Kyashの月間利用額公開(2018年9月)

節約・節税

青井ノボルです。

2018年7月からKyashリアルカードの利用を始めて、3ヵ月経過です。
プリペイド式のVISAカードですが、ほぼクレカ感覚で使っています。

使い方は工夫が必要ですが、2%のキャッシュバックが最大の魅力。
高還元率カードが次々と改悪される中、貴重な存在と言えます。

9月には初めて請求・送金機能を使い、利便性を実感しました。
割り勘アプリとしても、快適なキャッシュレス取引が可能です。

この記事では、2018年9月におけるワタシのKyash月間利用額を公開します。

Sponsored Link

月間支出額

まずはじめに、2018年9月の月間支出額を確認します。

2018年9月はKyash生活3ヵ月目となり、日常に溶け込んできました。
実は、決済可能なリアル店舗の発掘するのが密かな楽しみの一つです。

2018年9月の支出は、合計20,807円となりました。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

先月の半分以下ですが、高額決済が無かったのが要因です。
履歴を見ても、数百円~千円台の少額決済が目立ちます。

来月のキャッシュバック額は、400円前後と推測します。

月間入金額

次に、2018年9月の月間入金額を確認します。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

自動チャージと受取があり、合計20,807円となりました。
受取内訳を確認すると、キャッシュバックと請求分受取の2種類。

まずは、2018年8月分キャッシュバックの金額から確認しましょう。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

43,186円の支出に対して、847円分のキャッシュバック。
端数処理により、還元率は2%→1.961%に若干のダウンです。

それでも、ほぼ2%と言って問題のない水準だと思います。

さて、2018年9月は割り勘請求による受取も発生しました。

Kyashで割り勘請求を実際にやってみたら簡単でした(画像付)
先日、第2回ラーメンずずず会という名の小規模オフ会を開催しました。実は裏テーマとして、割り勘アプリでもあるKyashで、請求・送金機能を使ってみようと企んでいたのです。この記事では、Kyashで割り勘請求を実際にやってみた手順と感じたことを書いていきます。

Kyashリアルカードの高還元率が注目されますが、元々は割り勘アプリ。
個人間のキャッシュレス取引は意外と簡単で、便利だなと実感しました。

割り勘分が700円、キャッシュバックと合わせて1,547円の受取となりました。

Kyashリアルカードはココでも使える

Kyashリアルカードですが、何かと制約事項が多いのが欠点。
特に、使えるお店や場面には制約が多いので注意が必要です。

ただ、徐々に条件を緩和していく傾向にはあるようです。
先日は、1回あたりの利用上限額が引き上げられました。

Kyashリアルカードが1回利用限度額アップで益々便利に
先日、Kyashより「1回あたりの利用限度額がアップ」とのメールを受信しました。厳しい制約条件が緩和され、ますます便利でお得なカードになりますね。この記事では、Kyashリアルカードの1回(24時間)利用限度額アップについて書いていきます。

5万円が上限となり、飲み会の立替精算などでも使いやすく便利に。
日常生活のなかで使えるシーンが増えるのは、素直に嬉しいですね。

とはいえ、暗証番号必須の場合は使えないなどの制約は残っています。
使えるお店やシーンを適切に把握しておくことが、活用の第一歩です。

というワケで、実際にKyashリアルカードを使えたお店を紹介します。

くら寿司

今回紹介する1店舗目は、回転寿司のくら寿司です。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

我が家には幼児が2人いるのですが、2人とも回転寿司が大好き。
回転寿司の中でも、ワタシが個人的に好きなのがくら寿司です。

くら寿司は、何と言っても「鮮度くん」の存在が大きいと思います。

回転レーンでまわっている寿司は、鮮度くんで蓋がされています。
そのため、回転レーンからも安心して寿司を取ることができます。

また、楽天スーパーポイントが使える店舗でもあります。
Kyash(2%)+楽天クレカ(1%)+楽天ポイント(0.5%)のコンボが炸裂です。

Kyashリアルカードを使うと、楽天経済圏でも更にお得ですね。

Fit Care DEPOT

続いて2店舗目は、神奈川県東部ではお馴染みのFit Care DEPOTです。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

ドラッグストアのチェーン店で、神奈川県東部ではそれなりに有名だと思います。
店舗面積はやや広めで、倉庫のように天井が高いアメリカンな雰囲気が特徴です。

このときは、洗濯洗剤と柔軟剤のストックを購入したと思います。
Kyashリアルカード決済は初めてでしたが、普通に使えました。

AEONシネマ

最後の3店舗目は、シネコンのAEONシネマです。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

息子と2人で映画ドライブヘッドを観にいきました。
ネットでチケット代を払う際に、サクッと利用です。

ほんの少し前まで放映していたアニメの映画版です。
幼児向けのアニメですが、意外とよく作られています。

2018年9月の支出を振り返る

Kyashリアルカードは、主に日常的な少額決済で使用しています。
そのため、日々の支出を振り返る最適なツールとなっています。

1ヵ月に一度、こうして記事を書きながら消費を振り返ってみる。
地味な繰り返しが、マネーリテラシー向上に繋がるのでしょう。

履歴を振り返ると、スーパーとコンビニでの利用が大多数です。
ドラッグストアやホームセンターが少々という感じでしょうか。

家族ができて子供が生まれ、自分のための消費は激減しました。
純粋な自分のための消費は、ランチなど食に関するものくらい。

節約の意識もそこまで高くないので、物欲の問題なのでしょうか。
ふと思い返してみると、消費行動がガラリと変わった気がします。

家族との時間を大切にしながら、丁寧に消費していきたいです。

Kyashリアルカードは、約2%の高還元率を誇る最強のサブカードです。
今後も上手に活用していき、日常生活をお得に過ごしていきます。

 

関連記事紹介

kyashリアルカードのメイン利用は難しいですが、最強のサブカードだと思います。
使うコツさえ掴めれば、意外と日常的に使えるので有効活用したいところです。

Kyashリアルカードは最強のサブカードだと思う
Kyashリアルカードを使い始めて、およそ1ヵ月が経ちました。「思っていたより意外と使えるな」というのが正直な感想です。このカード、サブカードとしては最強クラスです。Kyashリアルカードを1ヵ月使ってみた実体験から感じたことを書いていきます。

Kyashリアルカード最大の特徴は、2%という高還元率カードであること。
制約事項が多いので、条件についてはしっかりと確認する必要があります。

Kyashリアルカードは高還元率!だけど制約事項が多すぎる
kyashはもともと、簡単に割り勘ができるスマホアプリのサービス。ここにリアルカード機能が加わり、実店舗でも使えるようになりました。割り勘アプリが進化したというイメージですね。この記事では、kyashリアルカードの還元率と使い勝手について考察していきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント