所得がほぼ確定したのでふるさと納税控除上限額を計算しました

節約・節税

青井ノボルです。

ふるさと納税には、自己負担2,000円で収まる控除上限額があります。
所得に応じて住民税や所得税が変わるため、人によって異なります。

今年の所得が確定すれば、いくらふるさと納税できるのか。
自己負担が最低限となる上限額を計算することができます。

この記事では、所得確定後のふるさと納税控除上限額の計算について書いていきます。

スポンサーリンク

冬ボーナスと12月分給与でほぼ確定

サラリーマンの場合、冬ボーナスと12月分給与を受け取って。
今年1年間の年収が確定し、源泉徴収票を受け取ると思います。

ふるさと納税は、寄付金額を所得税・住民税から控除する仕組み。
そのため、年収金額ではなく所得金額の把握が重要となります。

所得は、年収から基礎控除など各種控除を引いて計算するもの。
各控除金額とその結果を一目見て分かるのが、源泉徴収票です。

ふるさと納税をするなら、源泉徴収票はしっかり確認しましょう。

源泉徴収票を見て確認

源泉徴収業を受け取ることで、サラリーマンの大半は所得が確定します。
年末調整で各種控除を済ませて、確定申告しない人が多いでしょう。

医療費控除や雑収入のある人は、確定申告によって所得が確定します。
ワタシの場合は、医療費控除のために今年は確定申告をする予定です。

さて源泉徴収票を見れば、ふるさと納税限度額が見えてきます。
ワタシの場合は、当初想定よりもプラス数万円が上限でした。

年収や家族構成から、限度額をざっくり試算する方法もあります。
ただし、源泉徴収票や確定申告書の内容に基づく計算が確実です。

とはいえ、自分で手計算するのは流石に難しい作業ですよね。

税金計算は複雑なので、仕組みの大枠だけは理解しておいて。
細かい計算は、便利なサイトを活用するのが良いと思います。

上限額の詳しい調べ方

ふるさと納税のポータルサイトは、限度額目安の計算ができます。
ただし住宅ローン減税や各種控除を受ける場合は、心許ないです。

そこで頼りにしているのが、税理士の方が手掛けるHP。
便利なウェブサイトが増えていて、ありがたいですね。

ワタシのように医療費控除を受ける場合は、確定申告前提です。
確定申告をしない人は、源泉徴収票で試算することになります。

大半のサラリーマンは、確定申告しないと思います。
その場合は、源泉徴収票を見ながら入力しましょう。

源泉徴収票の見た目と、全く一緒の入力フォームになっていて。
税金の各種控除に疎い人でも、簡単に入力できるはずです。

ワタシも試算したら、当初想定より控除限度額が高めでした。
既に数万円分のふるさと納税をしているので、残りはわずか。

念のため補足すると、シミュレーションはあくまで参考情報です。
確実に大丈夫という保証はないので、自己責任で活用しましょう。

ワタシは控除限度額ギリギリまで、年末の駆け込みで寄付をします。

ワンストップ特例の書類も忘れずに

確定申告をしない場合は、ワンストップ特例を受けましょう。
住民税だけの控除になりますが、確定申告の手間は省けます。

確定申告をする場合とは少し違うので、控除限度額に注意です。

また、ワンストップ特例の申請書類を提出する必要があります。
忘れると税控除が受けられませんので、気を付けましょう。

更に言えば、2019年1月10日必着という提出期限になります。
年末の駆け込み寄付の場合は、日数に限りがあるので要注意。

ちなみに、ワンストップ特例を申請しても確定申告で上書きされます。
確定申告で寄付金控除をしないと、ふるさと納税の税控除は水の泡に。

ワンストップ特例は便利な仕組みですが、気を付けて使いましょう。

年末駆け込みの寄付はここへ

2018年、ふるさと納税で最も話題を集めた自治体といえば。
職員の創意工夫により、寄付金額No.1に輝いた泉佐野市。

総務省の規制に阻まれ、遂に方針転換を余儀なくされました。


(引用元:楽天ふるさと納税|楽天市場)

ワタシも過去、泉州タオルなどをいただいた事があります。
トップランナーとしてのご活躍、本当にお疲れさまでした。

この記事を書いているのは、2018/12/20の22時過ぎです。
年末の駆け込み寄付は、泉佐野市にしようかなと思います。

1年前も、源泉徴収票を見て控除上限額を確認しました。
年末の駆け込み寄付で、泉州タオルをいただきました。

もう今年も終わるのだなと、改めて感じる次第です。

ふるさと納税は税金を知る好機

返礼品競争などのマイナス面が注目されがちなふるさと納税。
一方で良い面もあって、税金に興味を持つ契機にもなります。

ふるさと納税を通じて、税金について少し詳しくなれました。
所得や税金に興味を持ち、調べながら学んだのは大きな財産。

興味を持つキッカケをくれたことに、深く感謝しています。

法規制によって、ふるさと納税はどのように変わるのか。
寄付額は果たして増えるのか、今後も見守っていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

関連記事紹介

住民税の控除額、サラリーマンは特別徴収税額通知書で判明します。
予想通りの控除額となっているかどうか、しっかり確認しましょう。

特別徴収税額通知書でふるさと納税の住民税控除67,002円を確認
ふるさと納税は、指定した自治体に寄付ができる制度。ワンストップ特例制度を適用すると、住民税控除となります。この記事では、ふるさと納税の控除限度額の調べ方、限度額を踏まえた戦略、特別徴収税額通知書による具体的な住民税控除の確認方法について書いていきます。

泉佐野市の名前が公表されたのは、このときが初めてです。
総務省は大きく舵を切り、法規制へと向かっていきました。

ふるさと納税で大臣通知無視の12自治体を総務省が初公表
2018/7/6、総務省より「ふるさと納税に関する現況調査結果(平成29年度実績)」が公表されました。この記事では、総務大臣通知を無視する12自治体などふるさと納税の現状を統計データから確認し、今後の返礼品動向について考察します。

コメント

  1. くまさん より:

    うちもふるさと納税利用してます。寄付金サイトの簡易計算で5万円まで控除対象となってたんで、今年は目いっぱいの5万円を寄付してお米を頂きました。
    源泉徴収票をまだもらってないんで、来たらば紹介いただいたHPでもう一度計算します。
    どうせなら上限まで寄付したいんで・・・。来年もやっぱ岡山県・吉備中央町へ寄付の流れは
    変わらないですね。日常で使うものをもらうのが好きな正確なもんで。

    • 青井ノボル 青井ノボル より:

      コメントありがとうございます。
      簡易計算は参考の参考くらいのイメージですね。
      紹介したサイトは、計算過程も分かるので勉強になると思います。

  2. くまさん より:

    本日仕事納めで給与明細、源泉徴収票をもらいました。
    早速、詳細シュミレートで計算したところ、40000円までは自己負担2000円で控除の結果と
    なりました。扶養家族等で控除額が変わるのがシュミレートから分かりました。
    簡易だとここまで分からなかったので、非常に助かりました。

    • 青井ノボル 青井ノボル より:

      コメントありがとうございます。
      ざっくり試算より細かく見れるので、安心感は強いと思います。
      お役に立てて何よりです(^-^)

タイトルとURLをコピーしました