投資のことなんて忘れるくらいがちょうど良い

投資方針

青井ノボルです。

人生を通じた資産形成として、長期投資を継続していくとして。
相場変動に依らず、バイ&ホールドでどっしり構えたいところ。

この場合、期待リターンを高めるよりもリスク管理が大切です。
投資を継続するための仕組み作りのほうが、重要だと思います。

そのためには、投資のことを忘れてしまうのも一つの方法です。
完全に忘れてしまうと困りますが、意識しないということです。

資産形成の長期投資であれば、むしろそれくらいの感覚で良い。
日常生活に溶け込んだ投資になっていれば、理想的でしょうか。

この記事では、「投資のことなんて忘れてしまうくらいがちょうど良い」という考えについて書いていきます。

Sponsored Link

投資が趣味でも仕事でも無いなら

ワタシは5人家族の30代サラリーマン、投資については素人です。
資産形成に資する投資として、インデックス投資を続けています。

投資は趣味でも仕事でも無く、あくまで資産形成のツールです。
サラリーマンの本業は勿論、家族と過ごす時間も大切にしたい。

投資は奥深い世界なので、面白いと感じていろいろ学んでいます。
ブログを書いているのもその一環で、趣味として楽しんでいます。

投資リターンを上げるために、努力しても報われるとは限らない。
努力するリソースを他に傾けつつ、人生を楽しむのも選択肢です。

もちろん、趣味としての投資を否定するものではありません。
ワタシは投資のことを資産形成の手段と捉えているだけです。

人生を通じた資産形成として考えると、時間だけはあります。
長期分散積立投資を継続するという選択も、あると思います。

長期投資には忍耐が必要です

資産形成に長期分散積立投資が向いているとして、難しさは何か。
長期間にわたって継続するのは、意外とハードルが高いようです。

バイ&ホールドのインデックス投資は、やるべきことがシンプル
シンプルではあっても、途中で止めたくなるリスクは存在します。

相場が大きく下落した場合、資産の時価は一気に下がります。
目の前で資産が目減りしていく中で、ぐっと耐えられるのか。

大幅マイナスを目の前にして、冷静でいられるかどうか。
実際に経験してみないと、未知数な世界かもしれません。

相場変動は個人の力で制御できないから、仕方の無いこと。
コントロールできないことに注力しても意味がありません。

自分でコントロールできることに集中することが肝要
相場変動に左右されない、不動心が欲しいものですね。

投資初心者は口座が気になるもの

投資をはじめて間もない頃、ワタシは資産の状態が気になって。
週に何回もログインして、口座確認をしていた記憶があります。

投資のことが気になって仕方ない、そんな時代もありました。
何故あんなに気にしていたのか、今では理由も分かりません。

投資に対して心理的な耐性が低く、知識も無いのでとにかく不安。
勢いだけで投資を始めたので、ドキドキ感が強かったのでしょう。

ただ残念ながら、口座を何度確認しても資産には影響しません。
口座を確認した回数と連動して、リターンが増えるわけもなく。

やっても意味が無いことですが、ついつい見てしまう。
投資初心者には、よくある行動パターンだと思います。

投資のことが気になって仕方がないと、心が揺れ動きます。
相場変動により、余計なことも含めて考えてしまうのです。

心を揺さぶられないために

自分でコントールできること、それは自分自身のことだけです。
心を揺さぶられないように行動する、という視点もありますね。

資産形成に向けた長期投資であることを前提に考えたとして。

相場変動を気にしなくて済むように、忘れるのも選択肢です。
資産の評価額を見なければ、心が揺れ動くこともありません。

積立投資の実行も、一度設定さえすれば自動化できます。
投資のことを忘れても、投資はしっかりと継続可能です。

完全に忘れてしまうと問題ですが、意識しないようにする。
意識しなくても済むように仕組化する方法もアリでしょう。

始める前に自分の頭で考えることが大事

投資について気になって仕方がない状態よりも、忘れたほうがマシ。
長期分散積立投資は、忘れるくらいがちょうど良いかもしれません。

過度に投資を意識することなく、投資を続けていることが自然。
日常生活に投資が溶け込んでいる状態が理想だと思っています。

「投資は特別なこと」「投資はお金持ちの特権」という潜在意識
日本人の中に根強く残っている、そうした側面もあると思います。

デイトレーダーのように、チャートに張り付く必要は無くて。
投資のことを忘れてしまっても、継続できる投資方法もある。

このことが広まって欲しいですが、安易に広まるのも心配で。
過去のワタシのように何となく始めるのはリスクもあります。

投資を始める前に、自分の頭で悩み考え抜くことは大切です。
自分の投資方針さえ固めてしまえば、暫く忘れておけば良い。

投資のことを忘れて、人生を謳歌することに時間を費やす。
趣味でも良いし、家族との時間でも良いし、何でも良くて。

人生をエンジョイしながら、実は投資もしっかり続けている。
そんな生き方に憧れますし、きっと幸せな人生だと思います。

関連記事紹介

インデックス投資を継続するために、どうすれば良いかと考えて。
投資判断を避け、思考停止で投資を続けるという選択をしました。

「考えた末に思考停止」のインデックス投資がおすすめな理由
先日、「思考停止のインデックス型ファンドが危険な理由」というネット記事が大きな話題となりました。タイトルはアレでしたが、個人投資家に対して注意喚起を促す内容でした。この記事では、「考えた末に思考停止」のインデックス投資がおすすめな理由を書いていきます。

投資を始める前の準備期間よりも、投資の継続期間のほうがずっと長い。
だとすれば、はじめにしっかりと考えておくことは大事だと思います。

インデックス投資こそ自分の頭で考えることが大事
インデックス投資はバイ&ホールドが大前提。多くの人が止めてしまう暴落相場はいつ来るか分からないからこそ、長期投資を続けるコツは外部ではなく自分自身にあるはずです。この記事では、インデックス投資こそ自分の頭で考えることが大事だと思う理由を書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました