ジュニアNISA口座開設までの流れと所用時間

投資準備

青井ノボルです。

今年の夏、子供3人分のジュニアNISA口座開設手続きをしていました。
その後ほったらかしにしていたら、口座開設が完了していたようです。

つみたてNISAやiDeCoの口座開設には、結構待たされた記憶があります。
一方のジュニアNISAは、想像よりもあっさりと手続きが完了しました。

この記事ではワタシの体験談をもとに、ジュニアNISA口座開設までの流れと掛かった日数について書きます。

Sponsored Link

ジュニアNISAを始めるステップ

証券会社でジュニアNISAを始めるためには、口座開設手続きを行います。
ワタシの場合は楽天証券で、3人分のジュニアNISA口座を開設しました。

ジュニアNISAの口座開設には、未成年口座の開設が必要不可欠です。
そして証券口座への入金は、本人名義の銀行口座も必要となります。

証券も銀行も、ネット金融機関を使えば印鑑レスで開設可能です。
一方で、ネットであるが故にメールアドレスが求められることに。

このときに役立つのが、Gmailメールアドレスの裏技です。

未成年口座開設に便利なGmailメールアドレスの裏技
3人の子供名義でジュニアNISAを始めるべく証券口座開設をすることに。ネット証券ではメールアドレスが必須です。ただ、幼児にメールアドレスを持たせるのは非現実的。この記事では、未成年口座開設の際に便利なGmailメールアドレスの裏技についてお伝えします。

これにより、無駄な支出をせずに口座開設ができるようになります。
かなり地味な技ですが、応用が利くので覚えておくと良いでしょう。

ネット証券でジュニアNISA口座を開設するステップをまとめます。

  1. (Gmailで)メールアドレスを用意
  2. 子供本人名義の銀行口座を開設
  3. 子供本人名義の証券口座を開設
  4. ジュニアNISA口座を開設

ステップと書きましたが、並行して進めても構いません。
証券口座とジュニアNISA口座の開設は、同時にできます。

ジュニアNISAの口座開設は必要書類が多い

ジュニア口座の開設するためのステップは、前述の通り。

大人の口座開設と異なり、とにかく必要書類が多いです。
書類を集めるために、手間が掛かるのは覚悟しましょう。

ワタシの場合は、楽天証券で下記書類を揃えました。

  • 未成年総合取引口座開設申込書
  • 子供本人のマイナンバー通知届出書
  • 家族全員記載の住民票写し(コピー可)
  • 登録親権者の本人確認書類

今回は、未成年口座とジュニアNISAを同時開設するパターン。
ただジュニアNISA単体でも、ほぼ同じだけの書類が必要です。

特別な事情が無い限り、同時開設がベターな選択だと思います。

必要書類や未成年口座開設手順は、別記事でまとめています。

楽天銀行&楽天証券で子供3人分の未成年口座を開設
我が家には子供が3人いるのですが、これまで子供の本人口座は未開設でした。ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)には、未成年口座が必要です。この記事では、楽天銀行&楽天証券で子供3人分の未成年口座を開設した理由や経緯、手続き内容について書いていきます。

ちなみに、未成年口座だと銀行口座開設でも必要書類が多いです。
同じ楽天でも証券と銀行で必要書類が違うので、注意しましょう。

また、ジュニアNISA口座は親権者口座との紐付けも必要です。
メインで利用している証券会社で開設するのが良いと思います。

いつの間にか手続き完了

ジュニアNISAの口座開設は、とにかく事前準備が面倒くさい。
ただし手続きを始めてしまえば、その後は極めてスムーズです。

楽天証券の場合、手続きの全体像は下記の通り。


(引用元:ジュニアNISA口座開設|楽天証券

ワタシの場合は、2018/6/24に口座開設申込みをしています。

書類はすぐに届きましたが、返信には少し時間が掛かりました。
返送した日は定かではありませんが、恐らく7月上旬でしょうか。

履歴によると2018/7/13、未成年口座開設が完了していました。
その後、ジュニアNISA口座開設の手続きが始まったようです。

ジュニアNISAの口座開設届は、2018/7/17に受領処理された模様。
税務署審査を経て、2018/7/27ジュニアNISA口座開設完了です。

ジュニアNIZA口座開設の手続き期間は1ヵ月弱

最後の書類提出から3週間程度でジュニアNISA口座が開設です。
口座開設の資料請求をしてから1ヵ月程度なので、早いですね。

早いと感じるのは、事前準備の手間が大きいからかもしれません。
あるいは、子供の口座なのでのんびり待てる余裕があったのかも。

つみたてNISA口座開設でも、だいたい1ヵ月間くらいでした。
税務署審査が必要なのが共通点で、所要日数もほぼ一緒です。

つみたてNISA口座開設の流れと所要日数
つみたてNISAの口座開設には、手続きに少し時間が掛かってしまいます。 「積立投資をしたい!」と思って手続きしたのに、すぐに投資ができないのはもどかしいですよね。 ワタシの体験談をもとに、つみたてNISA口座開設までの流れと掛かった日数について書いてみます。

口座開設までの流れと日付、改めてまとめます。

2018/6/24 口座開設申込(資料請求)
2018/7/13 未成年口座開設
2018/7/17 ジュニアNISA口座開設届受領
2018/7/27 ジュニアNISA口座開設

トータルでおおよそ1ヵ月間と考えて良いでしょう。
2ヵ月以上かかるiDeCoと比べれば、十分早いです。

ジュニアNISA口座開設は事前準備が肝要

ジュニアNISA口座開設の手続き、流れに乗れば非常にスムーズです。

手続きの中で待たされたという感覚は、ほとんどありませんでした。
むしろ、スムーズすぎて口座開設を確認したのは随分と経ってから。

年内に始めれば良いやと思っていたので、うっかりしていました。

手続きを終えての感想は、事前準備が最も重要であるということ。
未成年口座の開設は、手続き書類が多いと覚悟しておきましょう。

有店舗の証券会社や銀行であれば、きっと印鑑が必要になるでしょう。
ネット金融機関では印鑑は不要ですが、メールアドレスは必須です。

何をするにしても、未成年である子供の口座開設にはハードルが多い。
仕方がないと割り切って、淡々と手続きを進めるのが良いと思います。

18歳までの払い出し制限は強烈ですが、非課税枠としては大きいです。
非課税枠を全て使い切ることはできませんが、それでも有難いこと。

長期投資をする意義を教えるためにも、有効活用したいと思います。

 

関連記事紹介

子供に関連するお金と言えば、教育資金は大きな金額となりがちです。
ワタシはジュニアNISAの運用ではなく、無リスク資産だけで備えます。

教育資金の目標額を500万円×3人=1,500万円に決めました
ワタシは、5人家族の30代サラリーマンです。一般的に、学資保険等で教育資金を準備するのが定石です。ワタシは学資保険を使いませんが、いずれにしても3人分の教育資金を準備することは避けて通れません。この記事では、教育資金の目標額設定について考えます。

金融庁の資料によると、ジュニアNISA口座は約30万口座という寂しい数字です。
つみたてNISAで投資への意識が高まり、これから徐々に広がることを期待します。

20代を中心につみたてNISA口座が着実に増えている
金融庁より、NISA口座の利用状況調査(平成30年6月末時点)の結果が公表されました。この資料から、一般・つみたて・ジュニアNISAの口座数と買付額が分かります。この記事では、20代を中心につみたてNISA口座が着実に増えていることについて書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました