iDeCo口座における証券会社の選び方は商品中心で良い

マネー雑記

青井ノボルです。

ブログを書き始めた2018年2月、同時に投資準備を進めていて。
生活防衛費にはじまり、インデックス投資について考えました。

そのなかで、非課税制度をフル活用すると決めていたワタシ。
iDeCo口座をどの証券会社で開設するかは、結構考えました。

悩んだ結果、マネックス証券を選択して現在に至ります。

あれから月日が流れ、2018年も終わろうとしているいま。
iDeCo口座を開設する証券会社は、どう選ぶべきなのか。

この記事では、iDeCo口座における証券会社の選び方について書いていきます。

Sponsored Link

質問コメントをいただきました

先日ですが、読者の方からコメントをいただきました。

はじめまして
私も来年からidecoも始めようとしています。
idecoを開設した証券口座は何を基準に選ばれましたか。
ちなみに、つみたてNISAは楽天証券で開設しました。idecoでもslimシリーズを取り扱っていただければ一番良いのですが、そのような動きがありません。
ぜひ口座選びの参考にしたいので、よろしくお願いいたします。
(引用元:つみたてNISA・iDeCoの運用実績公開(2018年11月)コメント欄)

コメントによると、来年からiDeCoを始められるとのこと。
つみたてNISAはすでに始めているようで、良いことですね。

非課税制度をフル活用するのは、資産形成の王道だと思います。

iDeCo口座の運用商品35本規制

2018年5月に、確定拠出年金法等の一部を改正する法律が施行。
改正内容のひとつが、運用商品数を上限35本とする規制です。

運用商品が増加傾向にあり、選択肢が多すぎると選択が難しい。
そのため、運用商品数の抑制を目的として改正されました。

この35本規制により、SBI証券は商品数削減を余儀なくされました。
そのため、セレクトプランを新設して2プラン体制となっています。

良し悪しは別問題として、運用商品35本規制は重要な要素です。
iDeCo口座の証券会社を選ぶ上で、念頭に置いておきましょう。

証券会社を選ぶポイントは取扱商品

iDeCoへの加入は、運営管理機関の金融機関選びから始まります。
金融機関は1社しか選べないので、慎重に選びたいところです。

質問者さんは、つみたてNISAを楽天証券で始めているとのこと。
実店舗のサポートは不要だと思うので、手数料の低さを優先です。

つみたてNISAと同じく、ネット証券から選ぶと良いと思います。
となると、証券会社選びのポイントは取扱商品が最優先でしょう。

つみたてNISAと違い、iDeCoは証券会社ごとに取扱商品が異なります。
また上限35本という規制もあり、投資したい商品の有無は重要です。

質問内容から察するに、eMAXIS Slim シリーズをご希望でしょうか。
SBI証券(セレクトプラン)・マネックス証券・松井証券は取扱い有

繰り返しますが、投資したい商品から証券会社を選ぶ。
iDeCo口座の場合は、この順番がベターだと考えます。

ネット証券のiDeCo商品数

取扱商品で選ぶのが大原則ですが、もうひとつの重要な視点があります。

魅力的な商品が新規設定された場合に、商品枠が残っているかどうか。
運用商品の上限35本規制を考慮して、考えておきたい新たな視点です。

現時点で、ネット証券のiDeCo取扱商品数は下記の通りです。

証券会社 商品数
SBI証券(オリジナルプラン) 35本
SBI証券(セレクトプラン) 34本
楽天証券 30本
マネックス証券 25本
松井証券 12本

SBI証券は、新しい商品を加える余地がほぼありません。
楽天証券も、あまり余裕が無いと考えて良いでしょう。

マネックス証券はやや余裕あり、松井証券は余裕あり。
松井証券は、12本に絞っている点が極めて優秀ですね。


(引用元:松井証券iDeCo

各資産区分ごとに信託報酬最安のファンドのみを扱う。
シンプルな商品ラインナップであり、好感が持てます。

4社の中でiDeCo参入が最も遅かったのが松井証券です。
後発だからこそ、戦略的に商品数を絞っているのかも。

取扱商品数の現状をみれば、松井証券が最も余裕があり。
ただ、商品数を増やさない方針である可能性も高いです。

となると、比較的余裕のあるマネックス証券も良さそうですね。
直近では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を追加しています。

現状の商品数と各社の戦略を想像しながら考えると、面白いです。

気になるあのファンドの行方は

先日設定された、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)。
iDeCoではまだどこも扱っていませんが、今後どうなるのでしょうか。

SBI証券は、セレクトプランで追加する可能性を秘めています。
ただ、雪だるま(全世界株式)があるので微妙かもしれません。

楽天証券は、楽天VTを扱っているので恐らく無理だと思います。
楽天VTに対抗しているライバルファンドの追加は困難でしょう。

マネックス証券は、全世界株式のファンドがまだありません。
新たに追加される可能性、4社の中では一番高い気がします。

松井証券も、全世界株式のファンドはまだ扱っていません。
商品数の絞り込みと天秤にかけつつ、可能性はありそうです。

あくまで推測の域を超えませんが、今後どうなるか楽しみです。

取扱商品が多ければ良いとは言えない

iDeCo口座の取扱商品数は、本数規制ではなく選択肢が多い方が良いのではないか。
SBI証券×三菱UFJ国際投信のブロガーミーティングで、その考え方に触れました。

一方で、資産形成に資するファンドが本当に35本以上あるのかは疑問です。
松井証券は12本まで絞り込んでいますが、必要十分な商品が揃っています。

少なくとも、改正DC法のもとでは運用商品の上限35本規制があります。
その中で個人投資家が選ぶべきは、投資したい商品を扱う証券会社

将来的な商品追加の可能性も残したいなら、商品数の余裕も考慮に。
ただ、原則は取扱商品の一覧を見ながら決めるのが良いと思います。

自分が投資したい商品さえあれば、取扱い商品数など無関係です。
考え方は人それぞれだと思いますが、ワタシはこの様に考えます。

ちなみに、iDeCo口座開設にあたっては証券口座開設は不要です。
口座を持たない証券会社で、iDeCo口座だけを開設することが可能です。

そのため、手持ちの口座の中から選ぶという考えは要りません。
投資商品を悩み考えて、自分に最適な証券会社を選びましょう。

 

青井ノボル
青井ノボル

皆さんの応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

関連記事紹介

iDeCo口座の開設には、想像以上に時間が掛かります。
余裕をもって手続きを進めていくことが大切ですね。

iDeCo口座開設までの流れと所要日数
先日、ようやくiDeCoの口座開設手続きが完了しました。iDeCoの口座開設には時間が掛かると聞いていましたが、実際に待つと結構長いです。ワタシの体験談をもとに、iDeCo口座開設までの流れと掛かった日数について書いてみます。

ワタシがインデックス投資を始めるときに、iDeCo口座を考えた記事です。
当時、eMAXIS Slim シリーズを扱っているのはマネックス証券だけでした。

30代サラリーマンがiDeCoの金融機関を選ぶ
具体的なポートフォリオが決まったら、次にどこで投資するかを決めます。 いまは非課税制度が充実しており、特にiDeCoとつみたてNISAは外せない制度です。 今回は、個人型確定拠出年金iDeCoの金融機関を選んでいきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました