Kyashの月間利用額公開(2019年5月)

節約・節税

青井ノボルです。

2018年7月からKyashリアルカードを使いはじめて11ヵ月。
もう少しで使用歴1年ですが、日常的に活用しています。

2%キャッシュバックは、高還元率で魅力的であると同時に。
意外と多くのお店で使えるので、不自由なく活用しています。

キャッシュレス決済の手段が増えても、Kyashは要です。
バーコード決済に紐付けできるのも地味に嬉しいところ。

この記事では、2019年5月におけるワタシのKyash月間利用額を公開します。

Sponsored Link

月間支出額

まずはじめに、2019年5月の月間支出額を確認します。

2019年5月は、Kyashを使う機会が限定的な月でした。
ひとつだけ大きな買い物があって、それ以外は少額。

買い物が毎月多いのは考え物なので、良い感じです。
2019年5月の支出は、合計63,683円となりました。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

このうち5万円弱は、1件の大きな買い物による支出です。
2%還元となるのは、本当に有難いことだし助かります。

大きな買い物の金額は、5万円弱の支出となっていました。
1回あたりの利用限度額ギリギリで、Kyashフル活用です。

来月のキャッシュバック額は、1,260円前後と推測します。

月間入金額

次に、2019年5月の月間入金額を確認します。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

自動チャージと受取があり、合計65,875円となっています。

2019年4月分キャッシュバックも、無事に入金されています。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

110,333円の支出に対して、2,192円分のキャッシュバック。
還元率を計算してみると、約1.99%となりました。

端数処理で、還元率は2%→1.99%に若干ダウンです。

5月はキャッシュバック分の受取り後、Kyash利用がゼロ。
そのため、約2%のキャッシュバックは6月に繰り越しです。

キャッシュバックは、漏れなく自動的に使うことができる。
ポイントとギフトカードを交換といった手間が一切無くて。

従来型のポイント還元よりも使いやすいのが嬉しいですね。

Kyashリアルカードはココでも使える

Kyashリアルカードですが、何かと制約事項が多いのが欠点。
特に、使えるお店や場面には制限があるので注意が必要です。

例えば、暗証番号必須の場合やガソリンスタンドでは使えません。
使えるお店やシーンを適切に把握することが、活用の第一歩です。

というワケで、今回もKyashリアルカードを使えたお店を紹介します。

ローソン

今回紹介する1店舗目は、既に紹介済みですがローソンです。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

コンビニであれば、だいたい何処でもクレジットカードに対応。
VISAブランドさえ使えれば、Kyashが利用可能ということです。

バーコート決済が広まっているものの、対応状況はまだら模様。
スマホでアプリを立ち上げる手間を考えると、カードは楽です。

サインレスで使えますし、コンビニではKyashリアルカードを使う。
余裕があれば楽天ペイなどを利用する、というようにしています。

ちなみに、ローソンでは5月にスタンプラリー企画をやっていて。
お出かけをする度に、子供のためにローソンへ立ち寄っていて。

毎回買い物をするわけでは無いですが、よく行った気がします。

UNIQLO

続いて2店舗目は、これまた再登場と思われるUNIQLO。
庶民の味方であり、愛用者も多い衣料品の専門店です。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

おそらく、靴下の3足セットを買ったときに使いました。
ブランドの靴下でも、結局穴が空くのでユニクロを愛用

ステテコも大好きで、密かにステテコを愛用しています。
あとは感動パンツも好きで、特に夏場は助かっています。

子供が生まれてからは、ユニクロかアウトレットで服を買う。
ワタシ自身の服にお金を掛ける動機が無いので、ユニクロへ。

安易な選択かもしれませんが、思考停止でとてもラクです。
余った時間とお金は、もっと大切なことに使いたいですね。

2019年5月の支出を振り返る

Kyashリアルカードは、ほぼメインカードとして活用していて。
飲食や買物、様々なシーンで使えるので便利だなと感じます。

制約事項が多いのは事実ですが、慣れれば日常的に使えます。
5月は使う機会が少なかったですが、大型の買い物が1件あり。

近所のショッピングモールで開催されたランドセルの予約会。
来春小学生になる息子のために、ランドセルを見てきました。

ランドセルは安いもので1万円台、専門店では10万円近くまで。
素材や色やデザインも様々、親も子供も結構悩ましい選択です。

昔は黒と赤のランドセルが基本、選択肢は少なかったと思います。
いまのランドセルは進化していて種類豊富、選ぶのも一苦労です。

我が家は、クラリーノタフロックという素材のランドセルを選択。
予約販売で、定価よりも20%オフだったように記憶しています。

ちょっと高い買い物でしたが、息子が小学生になるのは楽しみ。
これから先、子供のために使う支出が増えていくのでしょうね。

Kyashリアルカードは、還元率2%を誇る最強のサブカード
改悪のリスクはありますが、それでも優先的に使いたいです。

水道光熱費などの定期的な支出には使えないのがデメリット。
反面、乗り換えの手間が掛からないというのはメリットです。

今後もKyashを活用しながら、今後の展開を見守っていきます。

関連記事紹介

kyashリアルカードのメイン利用は難しいですが、最強のサブカードだと思います。
使うコツさえ掴めれば、意外と日常的に使えるので有効活用したいところです。

Kyashリアルカードは最強のサブカードだと思う
Kyashリアルカードを使い始めて、およそ1ヵ月が経ちました。「思っていたより意外と使えるな」というのが正直な感想です。このカード、サブカードとしては最強クラスです。Kyashリアルカードを1ヵ月使ってみた実体験から感じたことを書いていきます。

Kyashリアルカード最大の特徴は、2%という高還元率カードであること。
制約事項が多いので、条件についてはしっかりと確認する必要があります。

Kyashリアルカードは高還元率!だけど制約事項が多すぎる
kyashはもともと、簡単に割り勘ができるスマホアプリのサービス。ここにリアルカード機能が加わり、実店舗でも使えるようになりました。割り勘アプリが進化したというイメージですね。この記事では、kyashリアルカードの還元率と使い勝手について考察していきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました