Kyashの月間利用額公開(2019年8月)

節約・節税

青井ノボルです。

Kyashは常に還元率2%という高還元率カードとして有名に。
ただ、破格の還元率も9月中で終了することになりました。

2%還元が無くなるのは残念ですが、ここまでは想定の範囲内。
リアルカード発行済みであれば、1%還元を即時に受けられる。

還元率は改悪されますが、Kyashポイントも悪くない制度です。
今後も継続して使っていくかどうか、改めて考えたいところ。

この記事では、2019年8月におけるワタシのKyash月間利用額を公開します。

スポンサーリンク

月間支出額

まずはじめに、2019年8月の月間支出額を確認します。

2019年8月は、夏休みの旅行やキャンプでの支出が目立ちます。
先月と同様に、リアル店舗でKyashを使うことが多かった印象。

磁気カードですが、意外と多くのリアル店舗で使用できます。
スーパーなどで使う分には、スキミングのリスクも低めです。

Kyash特有のリスクはありますが、許容範囲だと感じています。
決済後に通知も飛んできますし、過度な心配は不要と考えます。

さて2019年8月の支出は、合計50,085円となりました。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

内訳を確認しましたが、ほとんどがスーパーとコンビニの支出です。
普通に生活するなかでの支出を、ごく自然にKyash決済しています。

よく見ると、キャンプに行った際の支出もほとんどスーパーでした。
キャンプ場はカード決済非対応なケースが多いので仕方ないですね。

来月のキャッシュバック額は、1,000円前後と推測します。

月間入金額

次に、2019年8月の月間入金額を確認します。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

自動チャージと受取があり、合計50,369円となっています。
キャッシュバック分を使いきれず、月間支出額よりも多めに。

2019年7月分キャッシュバックも、無事に入金されています。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

54,941円の支出に対して、1,089円分のキャッシュバック。
還元率を計算してみたところ、約1.98%となりました。

端数処理で、還元率は2%→1.98%に若干ダウンします。
それでも、ほぼ2%を確保できるのは有難い限りですね。

ただし前述の通り、この還元率は9月いっぱいで終了します。
2%還元が改悪されてるのは悲しいですが、仕方がないです。

Kyashリアルカードはココでも使える

Kyashリアルカードですが、何かと制約事項が多いのが欠点。
特に、使えるお店や場面には制限があるので注意が必要です。

例えば、暗証番号必須の場合やガソリンスタンドでは使えません。
使えるお店やシーンを適切に把握することが、活用の第一歩です。

というワケで、今回もKyashリアルカードを使えたお店を紹介します。

ザ・ビッグ

今回紹介する1店舗目は、スーパーマーケットのザ・ビッグです。
キャンプに行く途中、ザ・ビッグ北杜須玉店で買い物をしました。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

ザ・ビッグは、いわゆるイオン系のスーパーマーケット。

今年の夏、五光牧場キャンプ場へ行った時に利用しました。
野辺山にある高原キャンプ場で、夏でも涼しいところです。

ファミリーキャンプなので、フリーサイトで広いのも良し。
子供たちが伸び伸びと遊んでいる姿は、とても癒されます。

五光牧場キャンプ場は、以前から行きたいと思っていた場所。
いまから約1年前、ゆうきさんのツイートで知ったのです。

都心からのアクセスも良く、良い感じの高原キャンプ場でした。
来年の夏もリピートして、ザ・ビッグで買い物をしたいですね。

さわやか

続いて2店舗目は、ハンバーグが有名すぎるさわやかです。
静岡県内で展開するのステーキ・ハンバーグのチェーン店。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

炭火焼で美味しいハンバーグが食べられる、静岡県内のお店。
チェーン店とは思えないクオリティで、知名度は全国区です。

特にげんこつハンバーグが人気で、これを目当てに大行列も。
都心から近い御殿場店では、週末だと3時間待ちは当たり前。

チケットを発券して待つスタイルで、正確には行列では無い。
とはいえ長時間待ってでも食べたい、そんなハンバーグです。

中は赤くてレアですが、全然問題なく美味しく食べられます。
熱々の鉄板に乗って配膳されるので、しっかり焼くことも可。

ワタシは5年以上さわやかに憧れて、ようやく念願叶いました。

フードマーケット マム

続いて3店舗目は、スーパーのフードマーケット マム。
神奈川県・静岡県・愛知県で展開しているスーパーです。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

前述のさわやかへ向かう道中で、利用しました。
地域に溶け込んでいるスーパーという印象です。

静岡県内を巡るとき、またお世話になりそうです。

2019年8月の支出を振り返る

Kyashリアルカードは、ほぼメインカードとして使用中。
1年以上使い続けても、主力カードとして活躍しています。

カードの中で高還元率を誇るKyash、唯一無二の存在です。
だからこそ主力だったのですが、残念ながら改悪されます。

還元率1%となるKyashリアルカード、これからも使うべきか。
改めて考えたいところですが、おそらく使い続けるでしょう。

Kyashは公共料金払いなどの定期引き落としには使用不可。
それ故に、乗り換えるコストは限りなく低いのが特徴です。

いざとなれば、すぐに使うのを止めることもできるのです。
Kyashの特徴を踏まえ、今後も有効活用したいと思います。

関連記事紹介

過去には大規模障害が起こったこともありました。
Kyashは良いカードですが、万能ではありません。

Kyashのシステム障害と自動チャージ機能停止の対処法を考察
新たな金融サービスとして注目されるkyash。2018/11/3に発生したシステム障害ですが、現在も障害完全復旧の目途は立っていません。この記事では、長期化するKyashシステム障害と自動チャージ機能停止への対処法を考察します。

Kyashリアルカードには、様々な制約があるのも事実。
ワタシはふるさと納税で見事に失敗してしまいました。

Kyashでふるさと納税したらキャッシュバック対象外でした
Kyashリアルカードを使い始めて半年超。2%キャッシュバックが特徴のKyash、なかなかスゴイです。ただ、人間と言うのは慣れてきたころにミスを犯すもの。この記事では、Kyashでふるさと納税をしたらキャッシュバック対象外だった体験談を書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました