ジュニアNISAで全世界株式(オール・カントリー)を50万円×3口座で買付

投資信託・ETF

青井ノボルです。

子供3人分のジュニアNISA口座開設から約3ヵ月。
月日が経ちましたが、購入するファンドを決めました。

三菱UFJ国際投信が、2018/10/31に設定したファンド。
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)です。

そして先日、ジュニアNISA口座で買い付けを実行です。
各口座で50万円ずつ、結果的に一括投資をすることに。

この記事では、楽天証券のジュニアNISA口座で投資信託を購入する流れと、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を50万円ずつ購入した経緯を書いていきます。

Sponsored Link

本人名義銀行口座から未成年口座へ入金

ジュニアNISA口座で投資信託を購入すべく、まずは入金です。

我が家の場合、銀行・証券ともに楽天証券を選択しています。

楽天証券のジュニアNISA口座へ、直接は入金できません
楽天証券の未成年口座に入金した後、移すことになります。

注意点は、子供の本人名義銀行口座からしか入金できないこと。
親の銀行口座から、子供の未成年口座への直接入金はできません。

そこで、ワタシの楽天銀行口座から子供名義銀行口座に送金。
子供名義の銀行口座から、証券の未成年口座へ入金しました。

これで、ジュニアNISA口座への入金(振替)が可能となります。

未成年口座からの振替方法と注意点

ジュニアNISA口座の資産合計を見ると、この時点ではゼロ。
「未成年総合口座の預り金を移す」をクリックします。


(引用元:楽天証券操作画面より一部抜粋)

すると、未成年口座からジュニアNISA口座への振替画面となります。

注意事項が書かれているのですが、最も目立ったのはこの表示。


(引用元:楽天証券操作画面より一部抜粋)

ジュニアNISA口座では、18歳まで払い出し制限が掛かります。
非課税枠で運用している資金だけでは無く、預り金も含みます

ワタシも、払い出し制限については勘違いをしていました。
ジュニアNISA口座に入れた瞬間から、ロックされるのです。

無計画に入金してしまうと、流動性を著しく低下させます。
この点について、しっかり認識したうえで振替しましょう。

さて未成年口座から50万円、ジュニアNISA口座に振り替えます。


(引用元:楽天証券操作画面より一部抜粋)

金額を入力してから、次の画面に進みます。
ここでも、払い出し制限の注意喚起があります。


(引用元:楽天証券操作画面より一部抜粋)

取引暗証番号を入れる画面でも、注意喚起です。
ボックスにチェックを入れる必要があります。

何度も確認されますが、重要事項なのでやむを得ないです。
ワタシと同様に勘違いしている人が多いのかもしれません。


(引用元:楽天証券操作画面より一部抜粋)

未成年口座から、無事に移すこと(振替)ができました。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を初購入

ジュニアNISA口座で、どのファンドに投資をすべきか。
実は、VTを購入しようと考えていた時期もありました。

VTが買えないと判明して落ち込んでいたら、まさかの新規設定。
待ち望んでいたファンドが設定という知らせに、歓喜しました。

その後、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を選択。
子供のリスク資産となりますが、運用管理者のワタシが初購入です。

ジュニアNISA口座の画面であることを確認して、購入手続きへ。


(引用元:楽天証券操作画面より一部抜粋)

ジュニアNISA口座区分が「NISA(非課税)」であることを確認。
記事を書くために何度も読み込んだ交付目論見書も、チェック。


(引用元:楽天証券操作画面より一部抜粋)

無事に50万円分、買い注文を出すことができました。
同じ作業を3口座で繰り返せば、ミッション完了です。

50万円分を一括投資をした理由

今回は子供3人分の口座に、それぞれ50万円ずつワタシが送金して。
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)に一括投資です。

長期分散積立投資を実践するワタシが、一括投資をした理由。
それは、子供達に渡す予定の現預金が手元にあったからです。

手元にあるお金を、時間分散して投資する選択もありました。
相場変動は読めないので、相場急落に備えて少しずつ投資。

選択肢としてアリですが、リスク低減になるかは疑問です。

また、生活防衛費や教育資金に充当すべきかも考えました。
元々子供用のお金として管理していたので、これも却下。

結果、非課税枠を埋めつつすぐに投資へ充てるべきと判断。
2018年のうちに、50万円×3口座の一括投資を行いました。

今後のお祝金やお年玉の取扱い

これまで子供宛てにいただいた、お祝い金やお年玉。
一旦、すべてワタシ名義の口座に入金していました。

いまは子供達の本人名義銀行口座がある状況です。
今後は原則、本人名義の口座に入金していきます。

問題は、無リスク資産とリスク資産のバランスです。

子供達には、お金の貯め方と使い方も覚えて欲しい。
ジュニアNISA口座で全て運用するのは違う気がする。

お祝金やお年玉の取扱い、なかなか悩ましい課題です。
夫婦で話し合いながら、程よい塩梅を模索していきます。

我が家ではこうしているよ、という情報がもしあれば。
コメントやTwitterで教えていただけると嬉しいです。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

関連記事紹介

ネット金融機関で未成年口座を開設するためには、メールアドレスが不可欠。
未成年はGoogleのアカウント作成ができないため、裏技の活用が便利です。

未成年口座開設に便利なGmailメールアドレスの裏技
3人の子供名義でジュニアNISAを始めるべく証券口座開設をすることに。ネット証券ではメールアドレスが必須です。ただ、幼児にメールアドレスを持たせるのは非現実的。この記事では、未成年口座開設の際に便利なGmailメールアドレスの裏技についてお伝えします。

ジュニアNISA口座で何をしたくて、何故このファンドを選んだのか。
いろんな想いを振り返りながら、丁寧に書き綴った記事になります。

ジュニアNISAで全世界株式(オール・カントリー)を選んだ理由
先日、子供3人分のジュニアNISA口座を開設しました。その後、運用商品を巡って右往左往しましたが、バシッと決めました。この記事では、ジュニアNISAでeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を選んだ理由について書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました