Kyashリアルカードは最強のサブカードだと思う

節約・節税
Sponsored Link

青井ノボルです。

Kyashリアルカードを使い始めて、およそ1ヵ月が経ちました。
「思っていたより意外と使えるな」というのが正直な感想です。

ワタシは社会人になってから、高還元率カードを渡り歩いてきました。
クレカマニアではないですが、それなりに活用してきたつもりです。

このカードはメインにはなりませんが、サブカードとしては最強クラスです。

Kyashリアルカードを1ヵ月使ってみた実体験から感じたことを書いていきます。

メインカードに紐づけてポイント二重取り

Kyashリアルカードは、クレジットカードではありません。
厳密に言うと、プリペイド式カードという分類になります。

原則は、事前にチャージした分だけを利用できるという仕組み。
クレカのように後払いではなく、先払いというイメージです。

ただ、登録クレジットカードで自動チャージする方法があります。
この仕組みを活用することで、クレジットカード感覚で使えます。

登録カードを利用してのチャージは自動チャージのみとなっております。
自動チャージは、送金時・決済時に残高の不足分のみ自動で充当する仕組みです。
不足分は登録カードより即時引き落とされます。
(引用元:登録カードでの自動チャージ|kyash FAQ

チャージ残高が無ければ、Kyashリアルカード使用時に即時カード決済。
残高を一切気にする必要が無いので、この機能は素晴らしいと思います。

また、登録クレジットカードにおいてポイント二重取りも可能です。
メインカードを登録すれば、そちらのポイントもザクザク貯まります。

ワタシの場合は、楽天カードをKyashの登録クレジットカードにしています。
楽天カード側で1%還元、Kyash側で2%ポイントバック、ポイント二重取りです。

街中で意外と使える

いくつかの使用制限がありますが、Kyashリアルカードはクレカ感覚で使えます。

以前はコンビニで楽天Edyを使用していましたが、全てKyashリアルカードに切り替えました。
クレジットカードを使えるのか不安でしたが、実際はサインレスでサクッと使えるんですね。

そのほか、スーパーやショッピングモールでも普通に使えます。
他にも身近なところでは、マクドナルドでもスムーズに使えます。

原則として、暗証番号入力が要らない店舗であれば大体OKです。

レジが混んでいても、決済にさほど時間が掛からないので問題無し。
Kyashリアルカードは、日常的な少額決済と相性が良さそうです。

ネット利用時には名義に注意

ネットでも意外と使えるのが、Kyashリアルカードの有難いところ。

楽天市場での買い物は、楽天カードを使うのがお得です。
買い過ぎに注意しつつ、上手く活用すると節約に繋がります。

Kyashリアルカードが活躍できる場面は、楽天市場以外のネットショップ。
例えばAmazonでも使えますので、活躍の余地は結構ありそうな気がします。

ちなみに、ネットで使う際に名義をどうすればいいか悩むと思います。
名義はカードに書かれている通り「KYASH MEMBER」と入力すればOKです。

公式サイトのFAQによると、カード利用者本人の名前でも大丈夫なようです。

オンラインでのご利用方法
・Kyash Visaカードの券面にある16桁のカード番号と有効期限を入力し、お支払い方法はクレジットカードの1回払いをご指定ください。
・セキュリティコードの入力が必要な場合は、3桁のセキュリティコード番号(CVV)を入力してください。
・お名前の欄には「KYASH MEMBER」またはご自身のお名前をご入力ください。
(ご登録名とカード名義が同じでない場合、決済ができないサイトもございます。)
(引用元:オンラインでのご利用方法|kyash FAQ

アプリで使用履歴を確認できる

使っていて地味に便利だと思ったのが、アプリで使用履歴を確認できるところ。

Kyashリアルカードは利用制限が厳しいため、日常的な少額決済がメインになります。
ネットや電気代といった固定費支払いは対象外ですし、大きな買い物も対象外です。

ただ、コンビニやスーパーといった日常使いの決済はほぼ全て集約できます。
つまり、日常的な支出を振り返ることができるツールというワケです。

日常の何気ない支出にこそ、実は無駄が潜んでいたりするものです。
固定費の削減が進んでいる前提であれば、非常に有益な情報だと思います。

またアプリということで、ほぼリアルタイムで通知が飛んできます。
万が一不正利用されても、即時対応できるのではないでしょうか。

制約事項は事前に確認しておきたい

とても便利であり現時点で最強なサブカードですが、弱点もあります。
それは、Kyashリアルカードには制約条件が非常に多いという点です。

利用額関連の制限だけでも、下記の項目があります。

  • 1日3万円までしか利用不可
  • 1ヵ月でも12万円までしか利用不可
  • カード有効期限内に100万円までしか利用不可(カード更新で枠復活)

制限は仕方ないことなので、日常の少額決済に特化するのがおススメです。

実際に使ってみて思うのは、1ヵ月で12万円使うのはハードルが高いです。
少額決済だけで使用しているせいか、月額規制はさほど気になりません。

むしろ、1日3万円の規制は気を付けておくべきだと思います。
飲み会幹事で立替えるとき、大きな買い物のときには苦しいです。

高額な支出の場合は、素直にメインカードを使うのが良いでしょう。

そのほかの詳しい制限事項については、下記記事をご参照ください。

Kyashリアルカードは高還元率!だけど制約事項が多すぎる
kyashはもともと、簡単に割り勘ができるスマホアプリのサービス。ここにリアルカード機能が加わり、実店舗でも使えるようになりました。割り勘アプリが進化したというイメージですね。この記事では、kyashリアルカードの還元率と使い勝手について考察していきます。

日常の買い物にはKyashリアルカードがおススメ

色々書きましたが、日常的な買い物にはKyashリアルカードの活用がお得です。
今までは楽天Edyを使っていましたが、徐々に切り替えていって現在に至ります。

楽天Edyやnanacoのように事前チャージではないで、その点も素晴らしいです。
チャージの無駄が無いので、キャッシュフローの意味もお得度が高いと考えます。

通常のクレジットカード同様には使えませんが、少額決済であれば結構使えます。
サブカードとして、Kyashリアルカードは堂々とおススメできるカードのひとつ。

2%キャッシュバックが続くことが条件ですが、今後も有効活用したいと思います。

関連記事紹介

固定資産税や自動車税など、税金を払う機会は意外と多いと思います。
そんなとき、nanaco払いをリクルートカード経由にすると結構お得です。

税金のnanaco払いに備えてリクルートカードを作りました
4月に入り、税金の請求書が送られてくる憂鬱なシーズンとなりました。そんなとき、庶民の味方となるのがnanacoです。この記事では、nanaco払いの素晴らしさをお伝えするとともに、nanacoチャージでポイントが貯まるリクルートカードを紹介します。

ワタシはメインカードとして楽天カードを使っている、楽天経済圏の在住者です。
ポイントがザクザク貯まっていくので、楽天証券でポイント投資をしています。

楽天スーパーポイントによる投資信託購入総額が20,000円を突破
楽天証券では、楽天スーパーポイントを利用して投資信託を買うことができます。ワタシはポイント投資を始めて3ヵ月で、購入総額20,000円を突破!この記事では、楽天スーパーポイントをどのように貯めたのか、また「ポイント投資のポイント」をお伝えします。

◆よかったらフォローしてください◆

▼応援もらえると嬉しいです▼
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

節約・節税
Sponsored Link
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
青井ノボルをフォローする
インデックス投資で長期縦走へ

コメント