eMAXIS Slim 国内債券が信託報酬引き下げへ

投資信託・ETF

青井ノボルです。

信託報酬引き下げの波が、ついに国内債券にもやって来ました。

2019/2/15、りそなAMがsmart-i 国内債券の信託報酬引き下げを発表。
これに呼応して、eMAXIS Slim 国内債券が対抗引き下げを実施します。

国内債券の資産クラスは、株式に比べると地味な存在です。
それでも重要な資産クラスの一つであると言われています。

この記事では、eMAXIS Slim 国内債券の概要と信託報酬引き下げについて書いていきます。

Sponsored Link

資産配分の肝とも言われる国内債券

インデックス投資において、リスク許容度は大事な概念です。
リスク許容度に応じて、アセットアロケーションを考えます。

資産配分では、複数の資産クラスを組み合わせることが大事。
相関係数が1.0でない限り、リスク低減が期待できるからです。

水瀬ケンイチさんの著書「お金は寝かせて増やしなさい」でも。
国内債券への配分こそが、資産配分の肝だと紹介されていました。

もっとも、現況では個人向け国債変動10年で代替がベター。
いずれ利上げに向かう可能性が高いと考えられるためです。

債券クラスは株式と比較すると、値動きが緩やかな傾向。
また国内債券だと、為替リスクを負うこともありません。

資産全体のリスク管理に重宝する資産クラスと言えます。

eMAXIS Slim 国内債券の概要

eMAXIS Slim シリーズは、超低コストを貫いているのが最大の特徴。
「国内最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」です。

eMAXIS Slim 国内債券も例外ではなく、他社ファンドに徹底対抗
今回は、smart-i 国内債券に対抗して信託報酬を引き下げました。

コストへの拘りが奏功し、人気ファンドシリーズとなっています。
ここで、eMAXIS Slim 国内債券の概要について整理してみます。

ベンチマーク

NOMURA-BPI総合をベンチマークとしています。

日本の債券市場全体の動向を反映しています。
国内債券クラスでよく使われている指数です。

ファンドの仕組み

マザーファンド方式で日本国内の公社債に投資をします。


(引用元:eMAXIS Slim 国内債券 交付目論見書|三菱UFJ国際投信

マザーファンドは日本債券インデックスマザーファンドです。
2017/5/12時点の古い数字ですが、純資産総額は4,571億円。

運用規模は十分に大きく、安定運用が期待できそうですね。

ファンドの費用(信託報酬)

購入時手数料と信託財産留保額は、ともにゼロとなります。

肝心の信託報酬は、これまで年率0.139%(税抜)でした。
今回の引き下げにより、年率0.120%(税抜)となります。

smart-i 国内債券への対抗措置

今回の信託報酬引き下げは、smart-i 国内債券への対抗措置です。

2019/3/26より、信託報酬年率0.120%に下げることを発表
smart-i 国内債券の引き下げ発表日は、2019/2/15でした。

一方、eMAXIS Slim 国内株式は2019/3/19より引き下げ。
りそなAMの発表から8営業日後、対抗引き下げを発表です。

信託報酬で並びましたが、eMAXIS Slimには差別化要因があります。


(引用元:2019/2/26プレスリリース資料|三菱UFJ国際投信)

純資産総額に応じて、信託報酬が変化する仕組みとなっています。
とはいえ、当面は信託報酬は年率0.120%(税抜)となるでしょう。

eMAXIS Slim シリーズによる超低コストへの飽くなき挑戦。
フットワークの軽さと実行力が大きな強みとなっています。

eMAXIS Slimの新たなライバルに

先日は、りそなAMがsmart-i TOPIXにおいて信託報酬を引き下げを発表。
これに対抗して、eMAXIS Slimも国内株式の信託報酬を引き下げました。

smart-iシリーズが、このタイミングで連続の信託報酬引き下げ
信託報酬引き下げ方針に舵を切った背景が、気になるところです。

いまのところ、smart-i TOPIXの資金流入に大きな変化は無し。
その中でも、smart-i 国内債券の信託報酬引き下げを決断した。

eMAXIS Slim シリーズのライバルと言えば、極めて限定的でした。
それは、<購入・換金手数料なし>ニッセイと楽天バンガードです。

ここにきて、smart-iが殴り込みを掛けてきたのは正直意外でした。

個人投資家としては、健全なコスト競争が起こるのは嬉しいこと。
人生を通じた資産形成に資するファンドが、増えて欲しいですね。

国内債券に投資をするべきか

国内債券クラスは、信託報酬が下がりにくいイメージがありました。
ここにきて、信託報酬が動いたのは大きな第一歩だったと思います。

eMAXIS Slim 国内債券は、超低コストな良い商品だと思います。
ただワタシは、現時点で本ファンドに投資する予定はありません。

マザーファンドの中身を見ると、そのほとんどが日本国債です。
日本にお金を貸している債券は、値上がりが続くのでしょうか。

お金を貸すときは、リスクに応じた金利が得られるのが一般的。
また発行元が破綻しない限りは、元本割れすることは無いです。

そして、債券は金利が上がると価格が下がると言われています。
このあたりの基本的なロジックは、書籍で一度勉強しています。

長期的には値上がりする気がしますが、イマイチ腹落ちしない。
国内債券に投資するとして、その理由を言葉で表現できません。

ワタシの知識・理解不足が根本的な要因ですが、投資対象外とします。
仕組みがきちんと理解できない投資商品には、投資しないが原則です。

全世界株式と無リスク資産の割合を調整しながら。
インデックス投資を継続していきたいと思います。

 

青井ノボル
青井ノボル

皆さんの応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

●twitterもやってます●

関連記事紹介

海外ETFは超低コストですが、いまはeMAXIS Slim シリーズがあります。
今の環境で、投資信託の積立投資という選択をする理由を整理しました。

海外ETFではなく投資信託(eMAXIS Slim)を選ぶ理由
インデックス投資をするには、インデックス型投資信託か上場投資信託(ETF)を買うのが一般的だと思います。両者とも運用の目的は一緒なのですが、相違点もあります。この記事では、ワタシが海外ETFではなく投資信託を選んでいる理由について書いていきます。

数あるインデックス型投資信託のなかで、eMAXIS Slimを選ぶ。
商品性を比較したときに、優位性があるのではと感じています。

業界最低水準のコストを目指すeMAXIS Slimという選択
三菱UFJ国際投信が手掛けるeMAXIS Slim シリーズ。設定から1年半が経過しましたが、超低コストファンドとして認知され、大きな人気を集めています。この記事では、業界最低水準のコストを目指すeMAXIS Slimという選択について考察します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました