インデックス投資1年目の投資実績公開

運用実績

青井ノボルです。

振り返れば1年前、2018/2/1にこのブログを開設しました。
ブログを書き始めたのは、インデックス投資を続けるため。

投資準備を進め、2018年2月末につみたてNISA口座を開設。
インデックスファンドを積立投資する生活が始まりました。

実質的に2018年3月からスタートして、1年が経過しました。
インデックス投資をはじめて2年目、まだまだ先は長いです。

つみたてNISAとiDeCoの運用実績は毎月公開しているところ。
実際には、少額ながら特定口座でも投資信託を持っています。

全ての口座を足し合わせると、投資結果はどうなっているのか。
この記事では、インデックス投資1年目の投資実績を公開します。

Sponsored Link

インデックス投資のスタイルを確立

2018年2月末から始めて、1年が経ったインデックス投資。
投資方針を模索してブログを書き、悩み考えてきました。

時価総額比率全世界株式ファンドで長期分散積立投資。
バイ&ホールドのインデックス投資を続けていきたい。

考えた結果、いまの投資スタイルが合っている気がします。
正解かどうかは分かりませんが、今のところ良い感じです。

自分なりに疑問を感じた何故を、掘り下げて考えることで。
インデックス投資を続けるための基礎を築いた1年目でした。

自分なりの考え方を整理するのに、ブログは良いツールです。
ブログを書き続けて、投資スタイルが確立できたと思います。

アセットアロケーションの推移

前述の通り、ワタシは時価総額比率の全世界株式に投資をしたい。
国内株式:先進国株式:新興国株式を1:8:1にするのが目標です。

もっとも、最近では全世界株式指数であるMSCI ACWIを意識して。
もう少し細かい数字で、アセットアロケーションを考えています。

さて、1年間のアセットアロケーションの推移を見てみましょう。

縦軸は資産割合、横軸は年月で、月末時点の評価額となります。

初期の頃は国内株式と新興国株式が多いものの、後半はほぼ一定。
資産配分の1:8:1という目標は、概ね達成できていると言えます。

ちなみに、最初はiDeCo口座が開設していない状態からスタート。
口座開設に時間が掛かるのは、iDeCoの改善点かもしれません。

iDeCo口座では、eMAXIS Slim 先進国株式を積み立てています。
つみたてNISA口座では、各資産クラスのファンドを積立中です。

目標からの乖離も少なく、いまはリバランスを実施しません。
プラスマイナス数ポイントくらいは、誤差として許容します。

投資額と評価額はほぼ一緒

インデックス投資1年目の投資額は約80万円で、ほぼ非課税口座です。
つみたてNISAとiDeCoの非課税枠をフル活用している格好となります。

特定口座も利用していて、ほぼ楽天スーパーポイントによる投資用に。
1年間で50,000円分程度に過ぎませんが、ポイント投資もやってます。

さて、インデックス投資1年目の投資額と評価額の推移は下図の通り。

月により投資額にバラツキがありますが、ポイント投資の影響です。
また、放置していた企業型DC資産がiDeCo口座に戻ってきたことも。

細かく見ると色々ありましたが、投資額はほぼ一定の増加ペースに。
積立投資をコツコツ継続していくと、こんなグラフになるようです。

また評価額を見ると、投資額との差はほぼ無いように読み取れます。
実際は、瞬間的に評価額が▲10%まで落ち込んだこともありました。

積立初期で投資額がまだ少額の時期は、絶対額で見ると差は僅か。
インデックス投資でいきなり大金持ちになることは無さそうです。

まだ、生涯にわたり続けていくであろう長期投資の最初の一歩
数字云々よりも、長期投資をスタートできたことに意義がある。

そんなことを感じさせるグラフで、良い気付きがありました。

先進国株式の影響が強い

ワタシのアセットアロケーションは、時価総額比率の全世界株式。
先進国株式が全体の約8割を占めていて、その影響は大きいです。

資産クラス別の損益率推移をまとめたグラフが、下図になります。

先進国株式が騰がれば全世界株式も騰がり、その逆も然り。
影響が大きいという事実は、否定できないものと思います。

こうして見ると、先進国株式だけで良いのではないか。
あるいは、その中核を成す米国株式だけで良いのでは。

そう感じる人も多いと思いますが、卵は複数のカゴに盛る。
分散投資によるリスク低減効果を使わない手はありません。

人によって考え方は違いますが、ワタシは分散投資をしたいです。
相関係数が1ではない限り、リスク低減効果は期待できるところ。

どの資産クラスの期待リターンが高いか予想することも困難です。
時価総額比率の全世界株式、市場平均に委ねたいと思っています。

非課税口座の積立投資を着実に

ワタシの場合、教育資金を無リスク資産で準備するつもり。
そのため、余剰資金の全てを投資するワケにはいきません。

幼い子供が3人いるので、教育資金はそれなりに必要です。
個人向け国債変動10年を中心に、残高を積み上げています。

投資は人生を通じた資産形成として、続けていきたいです。

つみたてNISAとiDeCo、そして楽天証券のポイント投資。
前者の2口座は、非課税枠を最大限活用するつもりです。

つみたてNISAの年400千円、iDeCoの年276千円は大切に。
これだけで年間80万円弱となるので、馬鹿にできません。

20年間続けると、投資元本だけで1,500万円超になります。
非課税口座だけでも、塵も積もれば山となるだと思います。

まずは、非課税口座の積立投資を着実に続けていくこと。
基本中の基本をしっかりできたので、1年目は合格点です。

2年目以降も、基本を大切にインデックス投資を続けます。

関連記事紹介

インデックス投資は、投資タイミングを計ることなく積立投資を続けたい。
暴落相場はバーゲーンセール、といった言葉に踊らされないようにします。

インデックス投資でバーゲンセールを狙う必要は無いと思う
下落相場で果敢に買い増しをする投資家がいます。「暴落はバーゲンセール!」「下落相場こそ追加投資!」。こうした勢いのある発言や記事を目にすることもあります。この記事では、「インデックス投資でバーゲンセールを狙う必要は無い」という考えについて書いていきます。

続けることが最大の課題なので、あえて思考停止をしていきたいです。
ワタシが考えた末に辿り着いたのは、投資判断を排除することでした。

「考えた末に思考停止」のインデックス投資がおすすめな理由
先日、「思考停止のインデックス型ファンドが危険な理由」というネット記事が大きな話題となりました。タイトルはアレでしたが、個人投資家に対して注意喚起を促す内容でした。この記事では、「考えた末に思考停止」のインデックス投資がおすすめな理由を書いていきます。

 

青井ノボル
青井ノボル

もし良い記事だと感じたらポチっとお願いします

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

コメント

タイトルとURLをコピーしました