日産の“ESG格付け”は9月時点で既に最低ランクだった

マネー雑記

青井ノボルです。

日産自動車会長のカルコス・ゴーン容疑者が逮捕。
まさかのニュースだったので、非常に驚きました。

ところで最近では、ESGという言葉が注目されています。

ESGとは、環境・社会・ガバナンスの頭文字をとった言葉。
これらに配慮した企業への投資を、ESG投資といいます。

この記事では、日産自動車のESG格付けが2018年9月時点で最低ランクだったことについて書きます。

Sponsored Link

日産のゴーン会長がまさかの逮捕

2018/11/19、衝撃のニュースに世間はざわつきました。

日産のV字回復を牽引した、カルロス・ゴーン氏が逮捕。
まさかの出来事であり、Twitterでも話題となりました。

西川社長の記者会見も、夜遅くに多くの報道陣が集結。
もうすぐ1週間が経ちますが、連日報道されています。

コンプライアンス遵守が求められるなかで、アウトな事件
失われた信用を取り戻すまでには、大変な道のりでしょう。


(引用元:Google Finance)

事件発覚の翌日には、株価も大きく下落しました。
これから株価はどう動くのか、気になるところです。

MSICジャパンESDセレクト・リーダーズ指数

1ヵ月前の2018/10/22、新規設定されたファンドがあります。
eMAXIS ジャパンESDセレクト・リーダーズインデックスです。

ESG投資が話題となるなか、eMAXISシリーズで設定されました。
MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数(配当込み)への連動を目指すファンドです。

この指数はMSCIが算出、時価総額上位500銘柄を対象としています。
MSCIが相対的に優れたESG評価の企業を選別して構築される指数です。

面白い指数なのですが、この中に日産は含まれているのかどうか。
個人的に気になったので、MSCIのホームページで調べてみました。

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数 - MSCI
MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数は、親指数(MSCIジャパンIMIトップ500指数:時価総額上位500銘柄)構成銘柄の中から、親指数における各GICS®業種分類の時価総額50%を目標に、ESG評価に優れた企業を選別して構築される指数です。この選別手法により、ESG評価の高い企業を選ぶことで発生しがちな業種...

構成銘柄の一覧には、2018年6月時点の構成銘柄を記載。
各企業の組入構成比のほか、ESG格付けも記載されいます。

現時点の公開情報では、日産の名前はありませんでした。

2018年9月時点で最低の格付けに

調べてみると、日産は事件前から最低のESG格付けだったようです。

日経新聞の記事によると、MSCIは9月時点でCCCに引き下げていた。
MSCIによるESG格付け、しっかりとチェックしているようですね。

ゴーン氏の逮捕劇により、ガバナンスの脆弱さが指摘された日産。
専門家の視点で見ていれば、事件前から「お察し」だったのです。

MSCIのESG格付けですが、下記の仕組みで行われているそうです。


(引用元:MSCI ESG リサーチ

各企業のガバナンススコアは、96項目で評価して決めるようです。
環境面と社会面の評価も加え、重み付けをしてESG格付けを決定。

日産は2016年7月にBB、翌年7月にB、2018年9月にCCC。
MSCIのESG格付けで、下落の一途を辿っていたといいます。

日産のガバナンス問題点

日経新聞の記事によると、日産のガバナンス問題点は2つ。
一部取締役への権限集中と役員報酬の開示姿勢です。

ゴーン会長に権力が集中していたのは、報道でもある通り。
トップとして19年間も君臨していたので、明らかでしょう。

取締役会の進行はゴーン会長で、業務の執行役もゴーン会長。
経営監督を担う取締役と経営実務の執行が分離していません。

こうしたことから、風通しが悪いと評価されていたようです。

また日産は、全役員の役員報酬を開示していなかったようです。
役員報酬決定のプロセスも開示されておらず、マイナス評価に。

これまで、無資格検査や排ガスデータ改ざん等もありました。
コンプライアンス違反である不正が相次いで発覚したのです。

不正の発覚に加え、ガバナンスに改善の見込み無しと判断され。
日産のESG格付けは、2018年9月に最低のCCCとなったのです。

ESG投資という考え方も一理ある

コンプライアンス違反は、企業にとって致命傷となり得える不祥事。
実際に中小企業では、コンプライアンス違反倒産が起こっています。

2017年度「コンプライアンス違反」倒産
東京商工リサーチが長年蓄積してきた企業情報、倒産情報および公開情報等に基づき、独自の視点に立った分析をレポートにまとめて発表しています。

上場企業であっても、コンプラ違反が明るみになれば大打撃。
株価が急落する事態となっても、何ら不思議ではありません。

コーポレートガバナンスが機能しているかは、重要なこと。
ESG投資という考え方には、一定の合理性があると思います。

少なくとも、日産は事件発覚前からESG格付けが最低ランクだった。
この事実から、少なくともESG投資がリスク回避にはなりそうです。

ESG投資の歴史は浅く、パフォーマンスはまだ不透明。
感覚的には、市場平均と大差は無いような気もします。

今後どうなるかを含めて、注目していきたいと思います。

 

青井ノボル
青井ノボル

1日1回の応援が励みになります

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

●twitterもやってます●

関連記事紹介

個別株投資で最も避けたい事態は、投資先の上場企業が倒産してしまうこと。
倒産までいかなくても、急激な業績不振や上場廃止というリスクもあります。

個別銘柄リスクの代表格・倒産リスクについて考える
株価が急落して紙クズ同然になってしまう、という個別銘柄リスク。 個別株の投資をするならば、避けて通れないリスクのひとつです。 今回は、個別銘柄リスクの代表格である倒産リスクについて考えてみます。

日本人は貯蓄の文化に染まっていて、リスクには慣れていない気がします。
リスクに対して臆病になってしまう前提で、投資リスクとどう向き合うか。
自分自身のリスク許容度は、抑えめに考えるのが良いのかもしれません。

日本人はリスクを取ることに臆病なのかもしれない
現代の日本人は、貯蓄は美徳という文化の中で育ってきました。戦時中の「貯蓄報国運動」や敗戦後の「救国貯蓄運動」で、「貯蓄は美徳」という価値観が浸透しました。この記事では、日本人はリスクを取ることに臆病であること、そして臆病者の投資法について書いていきます。

コメント

  1. くまさん より:

    うちの大学時代の友人が日産の技術部におりまして、事件後連絡取ったら「えらい問題起こしてごめんね」と言ってました。どこの会社も一般社員は何ともしようがありませんね。

     やはり19年も会社のトップというのはちょいと長いですね。上場企業となれば尚更です。
    オーナー企業で創業まもないのでしたら、権限が集中してドラスティックに物事進められる
    でしょうが・・・。

    • 青井ノボル 青井ノボル より:

      コメントありがとうございます。
      現場社員の皆さんには、大変な苦労の時代が来てしまいましたね。
      中小企業にありがちな株主=社長ならやりたい放題ですが、それでもステークホルダーへの説明は不可欠。
      日産は上場企業ですし、一線を超えてしまった感は否めません。
      渋澤栄一が唱えていた道徳経済合一説、昔は機能していたのかどうか。
      日産の事件を機に、昔のコンプラはどうなってたのか気になってきました(^_^;

タイトルとURLをコピーしました