ機能で楽天カードから引き落とされているはず。
そこで、楽天カードの利用明細を確認してみることにします。


(引用元:楽天カードアプリより一部抜粋)

やはり、登録している楽天カードからチャージされていたようです。
他にも数件、自動チャージ扱いになっていない履歴がありました。

この頃から、システム障害の前兆があったのかもしれません。

さて、受取についてはキャッシュバックとキャンペーンの2種類。

まずは、2018年9月分キャッシュバックの金額から確認しましょう。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

20,807円の支出に対して、405円分のキャッシュバック。
端数処理により、還元率は2%→1.946%に若干のダウンです。

それでも、ほぼ2%と言って問題のない水準と言えます。

さて、2018年10月はキャンペーンによる受取も発生しました。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

どうやら、2018年9月の集金キャンペーン対象となったようです。
先着3,000名のなか、月末に集金をしたワタシが対象となるとは。

個人間のキャッシュレス取引は意外と簡単で、便利な機能でした。
ただ、Kyashを使って集金する人は少人数なのが現実のようです。

キャンペーン分が200円、キャッシュバックと合わせて605円の受取となりました。

Kyashリアルカードはココでも使える

Kyashリアルカードですが、何かと制約事項が多いのが欠点。
特に、使えるお店や場面には制約が多いので注意が必要です。

例えば、暗証番号必須の場合やガソリンスタンドでは使えません。
使えるお店やシーンを適切に把握することが、活用の第一歩です。

というワケで、実際にKyashリアルカードを使えたお店を紹介します。

ららぽーと

今回紹介する1店舗目は、ショッピングモールのららぽーとです。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

子連れで行きやすいのが、郊外型のショッピングモールです。
ららぽーとにも、ときどきお世話になっています。

駐車場も大きいので、子連れのマイカー組には有難いところ。

アピタ

続いて2店舗目は、ショッピングモールのアピタです。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

イオンやダイエーといった郊外型モールと、ほぼ一緒です。
ららぽーとと同じく、あれこれとお世話になっています。

2018年10月の支出を振り返る

Kyashリアルカードは、主に日常的な少額決済で使用しています。
そのため、日々の支出を振り返る最適なツールとなっています。

1ヵ月に一度、こうして記事を書きながら消費を振り返ってみる。
地味な繰り返しが、マネーリテラシー向上に繋がるのでしょう。

履歴を振り返ると、コンビニでの利用頻度が下がっていました。
要因は、コンビニで昼食を買う機会を減らしているためです。

というのも、栄養価の高い食事を心がけるようになりました。
お金の節約よりも、食生活の充実を大切にしていきたいです。

Kyashリアルカードは、約2%の高還元率を誇る最強のサブカードです。
ただ、システム障害と自動チャージ機能の停止は気がかりなところ。

Kyashのシステム障害と自動チャージ機能停止の対処法を考察
新たな金融サービスとして注目されるkyash。2018/11/3に発生したシステム障害ですが、現在も障害完全復旧の目途は立っていません。この記事では、長期化するKyashシステム障害と自動チャージ機能停止への対処法を考察します。

ちなみに、最新のお知らせによると自動チャージ機能が復活するとか。
どうなるかは不明ですが、復活して安定稼働すれば嬉しいことです。

今後も様子を見ながら、Kyashを活用していきたいと思います。

 

関連記事紹介

kyashリアルカードのメイン利用は難しいですが、最強のサブカードだと思います。
使うコツさえ掴めれば、意外と日常的に使えるので有効活用したいところです。

Kyashリアルカードは最強のサブカードだと思う
Kyashリアルカードを使い始めて、およそ1ヵ月が経ちました。「思っていたより意外と使えるな」というのが正直な感想です。このカード、サブカードとしては最強クラスです。Kyashリアルカードを1ヵ月使ってみた実体験から感じたことを書いていきます。

Kyashリアルカード最大の特徴は、2%という高還元率カードであること。
制約事項が多いので、条件についてはしっかりと確認する必要があります。

Kyashリアルカードは高還元率!だけど制約事項が多すぎる
kyashはもともと、簡単に割り勘ができるスマホアプリのサービス。ここにリアルカード機能が加わり、実店舗でも使えるようになりました。割り勘アプリが進化したというイメージですね。この記事では、kyashリアルカードの還元率と使い勝手について考察していきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました