Kyashの月間利用額公開(2019年12月)

節約・節税

青井ノボルです。

Kyashリアルカードを使い始めて、もう1年半くらい経つようです。
還元率が変わって1%となりましたが、その状況にも慣れてきました。

新しいKyashカードの情報も出て、あとはリリースを待つばかり。
遅くとも3月までには登場すると思うのですが、まだでしょうか。

Kyashリアルカードの上限額100万円が迫り、どうすべきか悩み中。
これは贅沢な悩みだなと思いつつ、タイミングを含め考えています。

あくまで決済手段のひとつに過ぎませんが、塵も積もれば山となる。
リスクとリターンを天秤にかけて、Kyashは現時点で有力な選択肢。

他に良い決済手段が登場しない限りは、使い続けることでしょう。

この記事では、2019年12月におけるワタシのKyash月間利用額を公開します。

スポンサーリンク

月間支出額

まずはじめに、2019年12月の月間支出額を確認します。

週末にスーパーの買い物で利用したり、洋服を少し買い足したり。
外食をするときにも使いましたし、結構支出が多かったようです。

2019年12月の支出は、合計62,834円となりました。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

12月ということで、クリスマスプレゼントも含まれています。
いまは楽天市場やAmazonで気軽に買えるから良い時代です。

ポイント還元については、手計算で付与ポイントを合算します。

2019年12月は、62,834円に対して608ポイント付与。
実質的な還元率を計算すると、約0.97%となりました。

Kyashアプリで確認すると、ポイント付与がちょっと遅い。
特に年末年始は、何日か遅れて付与されていたようです。

理由は不明ですが、ポイント還元は安定運用されているか。
少し不安になったのは事実なので、今後の動向を注視です。

ちなみに、キャッシュレス還元ポイントは361ポイント。
最初は嬉しかったですが、ありがたみが薄れてきますね。

月間入金額

次に、2019年12月の月間入金額を確認します。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

自動チャージとポイントチャージで、合計62,834円でした。
ポイントチャージは手動対応のみで地味に使いづらいところ。

新しいKyashカードの登場で、痒い所に手が届く改善があるか。
個人的には淡い期待をいだいているので、頑張って欲しいです。

Kyashリアルカードはココでも使える

Kyashリアルカードですが、何かと制約事項が多いのが欠点。
特に、使えるお店や場面には制限があるので注意が必要です。

例えば、暗証番号必須の場合やガソリンスタンドでは使えません。
新しいKyashカードでは緩和されるようですが、まだ未発表です。

使えるお店やシーンを把握することが、Kyash活用の第一歩に。
そこで、今回もKyashリアルカードを使えたお店を紹介します。

マツモトキヨシ

1店舗目は、ドラッグストアチェーンのマツモトキヨシです。
黄色い看板で、特に都心において数多く見かける気がします。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

帰省した際に、食料品関係を買うために立ち寄った気がします。
コロナウィルス騒動が起きたので、今はマスクが完売してそう。

ワークマン

続いて2店舗目は、一般向け衣料が好調なワークマンです。
都心から離れた場所に点在しているプロ御用達のお店です。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

限定販売されていた、裏ボアライトスリッポンを買いました。
かかとを踏むこともできるので、キャンプで重宝しそうです。

その他にも、アウトドア向けの商品が多数展開されていて。
機能性を備えつつ、安価な値段設定が好評となっています。

最近ではワークマン女子という言葉も流行っているらしく。
プロ向けの店舗ではありますが、一般向けも頑張ってます。

千葉県内ローカルスーパー

続いて3店舗目は、千葉県内にある某ローカルスーパーマーケット。
地域密着型の古びた店舗のスーパーでしたが、普通に使えました。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

千葉県内でキャンプをしたとき、買い出しで利用したスーパー。
カード不可かと思わせる店構えでしたが、意外と大丈夫でした。

Kyashリアルカードは、流行りのバーコード決済ではないです。
クレジットカードと同様に扱われ、広く使えるのは嬉しいです。

むらからまちから館

続いて4店舗目は、有楽町にあるむらからまちから館です。
全国各地の名産品を売っているお店で、賑わっていました。


(引用元:Kyashアプリより一部抜粋)

ここで購入したのは、待ち続けていた新潟県産の辛味。
かんずりがベースの和風デスソース、雷ゴールドです。

辛味界隈では、欧米産のデスソースが主流だと思います。
その中で強い輝きを放つのが、この雷ゴールドなのです。

1滴たらしただけで、一気に辛さが押し寄せてくる破壊力。
ワタシはほんの少しずつ使い、堪能させてもらっています。

それ以外にも、むらからまちから館は品揃えが豊富でした。
立ち寄って店内を巡るだけでも、結構楽しめると思います。

2019年12月の支出を振り返る

Kyashリアルカードは、いまも実質メインカードとして活躍中。
還元率が1%になっても、幅広く使えるのは大きな利点ですね。

ところで、カードの利用額上限は100万円となっています。
使い始めて約1年半、遂に上限が迫ってきてしまいました。

となると、このタイミングで新しいKyashカードも有り得る。
ちょうど良いタイミングなので、切り替えも良さそうですね。

年明けすぐに受け付け開始と思いきや、いまだに発表無し。
そろそろ朗報が舞い込んでくると信じて、待っています。

ポイント還元も嬉しいですが、記録を振り返ることができる。
消費の見える化が手軽にできる点が、Kyashの特徴でしょう。

改善を繰り返しながら、より良いサービスになって欲しい。
そして消費を振り返るこの記事、大切にしたいと思います。

関連記事紹介

不確実性の高い世界と対峙するとき、自分を知るのは必要なこと。
当たり前にできそうなことで、実は結構難しいことかもしれない。

インベスターZ名言「投資とは己を知ること、そして自信を持つこと」
2018年7~9月に放映されていたドラマ「インベスターZ」。毎週楽しく見ていました。ドラゴン桜などで有名な三田紀房先生の漫画が原作です。この記事では、インベスターZの18巻に登場する名言「投資とは己を知ること、そして自信を持つこと」について書いていきます。

ブログはウェブ上の記録であり、ワタシも振り返りができる。
自分のために書くという軸は、決して変わらないと思います。

ブログは読者のためではなく自分のために書いています
ブログは何のために書くべきか、色んな考え方があると思います。ブログを書く理由に、絶対的な正解なんて無いからです。ワタシは自分らしく書き続けたいと考えます。この記事では、「ブログは読者のためではなく自分のために書く」という考え方について書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログへ

●twitterもやってます●

コメント

  1. occam より:

    上限まで11万円でしたらアプリからカード更新のリマインダーが上がっていませんか?

    カードの切り替えはそれほど手間ではありませんでした。

    https://segask.jp/member_activity/detail/5774109820162848017

    • 青井ノボル 青井ノボル より:

      コメントありがとうございます。

      上限が近い旨は、アプリから通知が来ています。
      どうせ切り替えるなら新しいKyash Cardにしようかなと
      思ったのですが、いまだに発表されていないですね。

      まだ約10万円の猶予があるので、もう少し悩んでみます。

タイトルとURLをコピーしました